2019年09月11日

自主練習は成果あり

 凶暴な残暑が続く中、30分掛けてクーラーの効いた室内練習場へ。入ってよかった公文式、じゃなくてゴル◯ィア香里園校。


 まずはいつもの左一本足打法を30球ほど。次にクロスハンドグリップでウェッジショット。ゆっくりのハーフショットで30yぐらいのピッチショットになるんだけど、普通のグリップで打つより上手いかもしれない。たまにシャ◯クするけど。

(ちなみにシャ◯クを伏せ字にするのは忌み言葉と思っているからで、書くことでシャ◯クに取り憑かれないようにするためである。といってもスピリチュアル的な何かではなく、目から入った情報を無意識に脳へ刷り込まさないようにするためである)

 さらにボールを3球体の前に並べてステップを踏みながら連続打ち。これをするとヘッドがどうとか切り返しがどうとか考えることなく、ごく自然にヘッドがボールに向かって加速するイメージを掴める。10回もすればへとへとになるけど、もう少し頑張って打ちつづける(それでも15回ぐらいで参った)。



 とここまでがルーチンワーク。そしてここからが本番の練習。長いクラブでフックを打つ。

 まずは4アイアン、だけどこれは後述するとして、スプーンとドライバー。

1,しっかりクローズドスタンス(左足は飛球線と平行、右足は半歩後ろに下げてやや開く)を取る。
2,球はボール1〜2個分右へ置く(左かかと線上だと遠くなっちゃうからね)
3,上半身を右サイドに残したままクラブを左へ振っていく


 このアドレスと注意点で、低い球だけどなんとか右へ出て左へ返ってくる球が打てる。まあ練習場でできる事がコースでできるとは限らないけど。やり方は分かった。


 で、この3番が一番難しいんだけど、昔、秘密の某プロに教えてもらった事を思い出してやってみたらなかなかいい感じ。それは、ホントは書きたくなかったんだけど、書いちゃおう。

 ダウンスイングに入る時に頭を右へ回す

 松山英樹のスイングを想像してほしいんだけど、ダウンからインパクトで頭が残るよね。これ、ただ「残そう」と思っても無理で(なぜなら肩が左方向へ回っていくから)、右へ回そうという動きをして初めて頭がその場に残るのだ。

 で、この動きをすると、肩が開きにくくなるしスエイもしなくなる。そしてビハインド・ザ・ボールが簡単にできる。これは特許出願してもいい動きかもしれない。スエイが止まらない人は騙されたと思ってやってみる価値はあるかもよ。




 そして4アイアンについては大きな発見があった。きちんと打ってるつもりなのに、なかなか芯を喰わない。練習場でもコースでも、このクラブだけ芯を食う確率が低いんだよね。え、単にヘタなだけだろって?私もそう思ってたが、ちょっと違うかもしれないという話。

 で、インパクトチェッカーで確認してみると、どうやらだいぶフェースの上っ面に当たってるような感じなんだよね。そこで思い当たった。他のアイアンはNSpro1050だけど、4アイアンだけはヤマハインプレスで、シャフトは少し柔らかくて軽いNSProの950。4アイアンだからシャフトも長い。つまり、

 4アイアンはトゥダウンしてるぶん、芯を喰わないんじゃないかと!!(自分の腕はさておきそう思いたい。っていうか今頃そこ?)

 そこでティアップせず地面から打ってみたらドンピシャ。そうかそうなのか。トゥダウンする分を見越して、1cmほど上を打たんとあかんのだな。特にティアップしてるときはリーディングエッジでボールの赤道を打つつまりハーフトップを打つ感じだ。あるいは、今平ぐらい短く持って打つか。



 というわけで、長年の疑問がいくつか氷結した(つもりになってる)、成果のある練習になった。あとはコースでできる根性と忘れない頭とやりきる意志の力があるかどうかだな。
posted by hiro at 10:21| Comment(0) | 雑文

2019年09月10日

クロスハンドグリップ


 私の「ゴルフにおける弱点」は数えるほどしかない(先日数えてみたら、たった998個しかなかった)が、その中でもパットは得意中の得意なので、3つしかウイークポイントがない。その3つとは、ロングパットの距離感が壊滅的に悪いことと、短いパットをよく引っ掛けて外すこと、そして短いパットをよくプッシュして外すことである。

