2019年09月11日

自主練習は成果あり

 凶暴な残暑が続く中、30分掛けてクーラーの効いた室内練習場へ。入ってよかった公文式、じゃなくてゴル◯ィア香里園校。


 まずはいつもの左一本足打法を30球ほど。次にクロスハンドグリップでウェッジショット。ゆっくりのハーフショットで30yぐらいのピッチショットになるんだけど、普通のグリップで打つより上手いかもしれない。たまにシャ◯クするけど。

(ちなみにシャ◯クを伏せ字にするのは忌み言葉と思っているからで、書くことでシャ◯クに取り憑かれないようにするためである。といってもスピリチュアル的な何かではなく、目から入った情報を無意識に脳へ刷り込まさないようにするためである)

 さらにボールを3球体の前に並べてステップを踏みながら連続打ち。これをするとヘッドがどうとか切り返しがどうとか考えることなく、ごく自然にヘッドがボールに向かって加速するイメージを掴める。10回もすればへとへとになるけど、もう少し頑張って打ちつづける(それでも15回ぐらいで参った)。



 とここまでがルーチンワーク。そしてここからが本番の練習。長いクラブでフックを打つ。

 まずは4アイアン、だけどこれは後述するとして、スプーンとドライバー。

1,しっかりクローズドスタンス(左足は飛球線と平行、右足は半歩後ろに下げてやや開く)を取る。
2,球はボール1〜2個分右へ置く(左かかと線上だと遠くなっちゃうからね)
3,上半身を右サイドに残したままクラブを左へ振っていく


 このアドレスと注意点で、低い球だけどなんとか右へ出て左へ返ってくる球が打てる。まあ練習場でできる事がコースでできるとは限らないけど。やり方は分かった。


 で、この3番が一番難しいんだけど、昔、秘密の某プロに教えてもらった事を思い出してやってみたらなかなかいい感じ。それは、ホントは書きたくなかったんだけど、書いちゃおう。

 ダウンスイングに入る時に頭を右へ回す

 松山英樹のスイングを想像してほしいんだけど、ダウンからインパクトで頭が残るよね。これ、ただ「残そう」と思っても無理で(なぜなら肩が左方向へ回っていくから)、右へ回そうという動きをして初めて頭がその場に残るのだ。

 で、この動きをすると、肩が開きにくくなるしスエイもしなくなる。そしてビハインド・ザ・ボールが簡単にできる。これは特許出願してもいい動きかもしれない。スエイが止まらない人は騙されたと思ってやってみる価値はあるかもよ。




 そして4アイアンについては大きな発見があった。きちんと打ってるつもりなのに、なかなか芯を喰わない。練習場でもコースでも、このクラブだけ芯を食う確率が低いんだよね。え、単にヘタなだけだろって?私もそう思ってたが、ちょっと違うかもしれないという話。

 で、インパクトチェッカーで確認してみると、どうやらだいぶフェースの上っ面に当たってるような感じなんだよね。そこで思い当たった。他のアイアンはNSpro1050だけど、4アイアンだけはヤマハインプレスで、シャフトは少し柔らかくて軽いNSProの950。4アイアンだからシャフトも長い。つまり、

 4アイアンはトゥダウンしてるぶん、芯を喰わないんじゃないかと!!(自分の腕はさておきそう思いたい。っていうか今頃そこ?)

 そこでティアップせず地面から打ってみたらドンピシャ。そうかそうなのか。トゥダウンする分を見越して、1cmほど上を打たんとあかんのだな。特にティアップしてるときはリーディングエッジでボールの赤道を打つつまりハーフトップを打つ感じだ。あるいは、今平ぐらい短く持って打つか。



 というわけで、長年の疑問がいくつか氷結した(つもりになってる)、成果のある練習になった。あとはコースでできる根性と忘れない頭とやりきる意志の力があるかどうかだな。
posted by hiro at 10:21| Comment(0) | 雑文