2019年02月12日

4回目のレッスン


 1月は諸事情で週1回ペースのレッスンだったんだけど、2月からは月2回すなわち2週間に1回のレッスン間隔になる。2月の第一回目のレッスンが昨日。

 通算では4回目のレッスン@S水プロになるんだけど、言われることはいつも同じっていうか物覚えが悪いっていうか。ただ今回はいくつか新しいことも教えてもらった。なお以下の注意はアイアンショットを念頭に。
 

スイングの初めにコック(手と手首の動き)ありき

 とにかく手首を柔らかく使いインパクトの一点で力を爆発させる(弾く)のがマストっていうか一番っていうか超大事っていうか。逆にこれができないと全ての改造が水の泡になりさえする。

 これによりヘッドが走り、ヘッドが走れば勝手にフォローが取れ、私の悪癖である左肘を引いたり右肩が下がったりする「球を自分で上げるような動き」が出にくくなるし、体重移動もスムースに行えるようになる。


そのために大事なのがアドレスとグリップ

 アドレスは前傾を保つため球から離れ、腕とクラブの角度を作る。ダウンブローで打つため球を右に置きハンドファーストのアドレスを意識。左の壁を作り、上半身が開かないように左足は飛球線と垂直に(開かないように)。

 グリップは右手と左手を向かい合わせに持つようにしないとコックが使えない。左手は左上から握ってるので、右手は右下から握るでおk。私の場合横から握りすぎてた。そして親指と人差指をくっつけ、人差し指は中指と少し間を空ける




 今まで色々なプロに教えてもらったけど、結局同じことを言ってたんだなあと思う。「手を振れ」「下半身を動かすな」「肩を開かない」「クラブヘッドをどうやって加速させるかが大事」「力ではなくタイミング」「アドレスとグリップは大事」「グリッププレッシャーは弱め」などなど。

 でも、左足の角度とグリップとボール位置とインパクトの意識をここまで指摘してくれたコーチはいない。しかもこれらすべてが、ニュースイング(=悪癖撲滅)につながってくるのがわかるので、やりがいはある

 今までは頭では理解できてても、きちんと向き合ってこなかったから、いつも堂々巡りしてた。でも「きちんと向き合ってこなかった」のか、それとも「向き合っても結局できなかった」のか。センスや体力的な理由で後者ならもう致命的なんだけど。でも今回ばかりはやり抜きたい。



 というわけで、当分はハーフウェイバックでフルコックし、インパクト直後に左肘が曲がらないよう我慢するハーフスイングでラウンドします。
posted by hiro at 17:50| Comment(0) | レッスン