2019年09月18日

練習場でドローを打つ


 昨日、ドローを打ちに広い練習場(打ちっぱ)へ。

 足元にアライメントスティックを置き、きっちり方向を合わせ打ってみる。それで判ったが、私のドローはドローではなかった。出球は狙いより右へ飛んでいたが、それはドローで戻ってくる程ではなく予想の2〜3倍右、つまり

 単なるプッシュだったよ・・・orz

 まあアドレスも肩のラインもスイングもぜーんぶ右向いてるんだから当たり前といえば当たり前なんだけど、思いきり良くて10y、普通に20y、下手すると30y以上狙いより右へ飛んでる。そりゃ右へOB出るわ。


 というわけで、フェアウェイ左サイドを目標方向とし、フェアウェイ右サイドへプッシュするつもりで打つことにしよう。そのままプッシュしたらフェアウェイ右サイド、プッシュスライスでも右ラフ、うまくドローすればフェアウェイセンター、フックしてもフェアウェイ左サイド、プルフックが出たら諦める。

 サウイフゴルファーニ、ワタシハナリタイ



 で、これだけではアレなので。

2019-09-17.jpg

 プロトレーサー・レンジのショット結果。例によってあまりにも酷いミスショットは消してる(平均飛距離を出すため)ので、上手そうに見えるけど実際はもっと散らばってるからね。

 下から、50度ウェッジ(橙)、7アイアン(黄色)、4アイアン(水色)、ユーティリティ(緑)、スプーン(ピンク)。長いのになるとやっぱり右へ行く。

 もっと左を向こう。
posted by hiro at 09:51| Comment(0) | 練習