2019年09月21日

18回目のレッスン


 金曜日、18回目のレッスンに。

 今回はいつもの左一本足打法の応用として、球をもう少し左へ置いて打つ練習をした。今までの位置はだいぶ右(右足の前)で、ごく低い球しか打てなかった。これだとコンタクトは安定するが最初のキャリーが出ないので、エッジから距離のある場所からのアプローチが直接グリーンに落ちず、使いづらかったのだ。

 たかが球の位置だけど、左へ置けば置くほどインパクトはシビアになる。また球を上げようとする悪癖が出やすくなる。だから私にとってこれは「左一本足打法・バージョン2」へのレベルアップなのだ。



 次にドライバー。昨日か作った画像を見てもらいながら左を向いてプッシュを打つつもりで、などとプロに説明する。S水プロはまず「いいと思いますよ」と肯定し、ショットも褒めてくれる。しかしやっぱりプッシュか引っ掛けが頻発。その時点で、

引っ掛けやプッシュが出るのは、腰の回転が足らない(特にコースでは恐くて体が止まってしまう)からでしょう。思い切って腰を切りましょう

 と指導が入り、そして最終的に、「そのスイングだと真っすぐ立ってまっすぐ打ってもいいと思いますよ」と誘導。実際、腰を切って思い切って振ると真っすぐ立って軽いドローがバンバン出る。

 おわかりだろうか。こじらせまくった素人考えをしている私に対し、プロは頭ごなしに否定するのではなく、とりあえずやらせ、少しづつ矯正し、シンプルな考え方に持っていってくれているのである。なんと優しい、そして細やかな気遣いをしてくださるプロなんだろう。



 そして私は学習した。

 狙いも、スタンスも、攻め方も、そしてスイングも、シンプルが一番なんだと。

 ティショットに不安があるホールなら短いクラブを持てばいい。フェアウェイウッドはグリーンを狙うのでなければ7割の力で振ればいい。難しく考える事でなにか工夫しているような気になるけれど、それこそがゴルフを難しくしている元凶なのだ。



 でも、わかるのとできるのとは大違いで、腰を切ると右肩が下がっちゃうんだよねー。なかなか難しいわ。
posted by hiro at 10:25| Comment(0) | レッスン

2019年09月20日

新記録2つ


 昨日は1年に何度もない、最高のゴルフ日和。生きててよかった!っていう感じ。

2019-09-19.jpg

 Mの会の方々とのラウンド。少し涼しくなってきて、いつもはスティンプ7ぐらいのグリーンも少しづつ仕上がって(それでも8.5ftぐらいだけど)きて、いい練習になった。


 まず、左を向いてプッシュフックを打つ作戦だけど、アドレスで向いた方(狙い)へ飛んだときはフックがかかり、プッシュするときはまっすぐ行くという感じ。逆なら理想的なんだけど。こんな感じ。

driver2019.jpg

 方向性はまだまだだけど、この打ち方だときっちり当たったときは今までより10yぐらい飛んでる気がする。やっぱり(今まで打ってた)こすり球は飛距離が落ちてたんだな、と再認識。


 で、ラウンドの内容なんだけど、同伴競技者に恵まれたせいか、気候のせいか、ニュースイングの成果か、そこそこ。ショットはとっちらかったりダフったりしてたけど、ミスがミスにならないっていうか(ダフってもグリーンオンしたり、寄せやすいところに止まってくれたり)。アプローチもまあまあ(まだ芝が元気で打ちやすい)、パットもクロスハンドにちょっと慣れてきて。

 そんなんで、スコアはすごく良かった。

seiseki20190919.jpg

 3連続バーディ(昼食挟んでるけど)は初めて。ハーフ11パットも最小記録。アウト・インとも30台はパー72のコースではすごく久しぶり(調べてみたら2年ぶり!)。

 バーディ3つは4〜6mぐらいのパットがたまたま入っただけなんだけど、そこへ至る過程(ティショットやセカンド)も良いショットだったのでちょっと嬉しい。

 実は、球を捕まえるスイングを練習するようになって、アイアンも一番手弱飛ぶようになった(うまく打てた時に限るけど)。8アイアンで135yだったのが145yとか。だから、ドライバーで良いショットが打てて10y伸びたら、2打目も1番手、下手すると2番手変わってくる。6番で打ってたところを8番、8番で打ってたところをPWで打てるんだから楽だ。

