2019年09月30日

2019年度クラブ選手権予選


 クラブ選手権予選、ダメだった。広瀬すずと付き合いたいとかアホなこと書いたせいや(そうじゃないと思う)。



 バーディは3つ。それも、難易度の高い竹の3番(パー4)、165yの谷越えでグリーンが小さくワンオンが難しい梅の7番(パー3)、終盤の松7番で会心の2打目&会心のパットという、どれも良いバーディだった。

 パットも15,17,15の47パット(18ホール換算で31.3)だったから悪い方ではない。3パットも1個だけで、結構しのげたと思う。

 パーオン率も37%、27ホール中10ホール(18ホール換算で6.67。フルバックから、しかもアイアンがヘタでいつも数えるほどしかパーオンしない私にしてはまあマシな方の数字だ。


 じゃあ何が悪かったかというと。

 悪かったその1、ドライバー

 先週のパインレークでの4OB、その不安がどこかにあったんだろう。朝イチ、慎重に振りすぎたのか、へっぽこプッシュスライスでOBを出すほうが難しい竹の1番でOB。それでドライバーが振れなくなってしまった。

 続く竹の4番では引っ掛けてOB、30台マストの短い梅コースでも4番パー5でプッシュOB、5番パー4でまた体が起き上がる最低の悪癖からのへっぽこハーフトッププッスラで連続OB。

 そこから開き直ってちょっとだけ持ち直したけど、時既に遅し。心も技術も未熟です。


 悪かったその2、アプローチ

 病気持ちだから仕方ないんだけど、ニアサイドの難しい状況に外した時、寄せる技術を持ち合わせていないので必然的にボギー確定になる。

 例えば竹の2番、横幅がないグリーンに対し、横から窪地越え、20yのアプローチ。ふわっと球を上げるか、スピンの効いた球で止めるか、狭い落とし所をピンポイントで狙うんだろうけど、私の場合はそのどれも不可能。なのでワンクッションで狙うことになるが、この狙いだとグリーンのどこかに止まれば最高だからね。寄せるなんて無理。まあ、そんなところに打った一打目が悪いんだけど(花道狙ったのにリキんで引っ掛けて飛んでしまった)。

 とにかくアプローチの(精神的、技術的)病気を克服しないと、いつかは手詰まりになるだろう。


 まあ、大叩き下手くそ野郎が何を書いても言い訳になるので、これぐらいにしときます。

seiskei20190929.jpg

 今回、クラブを代表する上級者のM本さん(HDCP3)とご一緒したんだけど、派手なスーパーショットはないけど安定感が抜群。ショットミスの数が私の五分の一ぐらいなんだよね。ドライバーは確実にまっすぐそこそこ飛ばし、2打目はどんなクラブを持ってもラインが出る。低めの、定規で引いたようなショット。

 そして何より、ショートゲームが抜群にうまい。

 アプローチが上手いということは寄せワンでパーが拾えるということだけど、M本さんはそのアプローチがいつも入りそうになるレベルだから、パーオンできなくてもバーディが取れる可能性がある。実際、1つチップインしてたし。

 また、パットが上手いということはボギーを叩かないということでもあり、バーディが取れるということでもある。



 一方私の場合、ドライバーは発展途上、フェアウェイウッドは不安定、アイアンは笑うぐらいヘタ、アプローチは上手い下手以前の問題、パットだけは人並みってところか。つまり人より秀でた部分が何もなく、他は中級者以下のレベル。

 何か1つでも秀でたものがないと、弱点を補えないよね。ドライバーを250y以上飛ばして短いアイアンが持てるようになるとか、どこからでもグリーンに乗せるとか、ショートアイアンを持てばワンピンに乗せられるとか、M本さんのようにショートゲームでスコアを作るとか。


