2019年04月08日

8回目のレッスン


 レッスンは2週間に1回。その間に最低2回は練習に行こうと思ってるんだけど、なかなか行けない。その代りに週1回のラウンドと週1回の薄暮と家でのアプローチ練習だけ。

 そんな感じで望んだS水プロの8回目のレッスンは、前回と同様アプローチを中心に。ただし、今回はコックを使う普通のアプローチではなく、

 ノーコックで体の回転だけで打つアプローチ


 を1時間みっちりと行った。アドレスは基本同じ。

・左足一本で立つ(体重移動しない)
・ハンドファースト(球を右へ置く)
・かかとではなく拇指球に体重を置く(ボールから離れる)


 打ち方は、

・コックを使わず、つまり手首はロックして
・インパクトはアドレスの再現
・フォローで左手とクラブが一直線になるように


 そして、この打ち方の重要な注意点は

左肘が緩まない。アドレスからフィニシュまで真っすぐ伸ばしたまま
・リズムが大事
・体の動きと腕の振りをきちんとシンクロさせる(緩むと腕が遅れる)
・上から打ち込む意識はいらない


 という感じ。特に★印重要。すっと手で上げると左肘が緩むので注意。そしてフォローでどうしても左肘を引いちゃうのでそこを真っ直ぐに。方法としては、

肘の内側を体の正面に向けてアドレスする

 といい感じ。最初からロックさせておくのだ。



 ただ、この打ち方では8時4時ぐらいが限界なので、距離を出したいときはクラブの番手を上げていく。大体イメージ的に、

2019approach.gif

 って感じ。ボールを右に置く分、ランが多く出るので、ランニング寄りのピッチエンドランという感じ。

 で、ここからが重要なんだけど、

軽めに打つ、あるいはロフトが立っているクラブを使うほうが基本的に易しいしミスに強い

 ので、例えば30yであればPWの強めより8アイアンの軽めを選択する。20yなら56度のしっかりではなく、PWの軽めを選択する。それによりコースでミスが出にくくなり、ユーティリティ1本で寄せるよりも寄せワンの確率が上がる。

 もちろんグリーンまでの距離やライ、ラフかフェアウェイか、順目か逆目か、上りか下りかで使えるクラブは限られてくるが、要は一番やさしい寄せ方(クラブ)を徹底するってこと。



 今日先生に言われた言葉で一番印象に残ったのが、

「寄せで、(ユーティリティや8番などが使えず)ウェッジを選択せざるをえない時というのは、すなわち大変難しい状況だということ。だから寄らなくても良い(ミスしてはいけないけれど)。つまり、無理に寄せワンを狙いにいってはいけないということです」

「逆に、ユーティリティや8番で打てるという時はやさしい状況だから、寄せワンを狙っていきたいですね」

 そうなのである。一番やさしいクラブを使う、という本質はそういうことだったのだ。
posted by hiro at 17:56| Comment(0) | レッスン