 実際、前半松コースの最終は7番とかで打ってたけど9番で届いたし、竹の1番も50度のウェッジで2オンできた。気を抜くとすぐダフったりこすったりするけど、今まで関西一アイアンがヘタだったことを考えると月とスッポンだ。



 今度の日曜日は月例、その次の週からクラブ選手権が始まる。予選突破は難しい(8人しか決勝に進めない!)が、一縷の望みを掛け、このままいい調子で臨みたいなあ。
posted by hiro at 17:50| Comment(0) | ラウンド

2019年09月18日

練習場でドローを打つ


 昨日、ドローを打ちに広い練習場(打ちっぱ)へ。

 足元にアライメントスティックを置き、きっちり方向を合わせ打ってみる。それで判ったが、私のドローはドローではなかった。出球は狙いより右へ飛んでいたが、それはドローで戻ってくる程ではなく予想の2〜3倍右、つまり

 単なるプッシュだったよ・・・orz

 まあアドレスも肩のラインもスイングもぜーんぶ右向いてるんだから当たり前といえば当たり前なんだけど、思いきり良くて10y、普通に20y、下手すると30y以上狙いより右へ飛んでる。そりゃ右へOB出るわ。


 というわけで、フェアウェイ左サイドを目標方向とし、フェアウェイ右サイドへプッシュするつもりで打つことにしよう。そのままプッシュしたらフェアウェイ右サイド、プッシュスライスでも右ラフ、うまくドローすればフェアウェイセンター、フックしてもフェアウェイ左サイド、プルフックが出たら諦める。

 サウイフゴルファーニ、ワタシハナリタイ



 で、これだけではアレなので。

2019-09-17.jpg

 プロトレーサー・レンジのショット結果。例によってあまりにも酷いミスショットは消してる(平均飛距離を出すため)ので、上手そうに見えるけど実際はもっと散らばってるからね。

 下から、50度ウェッジ(橙)、7アイアン(黄色)、4アイアン(水色)、ユーティリティ(緑)、スプーン(ピンク)。長いのになるとやっぱり右へ行く。

 もっと左を向こう。
posted by hiro at 09:51| Comment(0) | 練習

2019年09月17日

薄暮でドローを打つ


 前回に引き続き、ドライバーでドロー打てるようになろうぜ作戦の続きである。

 今一度お断りしておくが、ドローボールを練習してるのはエエカッコしたいからでも飛距離を伸ばしたいからでもなく、私の悪癖である「逃がすような無理やりフェードこすりスイング」を撲滅し、捕まった球が打てる正しいスイングを作るためであり、そういうスイングの延長線上に私の理想とする正しいフェードがあると考えるからである。

 今回もティショットに点数をつけてみた。

・狙い通りのラインに飛び、ドローが掛かった場合 5点
・狙いはズレたが、ドローが打てた場合 4点
・狙い通りだがストレート、あるいはフックが出た場合 3点
・チーピンに近い球が出た場合 2点
・狙った方向にフェード系 1点
・スライス系 0点


 1番、いきなり派手なスライスでOB(0点)。打ち直しはフック(3点)。

 3番、ヒールで低いスライス、右ラフ(1点)。

 4番、フェースの先でフック、フェアウェイ(3点)

 5番、左へ飛び、フックしてラフ(3点)

 7番、左へ飛び、フックしてラフ(3点)

 8番、ちょっと右へ飛び、フックしてラフ(4点)

 9番、ちょっと右へ飛び、フックしてラフ(4点)


 8回の平均は2.6点。前回より低かったのは逆球(スライス、0点)が2回あったから。だけどそれは最初だけだったし、4番以降は全部フックが打てたので悪くはない。

 でも、出球が安定しないのが不安だね。慣れないので、どこを向いたらフェアウェイへ行くのかがまだわからない。今回も右が5回、左が3回。でも右5回のうち2回は大きなミスだし、左へ飛び出すのは逃がす悪癖が出てると考えるとこれもよろしくない。