 ま、とにかく駄文書いてる暇があったら練習しなさいってことだ。
posted by hiro at 10:43| Comment(0) | 競技

2019年09月28日

19回目のレッスンと2019年クラブ選手権詳細


 今日は豪華二本立て。あ、お代はいつもと同じですのでご安心ください。



 月例最終ホールのアプローチミス、そして一昨日のドライバーのフックを診てもらうため、S水プロのもとへ。

 まずは50yのアプローチ。「スイングリズム」をキープするといういつもの注意点のほかに、

・フォローで頭を上げない(インパクトに集中する)

・コックをしっかり使う(コックが足りないとリズムが乱れる)

・等速に振るのではなく、インパクトに向かって怖がらずに加速する(とスピンが掛かる)

・フィニッシュの位置を決めてそこまできちんと振る


という問題点を指摘される。うーん、なかなか直らんなあ。そして重要な点がもう一つ。私の最大の悪癖である、上体が突っ込んで右肩が下がる問題について、

・右足を半歩後ろに下げてインサイドインに振る、つまりフェースを開いて閉じる動きを意識しやすくする

 という構え(アドレス)で上体の突っ込みを抑えるというテクニックを伝授された。これで少し改善できそうだ。というわけで、

ミドルレンジアプローチは右足下げて、コック使って、イチ・ニ・サンで思い切って打ち、下を見続ける

 長いな。覚えられないかもしれん。っていうか、本番でこんな事意識しながら振れるのか?(たぶんできない)



 次にドライバー。フックへの矯正は大事だけど、あまり考えすぎず真っすぐ立って真っすぐ振るほうがいいのでは?とのこと。はい、私もそう思います。

 そしてドライバーでも、悪癖の上体突っ込み&右肩下がりが出ると大きなミス(ダフったり引っ掛けフックが出たり)が出る。ドライバーに関してはとにかく上半身が突っ込まないよう、右肩が下がらないよう、軸を立てたまま振るイメージを持てば大丈夫かと。少しでも不安なホールはスプーンを持てばいいからね。

 最後にミドルアイアン。これこそ右肩が下がると大きなミスが出るので、前傾姿勢を保ちながらできるだけ真っすぐ立ったまま振る、これだけ。まあ、5〜6アイアンなんて9割ミスなんだからそんなに悩んでないけどね。

 とにかく無理しない、ボギーはいいけどダボを叩かない、見栄を張らない、トラブルを避けまくるという得意の超ディフェンス型ゴルフに徹し、明日のクラブ選手権予選は120ストローク(1.5ラウンド)を目指す。







 2本目。話は前後するが、火曜日、そのクラブ選手権の知らせが届いた。

 まあ私の場合、オリンピックみたいなもので(参加することに意義がある)、泡沫参加者だという自負があるが、宝くじの一等にあたったその日に雷に打たれて倒れている所に隕石が落ちてくるぐらいの偶然が重なるか、出場者の半数がラウンド当日原因不明のスランプに陥ったり食中毒になったりハチに刺されたりしたら、ひょっとしたら予選を通過できるかもしれない。


 ちなみに去年は四週間、一週目が予選で27Hストロークプレー。そこで8人まで絞られ、2週目が準々決勝(27H)のマッチプレー、3週目が準決勝(36H)、最終週も36Hのマッチプレーというレギュレーションだった。

 つまり8人しか選ばれないので、上の隕石が落ちてくるぐらいの確率というのもご理解頂けるだろう。上位8人なんて、もうほとんどシード選手みたいな人ばっかりだし。



 ところが。今年のレギュレーション、競技日程が4週から5週になっているのは少し前に知ってた。その一週目が予選27Hストロークプレーなのは同じ。しかし、上位16名が決勝進出に変更になっている。

 出場者は32人。つまり真ん中より上であれば予選は通過できる。まあそれでも道を歩いていて曲がり角で広瀬すずと偶然ぶつかり、お互いに目があった瞬間恋に落ちるぐらいありえない事だと思うが、広瀬すずがひょっとしたら超年上好きで頭髪の不自由なことを気にしない、ひこにゃんによくにたオッサンがタイプであるという可能性はゼロではない。

