2019年01月09日

2019年新ルール・二度打ち


 ついに新ルールが施行された。大きな変更についてはすでに色々なところで解説されたり一覧表がコースのカートに置かれたりしてだいぶ認知されつつあるが、ごる日々では1回に1つに絞って深く掘り下げてみたいと思う。




 記念すべき第一回目は、二度打ちについて。アプローチのビョーキに罹っていた私には非常に馴染みがあるっていうか煮え湯を飲まされたっていうか心底がっくりさせられた二度打ち、これが無罰になるのだ。

 無罰、つまり現象として2回打ってるのに1回のストロークとして数えてくれるということなので大変オトクである。ルールをうろ覚え、知ったかぶり、仕切りたがりの人が「2回打ってるからそれは2打だ」なんて言い出すかもしれないのでここではっきり書いておく。1回のストロークでボールがヘッドに2回当たろうが3回当たろうが、そのストロークは「1打」である。罰はない。

 アプローチのチャックリからの2度打ちだけでなく、例えばグリーンサイドのグラスバンカーからのショットやグリーン上のお先パットなどで緩んで二度打ちをしてしまう可能性はある。そういう時も無罰だと分かっているのとそうでないのとではその後のメンタルもぜんぜん違うのでぜひ覚えておきたい。

 ただし、この二度打ちには「偶然に」というという副詞が付いている。つまり「明らかに故意に」二度打ちした場合は規則10-1aの違反により一般の罰、つまり2罰打を受けることになる。



 ところで、去年まではどうだったかというと、二度打ちした場合1打のペナルティが付加されていた。つまり、グリーン周りから3打目のアプローチをした際に二度打ちすると、3打目のストローク+一罰打で次が4打目ではなく5打目になったのだ。

 二度打ちのアプローチがピンに寄るはずもなく、また精神的ショックから3パットがもれなくついてきた(私の場合)ので、トリプルボギーになることが多かった。

 それが無罰になることで、高い確率でボギーで上がれるようになるのだ。3パットしてもダボ。それどころか1パットならパーで上がれるチャンスもあるのだ。



 というわけで、これからは二度打ちを怖がらずにアプローチできる。それは私のようなアプローチに不安のある人間にとっては大変メリットが大きい。特にメンタル的に。

 今後は安心して二度打ちができるというものである。良かったよかった(いや、したらあかんし)。
posted by hiro at 09:33| Comment(0) | 規則(ルール)