2019年02月15日

一八会@ホーム


 昨日は同業先輩方との定期コンペ。ポイント制なんだけどスイング触っている最中なので覚悟はしてた。

 OB2個(うちフェアウェイからのセカンドOB含む)

 アプローチ2連続チャックリ

 3パット2個、パット数36

 パーオン率39%

 でぎりぎり90切り。



 ドライバーは悪いながらもちょっとづつ確率上がってきてる。右プッシュ多いけど、右へ出て戻ってくるたまがナチュラルに出つつある。フックも出るけど。

 8番アイアンより短いのはだいぶ練習の成果が出てきた。

 アプローチは最悪。新しい打ち方にしていい感じを忘れてしまった。

 しかしそれより何より悪いのは、フェアウェイからの長いクラブ。5−7アイアンは全部トップだし(ダフるのが怖いらしい)、フェアウェイウッドとユーティリティはもう恐怖症レベル構えても打てる、いや当たる気がしない。コック使うとまともに戻ってくる気がしないんだよ。

seiseki20180214.jpg

 で、今回K嶋さんとご一緒させてもらったんだけど、自分がうまく打てたと思っても「今のは昔の(悪い)打ち方になってたで」と教えてもらうこと数知れず。やっぱり右肩が下がって球を上げようとしてるらしい。そりゃそんな打ち方だとフェアウェイから打てないよね。


 スイング改造はまだまだ始まったばかりであるが、もうすでにめげそうである。
posted by hiro at 20:34| Comment(0) | ラウンド

2019年02月12日

4回目のレッスン


 1月は諸事情で週1回ペースのレッスンだったんだけど、2月からは月2回すなわち2週間に1回のレッスン間隔になる。2月の第一回目のレッスンが昨日。

 通算では4回目のレッスン@S水プロになるんだけど、言われることはいつも同じっていうか物覚えが悪いっていうか。ただ今回はいくつか新しいことも教えてもらった。なお以下の注意はアイアンショットを念頭に。
 

スイングの初めにコック(手と手首の動き)ありき

 とにかく手首を柔らかく使いインパクトの一点で力を爆発させる(弾く)のがマストっていうか一番っていうか超大事っていうか。逆にこれができないと全ての改造が水の泡になりさえする。

 これによりヘッドが走り、ヘッドが走れば勝手にフォローが取れ、私の悪癖である左肘を引いたり右肩が下がったりする「球を自分で上げるような動き」が出にくくなるし、体重移動もスムースに行えるようになる。


そのために大事なのがアドレスとグリップ

 アドレスは前傾を保つため球から離れ、腕とクラブの角度を作る。ダウンブローで打つため球を右に置きハンドファーストのアドレスを意識。左の壁を作り、上半身が開かないように左足は飛球線と垂直に(開かないように)。

 グリップは右手と左手を向かい合わせに持つようにしないとコックが使えない。左手は左上から握ってるので、右手は右下から握るでおk。私の場合横から握りすぎてた。そして親指と人差指をくっつけ、人差し指は中指と少し間を空ける




 今まで色々なプロに教えてもらったけど、結局同じことを言ってたんだなあと思う。「手を振れ」「下半身を動かすな」「肩を開かない」「クラブヘッドをどうやって加速させるかが大事」「力ではなくタイミング」「アドレスとグリップは大事」「グリッププレッシャーは弱め」などなど。

 でも、左足の角度とグリップとボール位置とインパクトの意識をここまで指摘してくれたコーチはいない。しかもこれらすべてが、ニュースイング(=悪癖撲滅)につながってくるのがわかるので、やりがいはある

 今までは頭では理解できてても、きちんと向き合ってこなかったから、いつも堂々巡りしてた。でも「きちんと向き合ってこなかった」のか、それとも「向き合っても結局できなかった」のか。センスや体力的な理由で後者ならもう致命的なんだけど。でも今回ばかりはやり抜きたい。



 というわけで、当分はハーフウェイバックでフルコックし、インパクト直後に左肘が曲がらないよう我慢するハーフスイングでラウンドします。
posted by hiro at 17:50| Comment(0) | レッスン