 さらに、一回戦と2回戦は27Hではなく18Hのマッチプレーに変更になっている(準々決勝と決勝は36Hのまま)。つまり短期決戦で、下剋上が起きやすいシチュエーションではないか。



 というわけで、真剣に広瀬すずと付き合いたいなあと考えている編者であった(結論がおかしい)。
posted by hiro at 11:52| Comment(0) | レッスン

2019年09月27日

GB月例@パインレークGC


 昨日は仲間2組とコンペ(GB月例)。ロバート・トレント・ジョーンズJr設計の難コース、パインレークGCに。

02-2019-09-26.jpg

 いつも18番の写真を撮ろうと思うんだけど、その頃には疲労困憊&絶望感でそれどころではなくなってしまう。

03-2019-09-26.jpg

 美しいコースである。

09-2019-09-26.jpg

 でも難しい。フェアウェイは多くのホールで絞ってあり、大きく曲げるとOBかペナルティエリア(池や川)でダボ確定。ちょっと曲がっても林か深いラフ、0.5〜1打のペナルティだ。

 つまりドライバーがまずまっすぐ打てないとスコアにならない。

 次にレイアウト。意外とアップダウンがあり、グリーン面が見えなかったり傾斜地からのショットが多い。うまく打てたつもりでもなかなかグリーンをヒットしてくれない。

 そしてグリーン。大きくてうねりが強く、遠くへ乗せると簡単に3パットする。しかもこの日は9.6ft出ていて、さらに目もあって、順目の下りは触るだけ、逆目の登りはいくら打っても届かない。



 そんなパインレークだが、この日は「(どんなに左が怖くても)全ホールでフックを打つ」と決めてスタート。結果フェアウェイへ行ったのは4回だけ。その4回も、4アイアンが1回、4Wが1回、3Wが1回、ドライバーはたった1回。

 フェアウェイへ行かなかった残り10ホールは、朝イチの右プッシュスライス(OB)が1回、右プッシュ(ラフ)が2回、残りの7つは全部プルフック。その7つのプルフックのうち3回が池とOB

 というわけで、こうなった。

seiseki201905261.jpg

 まあそうなるよね。あれがそれだったら。あーあ。ちなみに17番と18番は池ポチャだけどOB級の当たりだったのでOB扱いにしておいた。

 1番はプッスラ2連発(1球目OB)からの6オン2パット。2番はいつの間にかトリ。3番は短いパットを外しての素ダボ。後半はちょっと落ち着いたけれど、16番は4アイアンで左引掛け池ポチャ、17番もドライバー左引掛けOB、最終ホールもドライバー左引掛けOB。16番から18番をボギーで切り抜けられたら80台だったので、悔しさもひとしお。



 日曜日までに左に引っ掛けるOBを調整しないといけない。ヤバイよヤバイよ〜。っていうか、多分いろいろ考え過ぎなんだろうなー。フェードとかドローとか考えずに、シンプルに立ってシンプルに打っていくのが一番なんだろうけど、なかなかそれができないんだよなー。
posted by hiro at 12:13| Comment(0) | GB月例

2019年09月25日

神様仏様N條さま


 先週から、木曜日ラウンド・金曜日レッスン・土曜日パター練習・日曜日月例競技と4日間続けてクラブを握り、ボロボロの状態で迎えた秋分の日の月曜日。

 さすがに今日は休もうか、と思っていたらいつものN條さんとS井さんから薄暮のお誘い。ゴルフの誘いは断らない、hiro家の家訓である。腰をいたわる7割スイングでどれぐらいのラウンドできるのかを試すのと、昨日最悪だった40y〜60yのアプローチを芝から練習するいい機会だと考え、ホームコースへ。


 この日は結構混んでいてしかも我々は最終組だったので、(本当はダメなんだけど)ホールアウト後にたっぷり練習することができた。そんなあるホールでバンカー練習をしてると、それを見ていた神様仏様N條さまから、

