2019年01月04日

新年の挨拶・大晦日のラウンド


 毎年恒例の、新年の、めでたいアレを。

2019nenga.jpg

 今年の目標はマスターズ出場です(←今年もバカだ)




 と今年の抱負を伝えたところで、去年の大晦日のラウンドの事など。

 大晦日にお付き合いくださった奇特な、いや暇な、いやいや素晴らしいゴルフ仲間は薄暮友達のN條さん、N條さんのお友達のS木さん(女性)、そしておなじみN谷くん。

 S木さんは週1以上のペースでラウンドされているぐらいゴルフ大好きで、美人で、明るくて、熱心で、ハリウッド女優のような華やかさがあり、気配りも素晴らしいという、もう欠点が1ストロークもない女性である。なぜこんなに褒めるのかというと、ごる日々の読者だからである。

 といっても、ここを見て下さっているからおべんちゃらを書いている、という意味ではない(ちょっとある)。ごる日々の読者は皆全員素晴らしい人と決まっているのである。なぜなら編者がとんでもなく素晴らしいからである。



 では早速その内容など。この日は残念ながらサブグリーンだった。 

seiseki201812311.jpg

 前半は2トリプルボギー(あとは全部パー)で42。後半は1トリプルボギー+上がり3連続ボギーで42。1パットが6つ、4パットが1つ。まあ去年を象徴してるような、そうでないような(どっちやねん)。


 その前半、梅2番は2打目、左足下がりのライからウェッジショットをトップし、そこからアプローチが一往復半ビンタ(つまり3回行ったり来たり)でトリプルボギー。

 同じく梅4番はティショットが酷い当たり損ないで右プッシュスライスOB、さらにアプローチミス2連発でトリプルボギー。ひどいけど、冬のゴルフはまあこんなもんかと。

 後半、ショットはだいぶ良くなる。3番は花道からのユーティリティの寄せをダフり、そこから短いのを外しまくって4パット。7番はアプローチをミスってボギー、8番はティショット左ラフ、2打目ユーティリティが右側に突き抜けてラフ、3打目出すだけ、4オン2パットでボギー。

 最終ホールはティショットを入れてはいけないバンカーに入れて万事休す。



 相変わらず詰めが甘い。まあでも、こんなもんでしょう。では良いお年を!じゃなかった、今年もよろしくです。
posted by hiro at 13:31| Comment(0) | あいさつ