2019年08月20日

ゴルフサバイバルの渋野日向子


 今年一番の時の人になった渋野プロ。先週はゴルフサバイバルで特別番組も放映されていたが、今回はまだ注目される前つまり去年の秋、渋野プロが初出場したゴルフサバイバルを見直して思ったこと。

11-2019-08-10 20.28.03.jpg

 この時から「笑顔」を大事にしてたんだということがわかる。

10-2019-08-10 20.28.20.jpg

 いい笑顔ですなあ(おやぢ丸出しの感想)。

09-2019-08-10 20.28.57.jpg

 おっ、フレループ!

05-2019-08-10 20.45.49.jpg

 ご意見番男子プロは、1番のティショットを見た段階で注目のプロを1人か2人挙げるんだけど、2人とも渋野プロのことはスルーしてた。まだこの時点では彼女のスイングが完成されてなかったのか、それともこの2人の見る目がなかったのか・・・

04-2019-08-10 20.58.07.jpg

 1番からきちんとピンハイまで打ってきてる。流石だね。

03-2019-08-10 21.19.57.jpg

 2番でも右へ逃げずバンカーがある左サイドへきっちり打ってきてる。飛距離も出てる(彼女より飛んでる3人のうち2人は引っ掛けてカート道に当たったので、実質9人中2番目に飛んでる事になる)。ちなみに一番飛んでたのはイノシシゴルファー、石山千晶。大阪出身だから彼女も頑張ってほしい。

01-2019-08-10 21.31.17.jpg

 パー5の2打目もきっちりきっちり狭いフェアウェイをキープできてる。


 彼女はこのシーズン、4ホール目のサドンデス(アプローチ)で脱落するんだけど、そのサドンデスで木の後ろからラフ経由の下り、という意地悪なセッティングをしたのが渡辺司プロ。「どれぐらい運を使えるかを試すアプローチ」と言っていたとおり、落ちどころのバウンドが悪かっただけで落ちてしまった。

 しかし逆に考えると、ここで運を使わなかったから全英女子で勝てたのかもしれない(なわけないか)。



 ホールアウト後、カートの横に座った渡辺司プロと話をしていて、「こんなところで落ちるつもりは全然なかった」と言ってたので相当自信もあったし仕上がってもいたんだろう。それでも脱落するのがこの番組の恐ろしいところだ。

 また、この時の会話は特番でも紹介されていたが、渡辺司プロは「もっとポジティブに攻める気持ちを持たないといけない」的なことを言っていた。彼女の才能をと性格を見抜き、そうアドバイスしていたんだとしたらなかなかのものだと思う。まあたまたまかもしんないけど。


 決して目立つタイプではなかったけど、笑顔と技術の片鱗はこの頃から光ってたんだよねー。ゴルフサバイバルは(彼女をオファーしてて)ホントにラッキーだったね。原英莉花、河本結、松田鈴英、新垣比菜、エイミー・コガなどトーナメントで目を出した選手もいれば、越雲みなみ、セキ・ユウティン、荒川侑奈、川ア 志穂、野口すみれなどそのルックスがゴルフより注目される選手も多数出てきた。

 でも、渋野プロはそれらを全部突き抜けて別格になっちゃったもんね。改めてスゴい!おめでとう!カワイイ!



業務連絡:明日から5日間お休みします。
posted by hiro at 11:46| Comment(0) | 雑文