「hiroさん、ミスショットするときは手打ちになってますね」

 とアドバイスが。アドバイス通り切り返しを腰からするように注意してみると、なかなかいい感じ。そう、形ばっかり気にして、「基本のき」を忘れていたのだった。っていうか、何年ゴルフやってんねん。

 そして次のホール。ホールアウト後また10分以上時間があったので、グリーンまで50y地点へ行ってミドルレンジのアプローチ練習を。1球目、ダフる。2球目、ダフる。3球目、ダフる。hiro、切れる。

 ああホントにダメだ。初心者と同じだ。やっぱり俺は一生アプローチをうまく打てないんだ。世界なんて滅びてしまえ!と思った次の瞬間!神様仏様N條さまの声が頭の中に蘇ってきた。

「hiroさん、ミスショットするときは手打ちになってますね」

 ばんかーしょっとなおもって(手打ちで)みすをする。いわんやあぷろーちしょっとをや。そうだそうに違いない。


 ダフるということはボールの手前(右サイド)にクラブが降りてきているということだ。つまり体重移動できてないんだ。体重移動するためには、しっかり腰を切り、体を回転させていかなければ。ミスを恐れるあまり器用な手で当てに行こうとして体が止まっていたのが元凶だったのだ(たぶん)。

 で、とにかく腰を回転させることだけ考えて50yのショット。ボールは3回ともグリーンセンターに落ち、スピンが効いて同じ辺りに止まった。

 

 こうなればドライバーショットも腰を切って打ってやろう。そう、S水プロも「腰を思い切って回転させろ」と言っていたではないか。

 340y、けっこうな打ち上げの松最終ホール。右プッシュでもいいから腰切りショットで。球は真っすぐ飛びやや軽いドローでフェアウェイセンター、残り105y。このホールの自己最高飛距離を更新した。


「hiroさん、ミスショットするときは手打ちになってますね」

 神様仏様N條さま、悔しいけれど貴方の言う通りです。イヤだけど感謝します。複雑な心境だけど認めます。でも、今後ずっと「神様仏様N條さまと呼びなさい」とか「私のアドバイスでhiroは上手くなった」とか「hiroはワシが育てた」って言われるんだろうなあ。ちょっと癪(しゃく)だなあ。

 願わくば、今後ゲットする握りやポイントの10%を生涯よこせ、と言い出さないことを願いたい。





 さて、その腰切りを確認するため、火曜日つまり昨日、練習へ。どうも腰を切るだけでは100%うまく行かない。試行錯誤の末、

 「腰を切って、左股関節できちんと受け止める(左サイドに壁を作る)」

 というのが必要らしい。S水プロに教わっている、左の膝をインパクト〜フォローで動かさない、というイメージだ。

 今後、ミドルレンジのアプローチはこのイメージだけを注意して打とうっと。
posted by hiro at 09:56| Comment(0) | 目から鱗(開眼)

2019年09月24日

10月月例、最終ホールで台無し



 しぶこ優勝おめ。外国勢、しかも実力実績抜群の3人をなぎ倒し(というより三すくみで自滅した感が強い)、8バーディノーボギーはやっぱり実力が頭一つ抜けてる証拠だよね。

 目標だった賞金一億円突破も果たしたし、次の目標と本人が言ってた賞金女王も現実味を帯びてきた。賞金女王になって、スポーツ紙の見出しに「シンデレラストーリ、完結。」と載る日も近いか。



 さて本題。日曜日は台風が近づく中、10月の月例競技。

2019-09-22.jpg

 風雲急を告る、的な空ではある。幸い雨には降られなかったが、その代わりにそこそこの強風。グリーン上のボールがたまに揺れるぐらい。午前中はまだましで5〜6m/sぐらい、午後からは少し強くなって8〜10m/sぐらい出てたと思う。そこそこ大きな灌木が轟々風で鳴ってたからね。

