2019年04月01日

ユーティリティのアプローチ・発展編

 さて2日にわたって書いてきたユーティリティのアプローチだが、昨日の薄暮でも極力ユーティリティでアプローチをしてみた。



 まず打ち方。基本は手首をロックしてパットのように打つのだが、それによって安定した距離感が出せる。しかし、この打ち方だと打てる距離に限りがあるのだ。

 よって、少し長い芝の上を転がしたり、砲台グリーンの上り斜面を駆け上がらせるような時はパワー不足になりがちなのだ。かといって、バックスイングを大きくしすぎるとミスの可能性が出てくる。

 そういう時、ごくわずかに手首を使ってやるのだ。それにより、小さなストロークでもそこそこ長い距離を転がせる。つまりパットではなくショットのイメージで打つってことね。

 これは前述した長めの芝の上を転がしたり、上り傾斜を転がしたり、長い距離を転がしたりするのに大変有効な方法になる。さらにアプローチのテイストを加えることにより、グリーンの外からカップの寄せるイメージが出しやすくなる。でもあくまでイメージなので実際に寄るかどうかは別として。

 ただしこの方法には欠点が1つある。パンチが入って大オーバーする可能性があるという点だ。アプローチテイストなので、リズムやテンポが少しでも早くなれば距離感が合わなくなる。あと、ダフるミスも出やすくなる。ユーティリティなのに!(まあそれは私の腕の問題だけどね)。



 とまあそんな感じでできるだけユーティリティを使って(というより、ウェッジを使わないようにして)ラウンドしてたんだけど、実は昨日前を回ってた組がフルバックから回ってるのにそれほどの腕前ではなく、異様にプレーが遅い4人だったんだよね。すると必然的に待ち時間が長くなる。

 そんな時は、ティグラウンドで使い古したボールを取り出し、隅のラフからウェッジの練習をしたりするんだけど、あるホールでカートとティグラウンドの距離が長かったので、手にしていたドライバーでユーティリティのように打ってみた。1発め・・・狙い通り。2発め・・・狙い通り。練習だとうまくいく、例のあれである。

 しかし何度も打ってるうちに、イメージと結果の乖離がドライバーだとすごく少ないことに気づいたのだ。え何これユーティリティよりイメージ出るじゃん。私はカートに走り、ユーティリティとボールを数個持ってきて打ち比べてみた。その結果、縦の距離も横のズレも、ユーティリティよりドライバーで転がしたほうが断然良いということがはっきり確認できた!

 なんかね、イメージ出るのよ。何も考えずに打って、ピタッとよる感じ。本能と直結してるっていうか。プロゴルファー猿かよ。で、それはなぜか考えてみた。ユーティリティに比べるとドライバーは反発力が大きい。よって芝に食われにくい。また、フェースの下の方に当たるので、トップスピンが掛かって芝に負けない転がりになる。


 さらに何度か転がしてわかったことだが、ヘッド1つ分のバックストロークで約2m、2つ分で5m、3つ分で10mとデジタルに距離を計算できるのがすごい(もちろんグリーンの速さによって微調整は必要だけどね)。

 ドライバーアプローチすげえ。っていうか、今まで1年以上ユーティリティを一生懸命練習してた俺っの努力て一体・・・



 で、残りの数ホールでドライバーを使った転がしアプローチを試してみた。5番パー4の3打目。砲台グリーンまでやや上り2m、グリーンからピンまで8m。計10m、つまりヘッド3つ分+アルファののバックストロークで打つ。ボールはユーティリティより勢いよく転がり、ピンした30cmに。もちろんOKパー。

 6番パー3はグリーン左奥のベアグラウンドから。やや砲台、上りの15m。ヘッド4つでは大きいと考え、3つ半プラスほんの少し手首を使って。上り傾斜でやや右へ持っていかれるも、距離感はバッチリ。2mのパットは入らずボギー。

 7番はパーオンしちゃったのでパス。

 8番パー5、3打目をまた左奥に外し、エッジから上りの12m。パターでも十分なんだけど、あえてドライバーで。上りのぶんちょっと強めに、と思ったら少しパンチが入った。やべえ!と思ったらピンに当たってそのままカップイン!バーディ。左右のブレが少ないとこういうラッキーもありうるのだ。

 そして最終ホール。今度は2打目をグリーン奥のちょいラフへ外し、相当強めの下り、ピンはすぐそこという難しい状況。ヘッド半個分ぐらいのバックスイングで良さそう。ヘッドの反発だけを使って、「ポン」とボールに当ててやる感じで打つ。ちょいラフをしっかりクリアし、しかもグリーン上は絶妙な強さでゆっくり転がって・・・あと5センチで連続チップイン!というところまで。OKパー。

 いやあマジでいいっす、ドライバーアプローチ。唯一デメリットがあるとしたらシャフトが長いので体とボールの位置が少し離れることぐらいであるが、これは慣れたら大丈夫だろう。



 というわけで、今後はドライバーのアプローチを極めていきたいと思った。














aprilfool_nawakenee.jpg
posted by hiro at 11:42| Comment(0) | バカ