2019年02月04日

ニュースイングで薄暮


 木曜日が雨だったので、首を長くして待った日曜日の薄暮へ。今回はさらに改造スイングを徹底してみた。具体的には、

優先順位1:手首フルコック・トップ位置注意
優先順位2:体重移動
優先順位3:体の正面で手を返す
優先順位4:インパクトの一瞬に力を入れる
優先順位5:肩を開かない


って感じ。ただ、1はスイング直前に予習(クラブを途中まで上げて戻す)するので何とかなるけど、実際にスイングの時に注意できるのはまあせいぜい1つだけ、つまり2の体重移動だけになるよね。3以降は余裕があれば(ないけど)。



 1番ティショット、芯を食って◯。2打目145yを6アイアンでハーフショット、頭叩きチョロ。体の動きがバラバラ。3打目ウェッジで、頭叩きチョロ。バラバラ。40yのアプローチはハーフトップしてグリーン奥。いきなりトリプルボギー。

 2番パー3は5アイアンで。スイング自体そんなに悪くなかったけどフェースの先に当たってショート。アプローチまずまず、1パットパー。

 3番パー4、ティショットプッシュ(でもまあまあ)で右ラフ、2打目5アイアンチョロ、3打目8アイアン、いい感じで当たるも低めのフックでピン左エッジ。エッジからのパットが偶然入ってパー。

 4番パー5、フェースの先に当たって低いプッシュ、右のバンカーへ。あごが近いので8アイアンでレイアップ、バッチリ当たる(フェアウェイバンカーから99.9%ミスショットになる私だけど、手首フルコックするとフェアウェイのバンカーショット良い!)も目の前の木に当たってしまい30yしか飛ばず。3打目ユーティリティ、低いプッシュでOB。打ち直しはナイスショット。6打目60yはハーフトップしてグリーン奥、アプローチ失敗して2パット9。

 いい時と悪い時の差が激しい。まあそんなもんだろうね。

 5番パー4、ティショットはダフリ引掛けも飛距離はまあまあ。2打目145y打ち上げ、6アイアンで軽く。低いフックでグリーンオン。でも3パットボギー。

 6番パー3、普段は8番だけど7番でハーフショット、右まっすぐでラフ。アプローチはうまく打ったつもりだけど3mショート、入らずボギー。

 7番パー4、ティショット振り遅れて右、でもスライスはせずフェアウェイ右サイド。2打目155yを5アイアンで軽めに。ハーフトップながらグリーン手前にオン。2パットパー。

 8番パー5、ティショットやや右へ出てまっすぐ、右バンカー。バンカーからユーティリティでナイスショット(やっぱり手首フルコックがいい感じか?)、3打目160yを5アイアンで狙うもチョロ、4打目95yをウェッジで、ちょっと引っ掛けてエッジ。そこから3つかかってまたダボ。

 9番パー4、ティショットプッシュで右ラフ、2打目ユーティリティは狙い通りの方向と距離が出るもわずかに足らずエッジへ。エッジから15y、いつもならユーティリティで転がしたりパター使うけど、アプローチのフィーリングがいいのでウェッジ。うまく打ててチップインバーディ。偶然以外の何物でもないけど、思い通り打てた。


 というわけでニュースウィングの(現状での)総括。

 ドライバーはフェースの下に当たりがち、プッシュしがち。スライスは出ない。うまく当たればドロー?

 フェアウェイからの長いのは体重移動意識したほうがうまく打てそう

 フェアウェイからのミドルアイアンはまだ打てない。ショートアイアンはまあまあ

 フェアウェイバンカーからはニュースイングだとうまく打てる

 ウェッジのコントロールショットはまだまだ

 何故かショートアプローチは絶好調。手首を自然に使う感じが良さそう。



 一緒にラウンドしたN條さんには「ちゃんと体重移動できてますよ、スイング変わってますよ」と言ってもらったので良かった。栄光への道は始まったばかりである。
posted by hiro at 17:11| Comment(0) | 雑文