2019年02月11日

薄暮プレーを解析してみた


 木曜日のダボ三連発+トリプル・ダブルパー・ダボという体たらくに、食事も喉を通らず(日に3度しか)、夜も寝られず(7時間しか)、宝くじも当たらず(連番買って300円すら外れる)とここ数日最低の気分で日常を送っていたのだが、これではいけないと思い直し、昨日N條さんのお誘いもあって薄暮へ。

 各ホール・各ショットを振り返ってみる。ちなみにアイアンとユーティリティはほとんどすべてのショットで1〜2番手上げたハーフ〜クォーターショット。数字は点数(100点満点)。イメージは

0点・・・フェアウェイに穴をほって埋まりたくなるショット
10点・・・初心者レベルのミスショット
20点・・・とんでもなく酷いミスショット
30点・・・だいぶ酷いミスショット
40点・・・逆球、人が見てもすぐわかるミスショット

−−−−−−−−−−−ここまで✕−−−−−−−−−−−−

50点・・・ギリギリ結果オーライになりそうな可能性のあるショット
60点・・・ちょい噛み、ちょいトップ、方向のズレ、距離のズレ

−−−−−−−−−−−ここまで△−−−−−−−−−−−−

70点・・・そこそこうまく当たるか、距離か方向のどちらかが合ってるショット
80点・・・距離・方向ともまあまあ満足の行くショット
90点・・・今日イチショット
100点・・・理論上私の腕前ではありえないショット

−−−−−−−−−−−ここまで◯−−−−−−−−−−−−



1番
 ドライバー フェード ◯90
 6アイアン ハーフトップ △50
 アプローチ おっかなびっくり △60
 2パットボギ−

2番パー3
 ユーティリティ 右 △40
 アプローチ まずまず ◯70
 2パットボギー

3番
 ドライバー ややトゥヒット フック ◯70
 ユーティリティ ◯80
 アプローチ 可もなく不可もなく △60
 2パットボギー

4番パー5
 ドライバー 体重右へ残る △60
 ユーティリティ チョロ ✕10
 6アイアン ハーフトップ △50
 2パットパー

5番
 ドライバー チーピン寄りのプルフック ✕20
 ユーティリティ ラフからライン出て ◯90
 10yアプローチ 5yオーバー △50
 2パットボギー

6番パー3
 8アイアン 左引掛け △50
 アプローチ チャックリ ✕0
 アプローチ okの位置へ ◯90
 1パットボギー

7番
 ドライバー ひどいトゥヒット ✕20
 6アイアン 捕まらず △50
 バンカーショット ややダフリ △60
 2パットボギー

8番パー5
 ドライバー 今日イチドロー ◯90
 ユーティリティ まあまあもフック ◯70
 7アイアン いい感じもわずかに足らず ◯70
 15yアプローチ 8番で転がしてオーバー △40
 1パットパー

9番
 ドライバー プッシュ狙いがドロー ◯80
 ユーティリティ 飛びすぎ ◯70
 パターのアプローチ ややオーバー △50
 手前からのウェッジのアプローチ 50cmに ◯90
 1パットボギー



 大叩きこそなかったものの、ほぼボギーペース(7オーバー)。その原因をまとめてみると、

ドライバー 90・70・60・20・20・90・80 平均 61点(◯) 良いショットと悪いショットの差が激しい
ユーティリティ 40・80・10・90・70・70 平均 60点(△) 同上。でも良いときは感触も方向もバッチリ
アイアン 50・50・50・50・70 平均54点(△) ほとんど全部トップ。ダフるのが怖いんだろうね
アプローチ 60・70・60・50・0・90・40・90 平均平均57.5点(△) ビョーキ再発気味


 まんべんなく悪いんだけど、スコアに直結してるのはアプローチだと思う。ショートゲームで4オーバー、ドライバー・ユーティリティ・アイアンで各1オーバーって感じかなあ。


 また家でアプローチの練習再開しようかなあ、できるかな?

dekirukana.jpg
posted by hiro at 11:33| Comment(0) | 雑文