2019年09月03日

複雑な心境


 へっぽこなドライバーショット(どヒールとかトップとか)を打ち、内心「あっちゃー」と思っていると、そのティショットを見ていた、ほぼ初めてラウンドする同伴競技者のおじさんが(皮肉ではなく、本心から)「ひゃーしかしスゴい球ですねー飛ばしますねー」とすごく感心して褒めてくれたとき。あ、ありがとうございます・・・


 同伴競技者がたまたま3人ともトリプルボギーとかダブルパーぐらいの大叩きをしたホールで、自分だけ珍しくバーディ(しかも会心の)が取れたんだけど、他の3人は自分のスコアを数えるのに必死で誰も気づいてくれないとき。小さな声で「3です・・・・」


 ティショットは会心の当たりでフェアウェイセンター、2打目も狙い通りグリーンセンター、パットは一筋外れてお先のタップインパー。ホールアウト後、あまり親しくない、ボギーペースでラウンドする同伴競技者から「hiroさんもボギーですか?」と聞かれて「パーです」と答える時。ちょっとでいいから人のプレーも見ててほしい・・・


 逆に、ティショットはラフ、2打目チョロ、3打目バンカー、バンカーから1発で出ず、さらに3パットと大叩きしたのに「hiroさんはボギーですか?」って、ダブルパーなんですが。ひょっとしてわざと?


 薄暮や練習ラウンドにおいて、わざと花道を狙ったりバンカーに入れてショートゲームを練習しているような状況で、終盤アイアンが飛びすぎてオンしてしまい、たまたまそれがベタピンに付く。それを見た同伴競技者が、「やっと調子が出てきましたね」と慰めてくれたとき。ニコッと満面の笑みを返す・・・・


 腰痛やスイング改造中ですごく調子が悪い日のラウンドで、初対面の、自分より明らかにゴルフ歴が短くHDCPも多い年長者(簡単に書けば自分よりヘタな人)に、「良いスイングしてるからすぐ上手くなるよ、頑張って」と励ましの言葉を頂いたとき。はい、努力します・・・


 グリーンセンター狙って打った球がたまたまミスショットでピン方向に飛び、たまたまピンに絡み、たまたま1mぐらいに付き、たまたまバーディが取れた。それを見て、「いやープロみたいですね、上手い!!」と言ってくださる同伴競技者。いやーミスショットがたまたま付いただけでラッキーなんです、と言っても「いやいや、ご謙遜を」と信じてもらえない。俺はあなたが思ってる以上にヘタなんです。お願いですから買い被らないでください・・・


 悪気がないのは重々承知だけど、私のパットのラインを往復で踏んだり、お先の時に全然気にせず思い切り踏んだり、私が真後ろ(遠く)にいるのにライン踏みながら先にパットしようとしたり、結局1ラウンドで9回ぐらいパットのライン踏まれる時。さすがにいい加減にしてほしい・・・(ここを読んでくださっている人の話ではありません、念のため)




 あと、ちょっと別の話&重箱の隅的な話になるんだけど、今年のルール改正を説明する時、「ピンを(カップに)刺したままパットできるようになった」という言い方がよくされる。けど、正確には「ピンを刺したままホールアウトできる」だからね。去年までもピンを刺したままパットする事自体は無罰で、そのパットが「ピンを刺したままのカップにホールインした」ら初めてペナルティが付くだけだからね。

 トーナメント中継などでアナウンサーが「今年からピンを刺したままパットしても無罰です」って言うのを聞くたびに、ちょっとだけ複雑な心境になる。いやそれ違うでと。ゴルフ中継のアナウンサーやったらもっと正確に言えよ・・・



 以上、性格悪い事がバレる系日記でした。え、もうとっくにバレてる?
posted by hiro at 11:09| Comment(0) | 雑文

2019年09月02日

ピンを抜いたほうがいい場合


 昨日はいつものように薄暮プレー。だいぶ日が短くなり、午後4時30分スタートだと9ホールラウンドするのがギリギリだった。3組ぐらい前にプレーがだいぶ遅い組がいた(らしい。マーシャルの方が教えてくださった)というのもあるけど。

 久しぶりにナイスガイN井さん、薄暮や競技で何度かご一緒しているHDCP7の上級者I次さん、ほか1名と。この日は「スイングテンポ速めで、躊躇なく振り抜く」をテーマに。

 スイングテンポ速めはまあまあ悪くなかった。でもただ速いだけではダメで、速くても溜めるところはしっかり溜め、体を動かすタイミングは遵守しなければいけないんだけどそれが難しい。ただ1つ言えることは、ある程度の速さがあったほうがオートマチックに振りやすい、ってことだね。ゆっくり振るイコール頭(大脳)で振る、速く振るイコール体(あるいは小脳)で振るって感じ。

 だから、慣れたら速く振るほうが絶対に再現性が高いスイングができる気がする。ただ逆の言い方をすると、体で振るということは自分の体の動き(スイング)を信じるということだから、自信がないとうまくいかないと思う。




 さて、その薄暮での出来事。あるホールでやや上り、そこそこ右へ切れる1.5mのパーパットが残った。緩めばカップ手前で右へ垂れるが、カップを外して強めに打てば左をそのまま抜けそうな感じ。基本的なライン(カップをややオーバーする強さ)ならばボール半個ぐらいカップ外を狙うラインになる。

 しかし私はこういう時、だいぶ強めのまっすぐ目で狙う癖がある。それは勇気があるからではなく、距離感に自信がないのと方向だけ考えればいいという理由、そして緩んで右へ切れるのが嫌だからなんだけど。

 で、このときも外れると1mぐらいオーバーする強さで、カップの縁を狙ったんだよね。そしたら、一応狙い通りに転がってカップのほぼ真ん中に向かったんだけど、ボールはピンに当たって弾かれ、入らなかった。


 強めに打ちすぎた私のノーカン具合はさておき、恐らく軽い上りだったためピンが手前に傾斜し、ボールが当たりやすくなっていたせいもあると思われた。普通カップは地面と垂直に切られるけれど、傾斜の影響を受けて斜めに切られる可能性はあるからね。

 今回の場合、カップに入る前にピンに当たったため大きく弾かれたのだと思う。弱めに打ったときなら問題なかったと思うんだけどね。


 というわけで結論。

 そこそこ上りのパットで強めに打つ時は、ピンフラッグの傾きをよく観察し、少しでも自分側に倒れていると思った時はピンを抜いたほうがいい

 あくまで(ノーカンな)私の場合、ね。
posted by hiro at 12:05| Comment(0) | パット