 ロングパットについては、脳か眼か腕が悪い(あるいは生まれついた星の下か運か日頃の行いが悪い)だけだと思うのでまったく気にしていないんだけど、1m弱のパットをプッシュしたりプルしたりして外すことが1ラウンドに1回、多くて3回、まあ平均すると2.999回ぐらいある。これはスコアに直結するのでなんとか直したいと思っていた。

 パターを変えたり、構えを変えたり、打ち方を変えたりしてみたが、そもそも日によって調子がまちまちなので、パターのせいか構えのせいかその日の調子のせいかが分からなくて、結局何が悪いのかわからないままであった。



 ただ、原因ははっきりしている。引っ掛けは腕、特に右手に過度に力が入ったためだと思うし、プッシュは(グリップが)緩んだせいだ。両方とも、体特に背中の大きな筋肉でパットできなかった時に起こる。

 そこまで判ってるんだったらそれに気をつけて打てばいいだけの話なんだけど、ふっと気が抜けた時に無意識に手打ちをしてしまう事はあるし、特に緊張する状況では打つ直前まで「背中で打とう」と思っててもバックストロークを開始する直前に脳がショートして意識不明になり、気がつけば手打ちをしていたということがよくある。あると思う。みんなもあるよね。え、私だけ?



 というわけで脳がショートした時でも引っ掛けたり緩んだりしない方法を模索していたのだが、先日ようやく見つけた。それは表題にも書いたとおり、クロスハンドグリップである。

 昔「何となく通っぽい」という不埒な気持ちで一度やってみたことがあったけど、そのときはもう全然まっすぐ引けなくて3秒で挫折した。が、今回、きっちり脇を締めて左足体重をキープしながらやってみると、なんとか打てる事に気づいた。



 さて、クロスハンドグリップの最大の利点は、フルオートマチックに振れることであると思う。

 コンベンショナルなグリップだとフリーな手首が悪さをする。つまりパンチが入ったり緩んだりする。これはグリップをできるだけきつく握ることで(私の場合)ある程度防げるが、それでも右手に力が入ると引っ掛ける。微妙な下りのスライスラインなどでは恐がって緩んで力なく右へ外れたりする。

 しかしクロスハンドグリップの場合、右手は添えるだけ、左手主導のストロークになるので右手が悪さをしづらい。手首もそこそこロックされる。するとどうなるか。ヘッドをどこへ上げようとか、どう下ろそうとか、微調整しようとか、そういうことがしづらいできない、だからオートマチックでブレようがない。

 距離感は純粋に振り幅だけで決まるので、慣れれば慣れるほど正確性は増すと思う。



 ただクロスハンドグリップにも弱点はあり、それは「微妙な勘が働かない」という点だ。完全にオートマチックなので、感覚や勘が働く余地がない。ショートパットではそこが長所になるけど、中ぐらい〜ロングパットになるともう全然ダメなのだ。

 これは単に慣れてないからかもしれないけれど、長いパットは今まで通り普通のグリップのほうがいいかもしれない。そこで、こうすることにした。


 寄せるパット・・・姿勢を高くし、アドレスは狭めで普通のグリップ

 入れにいくパット・・・姿勢を思い切り低くし、アドレスはだいぶ広め、脇を締めてクロスハンドグリップ



 パットの距離によってポスチャーからグリップまで変えるのは邪道かもしれない。でも、こうやって工夫することで結果が出ればそれが自信につながる。

 やってみてダメだったらまた次行けばいいだけだからね。もともとダメなんだし、守るものは何もないんだから。
posted by hiro at 10:06| Comment(0) | 目から鱗(開眼)

2019年09月09日

右を向いてフックを打つ!