 よって、今回はパープレーなんて狙わず、ネット2オーバーつまり83ぐらいを合格ラインとすることにした。短い梅で40か41、長い松で42か43。

 で、結果を先に書いてしまうと梅38、松42で目標達成。良かったね。





 ・・・と手放しで喜べない事件が最終ホールであったんだよね。もう、終わり悪けりゃ全部台無し、って感じの。

seiseki20190922.jpg

 まずは良かった点から。

 この日はパッティングが絶好調。ミスは短いのを1つ緩んで外した(松3番)のと、登りの3mぐらいを打ちきれずショートした(梅6番)のと、エッジから登って下る10m位、パターで3つ掛かった(実質2パット・梅5番)した3つだけ、あとは微妙な距離がほぼ全て入ってくれた。

 特に梅4番、下りの4mでカップ4個ぐらい曲がるライン、左に30度向き、触るだけからのラインに乗ってジャストイン。これは気持ちよかった。一緒に回ったT石さんに「タイガーみたいですね」と言わしめたパットだった(いやそれ100%社交辞令)。

 でも実は前日の土曜日、ホームの練習グリーンへ行き、2時間弱、短いパッティングを練習してたんだよね。そこでいくつかの気づきと閃きがあった(そのせいで今日は腰が壊れかけのレディオだったけど)。それが結果に結びついたのかもしれない(たまたまかもしれない)。

 その件についてはまた後日。パットに悩む方必見!(じゃないかもしれない)。

 ショットは相変わらず良いのと悪いのが極端で、基礎練習をもっと積み重ねないといけない事を痛感した。プレッシャーが掛かった時に打てないと意味がないからね。



 さて、最終ホールの話。あんまりしたくないけど。

 上に書いたとおり、この日は強風&腰の筋肉が張りまくりで、無理せず、いつもの7割ぐらいの力感で振ってたんだよね。それがうまくハマって前半は出来すぎの結果だった。

 しかし後半、実力発揮でボギーが続き、そうするとだんだん肩に力が入ってきて球が曲がりだす。それでも自制しつつ、8番まで4オーバー。そして最終ホール。ここでパーなら(ネット)3アンダー、ボギーでも70台。

 ティショットは絶対入れてはいけない左バンカーを避け、右ラフ。2打目は145y+打ち上げ15y、フォロー。ここで悪魔が囁いた。

悪魔「ラフだけどライもいいし、(6番持って)グリーン奥へこぼしたらボギーになるし、最近アイアン飛んでるし、フォローだし、7番で楽勝で届くんじじゃね?グリーンに乗せられたらバーディあるかもよー」

 はい、今まで17ホールの我慢を帳消しにして余りある最悪の選択をしてしまったのでありました。6番で軽めに安全に打っときゃいいのに、7番で強振!

 結果は書かなくてもわかるよね。タコ踊り120%腕力スイング。この日最低の当たり(ある意味今日イチ)はダフリ引掛けでバンカー手前へ。トホホ。

 打ち終わってから冷静になるも、こんな状況でバンカー越えの苦手な45yアプローチなんて成功するはずがなく、チャックリしてバンカーイン。まあそりゃそうだ。火を見るよりも明らかってやつだ。コーラを飲むとゲップが出るってやつだ。

 バンカーショットも厚く入って出ただけ。5打目でようやく80cmに寄せ(これはうまく打てた、ってもう後の祭りやがな)、1パットダボ。最後にダボ。17番までダボフリーで来てて18番でダボ。スコアを意識した途端に3連続スカタンミスしてダボ。これを「最低の終わり方」と言わずしてなんと言うのか。


 この日の教訓

・最後まで一貫性を持った攻め方をしましょう

・ボールは腕力ではなく、リズムとタイミングと体重移動で飛ばすんです

・40y〜60yのアプローチももう一度やり直しましょう

・右が怖い時は右を向き、左が怖い時は腰を切りましょう

・プレッシャーが掛かった時にきちんと打てないのはきちんと打てる力がないのと同じ


 まだまだ修行が足りませんわ。っていうか、単にアホなだけ?(いや、単にヘタなだけ)



 ちなみに優勝スコアはネット69で、71の私は4位だった。あーあ。
posted by hiro at 12:12| Comment(0) | 競技