2018年10月17日

主人公と脇役


 小学生の頃まで、世界の中心は自分で、自分が主人公だと思っていた。しかし、中学校に通うようになってくると、自分の思い通りにならない事に方が増えてきて、ある日気づく。あれ、俺って、脇役なのかなと。

 頭がいいやつ、背が高いやつ、部活で活躍するやつ、異性にモテるやつ。今で言うスクールカーストの上位にいる「選ばれた数少ない人間」と自分の、圧倒的な違いと越えられない壁。つまり残酷な現実。その現実を突きつけられ、数々の青春の苦悩を味わうが、それを糧に多くの凡人たち(もちろん私も)は大人へと成長していく。

 現実逃避して思春期特有の奇行に走るやつも多い。厨二病を拗らせたり、ゲームの世界ののめり込んだり、グレたり。そこで自分の居場所を模索するのだが、そんな抵抗も虚しく、ほとんどの善良な凡人はやがて自分が「その他大勢」であるという現実を受け入れる。

 そして、自分が脇役であることにいつか慣れ、主人公の座をすっかり諦めるのである。



 さて、一体こいつはゴルフのブログで何がいいたいんだ?と思っておられるだろう。実はちょっとだけ辛気臭い自分語りをさせていただきたい。

 私は凡人、しかも通行人Aレベルの脇役である。脇役であることは理解しているし、主役になろうとする努力が足りなかったことも認めるし、無い物ねだりをしていることも知っている。

 でも、この歳になっても(この歳になったからこそ?)、主人公に対する嫉妬を抑えられないんだよね。こちらは10の努力をしてやっと普通の人間関係。でも主人公はなんの努力もしないで簡単に人間関係を築く。



 それを一番感じるのは、若いキャディさんが付いたときのラウンド。

若いキャディさんは、一生懸命気を遣いクラブを渡してもらったりするたびに心から「ありがとう」という俺には無愛想なくせに、ぶっきらぼうな(でも魅力あふれる)主人公に対しては笑いかけハートマークの目を向けるのだ。

 これを理不尽と言わずしてなんという!!人生の不条理を感じる瞬間である。

 え、被害妄想にも程がある?いやいや、こういう事を今まで何十回経験してきたと思うか。え、お前の下心が透けて見えるからキャディさんに嫌われるんだって?

 脇役が下心持ったらあかんのか!!


 ・・・・あかん。節子、それ最低のやつや。
posted by hiro at 12:25| Comment(0) | バカ

2018年10月15日

日本オープン


 名門横浜CCで開催された今年の日本オープン。

 初日はA.スコット、石川遼に注目が集まるも、2人は失速。アダム、日本へ来て羽根を伸ばして遊びすぎたんじゃね?(わからないけど)。遼は早くコーチ付けなさい。

 で、最終日は藤田寛之が中年のギャラリーの期待を集めるも、後半の難しい3ホールで連続ボギー。やっぱり百戦錬磨のプロでも距離が長いホールはドライバーをフェアウェイへ置いてかつ飛ばしたい→力が入る→曲げる→ボギーってなるんだね。

 岩田寛も11番のダボで万事休す。しかし彼は未だにマイペースっていうか愛想笑いの一つもできないね。37歳にもなったらいろいろな人の支えでゴルフができてるってことが解ってもおかしくないだろうし、その感謝の気持ちを伝える努力をもう少ししてもいいと思うんだけどなあ。20代前半の突っ張ったガキじゃないんだし、自分がどう見られてるか、自分がどんな立場か、そんな事をもっと考えて欲しいなあ。観られてなんぼの商売してるんだから。

 沖縄出身の嘉数はなかなか男前だったね。27歳、これから期待できそうな若手だ。

 で、終盤、優勝争いは南アフリカのS.ノリスとチャラさが1mmもない稲森の2人に絞られた。実力者のノリスは前半3連続、難しい後半も14番から4連続バーディで猛追。しかし一歩及ばず。中盤に短いバーディパットをいくつか外したのが痛かったね。しかし強かった。


 そして優勝した稲森祐貴24歳。前半は我慢を重ね、9番で長いパットを強気で入れてから流れを掴み、10番から17番まで4バーディでノリスを突き放した。

 ショットの安定感がパねえ。さすが3年連続フェアウェイキープ率1位。500yを越えるパー4でも飛ばすのではなくフェアウェイのベスポジをキープし、田中秀道(羽川プロだっけ?)曰く「ショートアイアンの正確さを持つフェアウェイウッド」でバーディ。この正確さがあれば全米オープンでも十分戦えるんじゃない?