 昨日、いつものようにホームコースで薄暮プレー。「羊の革を被ったHDCP7(私が勝手に命名)」のT石さんとご一緒に。


 この日は、スクラップ・アンド・ビルド第一弾。安易なフェードではなく、ドロー(フック)ボールをティショットから打つ。怖いけど右を向いてティショットする。薄暮でしかできない挑戦だ。

 1番、いきなり右がOBのパー4。右を向くのはリスクがあまりに高いので、センターからフック狙いで(っていきなり逃げ腰じゃん)。結果は、狙いより左へ出てややフック、フェアウェイ左サイド。振り遅れはなかったけど、軌道が外から入ってるってことだね。

 2番はパー3だけど、4アイアンでフック狙い。打ち出しは狙い通りに飛ぶも、ほとんどフックがかからず。1番とは逆に、軌道は良かったけど少し振り遅れたということか。

 3番、ヒール球でスライス。でも、弱々しいこすり球じゃなく低めの力強い球が出たので、軌道は◯、振り遅れ。

 4番パー5、プッシュのほぼ真っすぐで右ラフ。軌道◯、振り遅れ。

 5番パー4、1番と同じプルフック。ここも右が怖いホールなので、無意識に左へ(アウトサイドインに)振ってるのかなー。でもフックが強かったので振り遅れではなく体が止まったということか。

 6番はパー3、ショートアイアンなので省略。

 7番パー4、右は広い。プッシュ、ほぼ真っすぐで右ラフ。軌道◯、振り遅れ。

 8番パー5、こここそ大フックを打とう、と気合を入れて満振り!結果は大プッシュスライス(トホホ)。強振すると派手に振り遅れ(プッシュ)、しかも外から入ってスライスするんだよねー。

 9番はスプーンでティショットしたんだけどハーフトップだったので判断不能。一応まっすぐは飛んだけど。

 というわけで、計7回のティショットをまとめると。

方向
プッシュ(4) 57%
まっすぐ(1) 14%
プル(2) 29%

曲がり
フック(3) 42%
ストレート(2) 29%
スライス(2) 29%

結果
右ラフ(5) 71%
フェアウェイ(1) 14%
左ラフ (1) 14%

ということになる。左右どっちにも飛ぶし、左右どっちにも曲がるけど、結果は右ラフ。あれ、ということはやっぱりティイングエリアで右向いて立つ(フックを打つために)より真っすぐ立ったほうが・・・いやいや、そんな事ではいかん。頑張って右を向くのだ。

 うーん、フッカーへの道は長く険しい。
posted by hiro at 18:57| Comment(0) | 練習

2019年09月07日

フェードか、ドローか


 今日の日記は支離滅裂です。


 40年以上フェード(スライス)を打ってきた。途中(20年ほど前)、フックが打てるようプロに習って努力もしたけど、軽いドローはたまに打ててもその確率は低く、持ち球が変わることはなかった。

 で、ドライバーの場合、「フェースを少し被せてさらにアウトサイドインに振り、左からセンターへ戻るフェード」を打つという小手先のごまかし(?)で長年やってきたわけだが、この打ち方だと少しタイミングが狂えば左引掛けもプッシュスライスも出る。

 それで、今年の1月に一念発起、フェードつまりボールを逃がすスイングから右サイドで捕まえるスイングに切り替えている最中なのだが、アイアンやユーティリティ、フェアウェイウッドぐらいまではなんとかドローの匂いがする所まではこれた(あくまで「匂い」であり、ドローが打てるとは口が裂けても言えないけど)。

 「正しいスイングをするとナチュラルにドローになる」と言われるが、そういう意味でアイアンに関しては進歩の跡が伺える。



 問題はドライバーなのだ。ティショット、怖くて右を向くのがなかなかできない。右へ出てそのまま右へ曲がりそうだからである。しかし、最大の問題は、ドライバーで

スライスを打つスイングだとナチュラルに気持ちよく振り抜けるけれど、フックを打とうとするとギクシャクして不自然で、ちっとも気持ちよくない

 という点だ。

 「いやそりゃあ今まで40年間スライス打ってきたんだからそれがナチュラルで、矯正してるフックが気持ち悪いのは当たり前でしょ?」と思われるだろうし事実そうなんだけど。

 今私がしていることって、結局は

スライスのスイングをストレートに近づけるため、あえて(極端な)フックを打ってる

 という事なんだよね。だから、練習場ではフックを打つ矯正スイングをしてる。じゃあ、コースではどうすればいいか?練習ラウンドではOB出まくるのを覚悟でちっとも気持ちよくない矯正スイングでフックを打つ?でも競技では以前のナチュラルスイングに戻してスライスを打つ?中途半端だよねえ。

 何が言いたいかわかんなくなってきたけど、要は、

初老のオッサンがいまさらスイング改造して持ち球を変える事ができるのか?