 もう少し練習場で正しいセットアップや正しい立ち方、正しい球の位置などを詰める必要があるね。


 あと、今回の薄暮は久しぶりのN條さん、いつものS井さん、愉快な上級者H村さんというメンバーだったんだけど、H村さんにはドローヒッターの基礎知識を教えていただき、S井さんにはニューJGRを1回打たせていただき(軽くて振りやすくてまっすぐよく飛んだ)、N條さんには勝利の美酒をいただいた。皆さん、ありがとうございました。
posted by hiro at 10:55| Comment(0) | 練習

2019年09月13日

交野カントリーでドローを打つ


 昨日は大学の先輩、O谷さんにお誘いいただき、ヴィッセル神戸大好きなI上さんと3人で交野カントリー。ここで思う存分、ダウンスイングに入る時に頭を右へ回すでドローボールを打ってやるのだ。

2019-09-12.jpg

 空はもう秋である。風が気持ちよく、最高の1日だった。


 さて、「ドロー打っちゃうぜ作戦」の概要はこうだ。

・パー3を除く全ホールでドライバーを使う。狭くても、左が怖くても。
・ティイングエリアでは左サイドにティアップする
・目標は右ラフで、そこへ打ち出してドローでフェアウェイセンターへ返す

 で、結果については、

・狙い通りのラインに飛び、ドローが掛かった場合 5点
・狙いはズレたが、ドローが打てた場合 4点
・狙い通りだがストレート、あるいはフックが出た場合 3点
・チーピンに近い球が出た場合 2点
・狙った方向にフェード系 1点
・スライス系 0点


 として計算してみた。その結果。

 10番 ほぼ狙い通り、ストレートに近い薄いドローで右ファーストカット 5点

 11番 狙いより右へ出て軽くドローするも林の中でOB 4点

 12番 狙いより右へ出て軽くドロー 右ラフ 4点

 14番 左へ出てフック、左の林の中へ 3点

 16番 この日唯一ユーティリティでティショット、ど引掛けフック 2点

 17番 狙いより右へ出てごく薄いドローで右ラフ 4点

 18番 派手にプッシュスライス 0点

 1番 方向球筋飛距離手ごたえ、すべて完璧。5点

 2番 狙いより左へ出てフック、左ラフ 3点

 4番 スプーンでティショット 狙いよりやや右へ出てスライス 0点

 6番 狙いよりだいぶ右へ出てドロー、右ラフ 4点

 7番 狙いより右へ出て軽いドロー。右ラフ 4点

 8番 狙いより右へ出て薄いドローで池 4点

 9番 方向球筋飛距離手ごたえ、すべて完璧。5点


 14回中プッシュスライスつまり逆球が2回(14%)、引掛けフック・チーピン系が2回(14%)、狙いより右へ出て軽いドローが6回(43%)、完璧が3回(21%)。合計点は47点、平均3.4点。まあまあいい感じじゃない?

 安定感はまだまだだけど、とにかくこの打ち方だと左へ曲がる球が高い確率で打てることが判明した。あと、力が入りやすいパー5(14番・18番・2番・7番)では引っ掛けフック2回、プッシュスライス1回、軽いドロー1回で平均2.5点。これが今後の課題だね。

 そしてもう一つ気づいた大事なこと。私が考えていたのは、狙い(向いている方向)にまっすぐ球が飛びだし、そこからドローして狙いより左に落ちるという弾道だったんだけど、実際には上の下線で引いたとおり、

 狙いより右へ球が飛び出し、そこから薄いドローなら狙いより右へ、普通のドローでやっと狙ったラインに戻ってくる

 という感じだった。つまり右を狙いすぎ、右に向きすぎてるんですな。チェ・ホソンか。よって、フェアウェイ右サイドを狙うぐらいの感じで丁度いいのかもしれない。

 まあまだラウンド1回だけなので、これからもドローが打てるよう頑張っていきたい。しっかり捕まえる球が打てるようになったら、フェードももっと安定して打てるようになると思うからね。それが最終目標。


 あ、ラウンド結果はこんな感じ。

seiseki20190912.jpg

 スコアはイマイチだけど、ドライバーでがんばれたから良しとしよう。あと、クロスハンドパッティングもまあまあ良かったし。
posted by hiro at 20:33| Comment(0) | ラウンド