2019年08月05日

渋野日向子、全英女子op優勝!!


 悲願とか、悲壮感とか、死にものぐるいとか、そんな重々しさとはまったく正反対。明るく、あっけらかんとして、爽やかで、それでいてドラマチックで、理想的で、つまりは非の打ちどころがない優勝だった。

2019-08-05 03.32.35.jpg

 初日からビッグスコアで勝利への伏線を張る。2日目はそれをキープ。3日目に再びビッグスコアを出し首位に立つことで期待感を最高潮まで高める。そして最終日の前半、4パットのダボで首位を陥落、一時はトップと数打差を付けられ、誰もが諦めたそこから少しづつ這い上がり、バーディを重ね、最終ホールに5mのバーディパットを「3パットしてもいいから(本人曰く)」とカップが崩れるぐらい強く打って壁ドンで決める。

2019-08-05 03.32.05.jpg

 こんな勝ち方、漫画にもならない。つまりフィクションさえはるかに超越した、夢のような優勝。そんな優勝を、20歳の、ルーキーに毛が生えた(プロ2年目)、岡山出身の(それ岡山に失礼)、海外もメジャーも初挑戦の、ゴルフサバイバルの4ホール目で脱落した渋野日向子がなしえるなんて誰が想像しただろうか。



 今回は多くの事柄が彼女を優勝に導いていたと思う。

 初出場で欲がなかった。怖さもなかった。だからのびのびとプレーできた事。

 笑顔で現地のファンを味方にしたこと。そりゃああんな笑顔見たら、世界中のギャラリーが虜になるよね。この優勝で、少なく見積もっても彼女のファンは7200万人増えたらしい(てきとう)。

 物怖じしない性格。国際映像に向かって駄菓子をおどけながら食べるって、どこまで強心臓なの?

2019-08-05 03.45.26.jpg

 業務連絡:よっちゃん食品工業は「タラタラしてんじゃねーよスティック」と「よっちゃんイカ」を一生食べ放題にしてあげてください



 ロンドン近郊で日本人のギャラリーが多かったこと。

 リンクスではなく日本のコースにも似た林間コースで開催されたこと。

 同組のブハイ(南ア)とずっと同じ組で、ストレスが少なかったこと。優勝が決まった瞬間、彼女も両手を上げて喜んでくれた(上の写真)事は2人の関係が良かったことを物語っている。

 その彼女のティショットは渋野よりも10〜20y飛ばなかったので、毎ホール彼女の2打目を見てショットできたというアドバンテージがあったこと。

 そして終盤まで彼女と一緒に伸ばし合うことでお互いにいい流れでプレーできた事。


 あと、私が思うに、前半で4パットダボを叩き、一時首位から落ちたのも逆に良かったと思った。ずっと首位に立ち、追いかけられる展開だったらどうなっていたかわからないと思う。そのしんどさに自滅していたんじゃないかなと。だから、一度4位(ぐらい?)まで落ち、そこからじわじわと追い上げていくという展開が今回の彼女の立場(ルーキーの挑戦者)とぴったり合致したんだろうね。

 それと、18番で決まったこと。もしあそこが2パットでプレーオフだったら、当然一旦ホールアウトして仕切り直してからになる。10分、20分、時間があく。そうなるとルーキーであるがゆえ、疲れを感じたり欲が出たり、張り詰めた神経が緩むなど、ほぼ間違いなく悪い方向へ流れがいってしまったと思うのだ。

 だから彼女が「3パットになってもいいからとにかく強めに入れにいこう」と思って打ったのは大正解だったと思う。入ったのはこれまでの努力の成果だろうし、でもある程度自信があったんだろうね。

2019-08-05 03.47.42.jpg

 後からなら何とでも言えるけど、何となく何か起こるような気がしたので夜ふかしして中継見てたんだよね。あと、18番のパットも、乗った段階で、いや2打目を打つ前から入るだろうな、バーディで優勝するだろうな、という予感がしてた。みんなもそうじゃない?(戸張さんも樋口久子プロもCM中にそんな話してたみたいだし)

 だから、入った瞬間、「やった!」でも「スゴい!」でもなく「ほら!」って叫んだもん(笑)



 ほんとに素晴らしい。超最高。おめでとう。でも、サラス(18番でバーディパット外した)は悔しいだろうなあ・・・・
posted by hiro at 18:50| Comment(0) | トーナメント