 お前はホストか?それともチンピラか?って思うようなチャラい(さわやかさの欠片もない)若手プロゴルファーが多い中、身長165cm、ドライバー平均飛距離94位(274.7y)の地味な稲森が日本で一番強いゴルファーの称号を得たんだから痛快である。

 しかし彼の強さはドライバーの正確性だけではなく、パーキープ率も1位、リカバリー率も1位、パーオン率も4位、平均ストロークは3位なんだよね。つまりアイアンもアプローチもまんべんなく上手いんだね。そしてボギーを叩かないというのはしぶといゴルファーであることを意味する。

 強いて弱点を挙げれば平均パット数が52位、サンドセーブ率が62位。プロとしては普通の腕前ってことだね。バンカーショットとパッティングで一皮剥ければ、、もっと強くなるんだろうね。


 稲森祐貴、片岡大育、時松隆光、重永亜斗夢、大堀裕次郎、今平周吾。そして2年連続ローアマの金谷拓実。どうか頑張って松山に続いて世界へ飛び出してほしい。
posted by hiro at 12:18| Comment(0) | トーナメント

2018年10月12日

一八会@茨木国際ゴルフ倶楽部


 グラン(GRAND=壮大)PGM。それは特別なコース。ってCMのナレーションみたいだけど。



 PGMはご存知の通り外資系ファンドをルーツに持つ日本の二大ゴルフ場グループの一つであるが、これまでのパブリック化・低価格化路線に加え、付加価値を付けてハイグレードなコースとして売り込もうというのがグランPGMの考え方らしい。

 で、そのグランPGMの関西にある唯一のコースが茨木国際ゴルフ倶楽部である。平日セルフプレービジターフィーが14000円弱とけっこうグランである。

 コースメンテはまずまずだけど、コースそのものは人工芝のティグラウンドがあったりとあんまりグランではない。グリーンはクラチャンシーズンなのに8.5ft(実際は逆目だと6ftぐらい?)とちょっとグランではない。ただここのグリーンはアンジュレーションが異常なので9ft以上出ると4パット5パットの恐れがあるので仕方ないかも。ヤーデージもバックから6312y、でもバックからは基本回らせてくれず、フロントからだと6000yを切る(5909y)のであんまりグランではない。



 そんなコースで、2ヶ月に1回の一八会(同業先輩たちとのコンペ)。8月に下見に行った成果、そしてフォース覚醒の成果は出たか?

 東1番はまっすぐ打ち下ろしの305y。ドライバーだとワンオンの可能性もあるがグリーン周りは狭いので4Wで花道狙い(以前なら4アイアンでレイアップしただろう)。出だしから芯を食ってまっすぐ花道へ。アプローチが3mに寄るも入らずパー。

 2番もドライバーでウェッジフルショットの位置へ、2打目ミスして2パットパー。

 3番打ち下ろし右ドッグレッグブラインド、7アイアン2回でピン上にオン、パットは打ち切れずパー。

 4番短いパー3、8アイアンでピン下5m、入らずパー。

 5番打ち上げていくパー5、ティショットはどヒールで200y、ブラインドの2打目はユーティリティ左引っ掛け、3打目PWは左のピンに対し右花道、アプローチは上って下りで(私の腕では)寄せようがなく通り過ぎて反対側のラフ、5打目も寄らず入らずのダボ。

 6番は今まで2回右へOBを打っている苦手なパー3。6アイアンはまあまあの当たりも右に外れ、50度のウェッジで1mに寄せてパー。

 7番は左ドッグレッグパー4。4アイアンでフェアウェイ、2打目105y、50度でギリギリ。強めに狙うも振り遅れて右バンカー。PWで打つべきだった。バンカーからは乗っただけ、2パットボギー。

 8番は右ドッグレッグパー4。ドライバーは左ラフ、2打目155y,フライヤーを計算して8アイアンを持つも掛からず、花道からのアプローチはトップ!するも長いパットが入ってパー。ラッキー。

