2018年10月09日

本心


 昨日書いた「つべこべ言わず」とは、あんまり「こうあるべきだ」と固執しないという事。例えば、



 平均スコアを考えたら3ホールで2回ボギー打ってるんだから、競技のときはボギーペースでもいいじゃん。

 ここまではいい。しかし、

 本当に苦手だったり難しいホールなら、「結果的に」ボギーでも「仕方ない」と思うのは正しいかもしれない。しかし、その前に「どうしたらパーが取れる確率が一番高いか」と「ダボを絶対に避けるためにはどうすべきか」と考えるのが普通であり、「難しいホールだからボギーでいいや」というのは単なる思考停止、逃げなんだよなあ(今頃気づいたか)。

 だから、多くのホールで、「このホールはボギーでいい」と考えるのは言語道断っていうか単なるバカ。ティショットの段階から「ダボさえ叩かなければいい」と消極的になると、取れるパーも取れなくなるし、1つミスをするとそれこそボギーがダボになってしまう。

 大事なことはメリハリなのだ。450yを超えるパー4とか、左右OBでグリーン手前に池がある400y以上のパー4とかなら、パーオン2パットパーを諦める選択肢はあるが、それでも3オン1パットのパーが取れる確率が一番高い選択肢を模索すべきだよね。

 「ボギーでいい(=ダボを叩かない)」というのは、ティショットや2打目で大きなミスをしてから考えるもんだ。ティショットを打つ前から考えるのは例外に留めるべき。




 アマチュアゴルファーの神様、中部銀次郎氏でさえ、試合ではパー3でグリーンセンターを狙い続けたという。だったら俺なんかがピンを狙うのは10万年早い。どんなときもグリーンセンターを狙おう。

 ここまではいい。しかし、

 いついかなる時もグリーンセンターだ、花道だ、バンカーを避けるのだ、安全な場所を攻めるのだ・・・と思考が固定してしまうと、それが逆に手かせ足かせになり、本質を忘れてしまう。柔軟な攻め方ができなくなる。上達にふたをすることにも繋がりかねない。

 今日イチのドライバーショットでフェアウェイセンター、ライはフラット、ピン位置は易しい、ニアサイドに外しても問題ない、ショートアイアンでぴったりの距離。こんな時にピンを狙わないというのは、結果がどうあれ、バーディパットをバントするようなもんだ。その後の流れが悪くなる可能性だってある。

 そうなるともったいないでは済まされない。自分から流れを悪くしてどうすんねん。っていうか、石橋を叩き壊して自分で渡れなくしてどうする。




 私の腕ではバーディなんて狙って取れるものじゃない。

 ここまではいい。しかし、

 たまたまピンに寄った時だけ必死でバーディを狙いにいくってなんだか歪んでるよね。それに、サービスホールで「パーが取れた!」で満足してたら、そこから上にもいけないし。

 つまり程度問題なんだよね。全ホールバーディ!ってのは極端すぎるアホ思考だけど、「バーディなんていらない」と思ってしまうのも同じぐらい極端なアホ思考だなと。

 290yのパー4でバーディを獲るためには何が必要か。ウェッジのコントロールショットの精度だ。じゃあ練習しよう。そういう向上心さえ出てこなくなってしまう。まだまだゴルフ人生は長い。上を目指さなくてどうする?

 実際、日曜日の予選ですごく上手い人たちと一緒に回ったんだけど、一番上手い人は27ホールで4個バーディ取ってるんだよね。私と同じHDCPの人で3個。もうひとりも三大競技獲ってる人で(ちょっと調子悪かったんだけど、それでも)2個。ちなみに私はゼロ。

 バーディは獲ろうと思っても簡単に獲れない。でも、獲ろうと思わないとまず穫れない。獲ろうと無理することと、獲ろうと頑張ることは似て異なってる(当たりまえだ)。





 さて、ここまで書いて、ようやく自分の本心が見えてきた。っていうかやっと分かった。どうやら私は、心の中で、

 いつまでもヘタなままでいたいと思ってるようだ。

 ヘタなら、ドライバーでミスしても仕方がない。バーディが獲れなくても普通。アプローチのミスも日常茶飯事。だからミスしても傷つかない。そして逆に、ごくたまにドライバーで会心の当たりが出たりアイアンがベタピンに付いたりバーディが来たりしたら、すごく嬉しい。

 でも、うまくなったらナイスショットを打っても褒めてもらえない(誰に?)。だから上手くなるのを自分で拒否してる。



なるほどそうかそうだったのかそれなら本質を避けて枝葉末節ばかり気にしてる理由が説明できるよねたぶん今ぐらいのハンデキャップや平均スコアが快適なんだろうだからこれ以上上手くならないよう自分で必死にブレーキを掛けてたんだねなるほどそうかそうだったのか。



 というわけで、心を入れ替えて上達したいと思います。自分の進退を賭けて。
posted by hiro at 10:05| Comment(0) | 目から鱗(開眼)

方向転換


 今回の競技は、ボビー・ジョーンズのよく知られている名言、「人は、自分が敗れたときこそ種々な教訓を得るものだ。私は、勝った試合からはかつてなにも学び得たことはなかった」というのを実感したらラウンドだった。

 あんまりゴチャゴチャ書いても仕方ないので、一言で。

つ べ こ べ 言 わ ず
き ち ん と 立 っ て
無 心 で 振 れ


 アウトサイドインがどうとか、ボギーペースとか、グリーンの真ん中を狙うマネジメントとか、そりゃあまあ大事といえば大事だよ。でも、お前はそういう枝葉にこだわりすぎて、本当に大事なことを忘れてないか?

 本当に大事なこと、それはきちんとしたアドレス。歪んだアドレス、間違ったアドレス、曲げにいくことを前提としたずれたアドレスは、練習場では打ててもコースでは役に立たない。っていうか高度すぎて素人には無理。真っ直ぐ立つのが、結局は一番簡単なきがする。

 きちんとしたまっすぐなアドレスを取ったら、後は(わずかな注意点に気をつけながら)思い切って振るだけ。シンプルイズベスト。



 グリップやスイングは上級者でも色々だけど、アドレスがいびつな上級者はほとんどいない。それがすべての出発点なんだよ。分かるか俺?小賢しい、小手先だけの細工では、肝心なときにメッキが剥がれるんだよ。

 というわけで、もう一度この言葉をアホな自分の脳に刻み込みます。

正 射 正 中 。

 (正しく立って)正しく振れば結果は後からついてくる。以上。




 ・・・でも、しばらくしたらまた忘れて「フェードがどうの」とか考えちゃうんだろうなあ・・・・
posted by hiro at 09:59| Comment(0) | 目から鱗(開眼)