 ってこと。でも、変えなければ一生このまま進歩がないし。HDCPも頭打ちだし。


 小手先の誤魔化しでずっとお茶を濁すか。一度スクラップにしてもう一度ビルドするか。後者を選んだつもりなんだけど、結局のところ、単に覚悟が足りないだけなんだろうなあ。
posted by hiro at 10:08| Comment(0) | 雑文

2019年09月06日

十数年ぶりに阪奈カントリーへ


 昨日は某サイトの1人予約を利用して、家から25分の阪奈カントリークラブへ。同伴競技者の3人はみな素晴らしいゴルファーだったが、それはさておき。


 阪奈カントリークラブは大阪と奈良の県境、生駒山の西斜面つまり大阪側に位置する。

02-2019-09-05 07.20.19.jpg

 このコースの特徴はというと、

 狭くて短くてブラインドホールばっかり

 ということになる。つまり難易度が高いというか、コースにドライバーを忘れてきても全然問題ないと言うか、むしろドライバーを忘れていったほうがスコアが良くなると言うか、アイアンの精度が命と言うか、ティショットもセカンドもパー5も幅30yに打っていくスキルが必要と言うか、まあつまりそういうコースだ。

03-2019-09-05 07.48.00.jpg

 ちなみにフェアウェイの狭さは日本で9番目、ブラインドの多さは7番目、距離の短さは21番目に位置するコースである、というのは今私が適当に考えた嘘である。



 断っておくがこれはバカにしているわけでもディスっているわけでも起こっているわけでもない。色々なコースがあって当然だし、どんなコースも個性であり、実際にラウンドすれば楽しいのだ。

 たとえばティショットを5アイアンで打ったのに2打目が200yしか残らないパー5があっても、300y前後かそれより短いパー4が6ホールあっても、コース内に数か所他人の土地があり、嫌がらせのようにネットで囲まれていて、その上すら越せないという罠があっても、一筋縄ではいかないぶん面白いのだ。

08-2019-09-05 10.10.49-1.jpg

 ちなみにグリーンの転がりと仕上がりは素晴らしいものがあり、この日も9.1ft出ていた。



 そんな阪奈カントリー、結果は。

seiseki201909051.jpg

 前半インコース、安全に丁寧にラウンドして、17番までほぼ完璧。超ディフェンス型(守りを固める)ゴルフがハマるコースだからね。しかし18番のアイランドグリーンで池ポチャ+アプローチミスなんかでダブルパー。これで緊張の糸が切れた。

 後半はウッドを振り回し、OBありチョロありアプローチミスあり3パットあり短いパットの外すのありでもう散々。暑さでバテたのもあったけど、同伴競技者と仲良くなりすぎると緊張感が緩んだり自意識過剰になったりしてダメだ(言い訳)。吉野家コピペじゃないけど、ちょっと殺伐としてるぐらいのほうが集中できる(言い訳)。いや、殺伐としたゴルフは嫌だけど(どっちやねん)。

 というわけで今回も超ディフェンス型ゴルフに徹すればよかった、という結論になりそうなんだけど、実は、2つのバーディは珍しく攻めた結果だったりするんだよね。

 12番はティショット5アイアンがカート道で跳ねて下り坂を転がって270y飛び、フラットなフェアウェイからユーティリティで2オンを狙った結果だし(まあフェアウェイで200yだったらいくら狭くても刻むのは消極的すぎるけど)、2番のバーディもティショットをスプーンでグリーンすぐ近くまで持っていけた結果だし。


 だから結論的には、超ディフェンス型ゴルフでも攻めるべき時は攻めないとあかんと。メリハリが大事だと。まだそのあたりの見極めができないと。そういう事だ。
posted by hiro at 20:34| Comment(0) | ラウンド