 前半最終9番は左ドッグレッグ打ち上げのパー5。ティショットは低い左引掛け、2打目ユーティリティで残り110yまで、3打目ピン奥、PWのコントロールショットでうまく打てたと思ったら奥へこぼれて法面へ。1mに寄せるもこれを引っ掛けてボギー。悔しいけど実力だ。


 後半は西コース。

 1番短くまっすぐのパー5。ティショット左引掛けでラフ、2打目7Wもラフに食われて左へ飛び、カート道左のラフ。そこから花道狙いで8アイアンの転がし、なんとか乗ってなんとか2パットでパー。

 2番短いパー4、これも引掛けて左バンカー。2打目は55yのバンカー、思い切りダフって出ただけ。3打目PWの転がしはヘッドアップしてビリヤードのマッセショットみたいになり、2段グリーンの下に。ボギーやむなし、と思ったらこのパットがドカン!と音を立てて入る。超ラッキーパー。

 3番パー4、ティショッはまたしても引っ掛け左ラフ。2打目8アイアン、超当たり損ないもグリーン右端になんとか乗ってくれて2パットパー。

 4番距離の長い(190y)パー3。ピンは右サイド、バンカーの上。定石通り、4アイアンでグリーンセンター狙い。でそのままセンターにオン。上って下るむちゃくちゃ重い8mを打ちきれず、3mもショートさせて3パットボギー。

 5番は右ドッグレッグやや打ち上げ、見た目より距離の残りやすいパー4。 ティショット会心、2打目フェアウェイから7アイアン、ちょっと右へ出るも手前の傾斜でピンに寄る。3mのバーディパットは読み間違ってパー。

 6番、元々パー5だったパー4(360yぐらい)。西最難関ホール。ティショットはまた左引掛けで200yちょい。2打目残り165y打ち上げ、5アイアンがこの日最高の手応えでピン手前8mにオン、ファーストパットを3mオーバーさせるもこれをなんとか入れてパー。

 7番、池越えの短いパー3。110y.PWで加減しすぎて8mショート、2パットパー。

 ここまでいい感じで来て、いよいよあと2つ。1つバーディが来れば後半パープレー

 8番はすごく短い(323y)打ち下ろしのパー4。4アイアンで完璧なティショット!と思ったらフェアウェイ真ん中なのにラフ。しかもティフトンにぼそっと沈んでる。コースレイアウトにはラフが途中にある(フェアウェイが分断されてる)なんて書いてない!ちゃんと書いとけよ。必死でPWを振り、なんとかピン奥10mに付ける。で、これが下りのはずなのにザザザと止まって3mもショート。3パットボギー。コースの嘘のせいで叩いたボギーと言えよう。

 最終ホールはまた左ドッグレッグ打ちあげのパー5。ティショット引っ掛け(こればっかり)左ラフ、2打目ユーティリティで残り100y地点へ、3打目50度のウェッジショット、ちょっとだけ緩んで長いパットが残る。またしても打ちきれず、お約束の3パット。

 というわけで。

seiseki20181011.jpg

 距離が5909y(スコアカードより)と相当短いとはいえ、久しぶりの70台。わーい。特に後半の西コースは9ホール中8ホールでパーオン。でもラッキーがいっぱいあったからね。

 3パットは3つ。イバコクのグリーンは10歩ぐらいの距離でも下って上って下りとか、下りなのに逆目だと7ftぐらいだとか、上り逆目だと5ftぐらいの重さとか、マウンドの頂点に切られたカップとか、10m離れたらほぼ間違いなくマウンド越えになるとか、とにかくグリーンが意地悪なので3パットの2つや3つは仕方ないのかも。

 セルフプレーだったから余計だけど、キャディさんが付いてくれたとしても言われた通りに打てなかった(え、下りなのにそんなにしっかり打っていいの?とか)可能性が高い。


 ポジティブに振り抜くとミスショットでも前へ前へ行ってくれる(気がする)。ポジティブにバーディを狙って攻めるとミスしても悔いがない。バーディ逃しのパーが多いとメンタルが楽。今後もポジティブに攻めていきたい。
posted by hiro at 18:34| Comment(0) | ラウンド