2018年08月03日

第245回一八会@奈良柳生CC


 昨日は大阪から1時間、奈良の山中にある奈良柳生CCへ。山の上だから日陰に吹く風は少し涼しかったけれど、気温の方は相変わらず気が狂ったような数字を叩き出していた。

2018-08-02.jpg

 奈良柳生はフェアウェイが結構ふかふかで、アイアンショットがうまくなったような錯覚をさせてくれるので好きなコースだ。でも、そのぶんラフがきつく、私のレベルではフライヤーするどころか2割ほど飛距離が落ちる。

 そんな中でのラウンドで、1つ「はじめて」の事があった。それは、アルバトロス・・・ではもちろんなく、池ポチャ3連発・・・・でもなく、5連続トリプルボギー・・でもなく、9連続チャックリ・・・でもなく(近いのは昔あったけど)、3連続バーディ。その3ホールだけアイアンがキレッキレだったんだよね珍しく。

 まあその直前に3連続3パットしたりしてんだけど。




 インからスタート。本当はアウトスタートだったんだけど、風が吹くアウトのほうが涼しいということで朝の涼しいうちにインを回らせてもらえることになった。

 出だしからまたしてもドライバーが全然ダメで、チョロか低い引掛けのどちらかしか出ない。途中でまたスイングプレーンがフラットになってる事に気づいて調整し、やっとマシになったけど、それまではひどい状態だった。

 10番はグリーン周りからアプローチを2回トップしていきなり往復ビンタでダボ。中途半端な距離の不安がいきなり出た。

 11番はティショットが木の後ろ、2打目をレイアップしたおかげで3打目フルショットの距離が残りパーオン2パットパー。

 12番は打ち下ろしで短め・狭めのパー4。ティショット右法面の木の下、2打目は横に出すだけ、3打目PWは当たり損ないでバンカーに。バンカーから奥5mに、これが入ってくれて得意のダボオン1パットボギー。

 13番は名物の左ドッグレッグパー4。ティショット4Wがチョロ。2打目グリーンまで180y池超え、ミドルアイアンで打つ自信がなかったのでユーティリティ。グリーン奥にこぼれるが想定内。アプローチは下りの逆目で突っ込めず、2パットボギー。

 14番は145y、何の変哲もないパー3。左のピンに対し右端にオン。8アイアンだからナチュラルにフックすると思ってグリーンセンター狙ったのに、「意識的にフックさせようと思って」手か上半身が先行してしまったと思われる。フックを打とうと意識するとスライスするという、自分に才能がないことを証明するようなショット。3パットボギー。

 15番はやや眺め、インで一番難しいホール。ティショットはまたしてもチョロに近いトップ、左ラフ。2打目残り190y、ユーティリティで狙うもラフに負けて右手前。3打目残り60y、ピン奥にオン、2パットボギー。

 16番池超えパー3。この日は165yアゲンスト。6アイアンでフルショットか5アイアンでコンフォータブルショットか迷ってるうちに風が強くなってきたので5番をチョイス。ピン左手前にオン、2パットパー。大きめのクラブで余裕を持ってショットっていうのがいいみたい。ケースバイケースだけど。

 17番、やっとドライバーの打ち方を思い出してフェアウェイ左サイド。ライナーだったけど240yぐらい。2打目またしても8番と9番で迷って8番で。上に同じ。ピンハイにオン、2パットパー。

 18番右ドッグレッグのパー5。ティショットはやっと普通の当たり。2打目の4Wは盛大にダフるもウェッジの距離まで。ピン上5mにオン、ファーストパットを2mオーバーさせるもなんとか沈めてパー。

 出だし5ホールで5オーバー、残り4ホールで1オーバー。尻上がりに調子が良くなるのはいいね。


 さて後半。1番は無難にユーティリティの寄せワンパー。

 2番パー5。ティショット、2打目とも完璧で3打目は残り70y、2段グリーンの上、ウェッジフルショットの距離。打つ前、何となく超ダフるイメージが出てしまって、そのまま打ったら超トップしてグリーン奥、左足下がりの法面へ。ワンクッションしか方法がなく、2段グリーンの手前に4オン、しかも3パットでダボ。もったいなさすぎてオバケが出そうだ。

 3番パー4もティショット・2打目とも良かったのに1mのパーパットを外して3パットボギー。連続3パット。

 4番はやや打ちおろし、150yパー3。ティショットはまた悪い癖が出て上体が突っ込み、手が遅れてプッシュスライス。右のバンカーへ。砂が薄いのできさいちCCで覚えた「秘技・薄砂バンカーショット」で脱出しようと思ったらそこが思った以上に柔らかくて出せず。3打目で脱出、で、8mからまた3パット。トリプルボギー&3連続3パット。




 ここで私は密かに思った。「よし、こうなったら3連続1パット、3連続バーディだ」と。しかしすぐその思いを取消した。「そんな事できるわけないし願望でゴルフしたらもっと酷くなるのがオチだから、やっぱり落ち着いていこう」と。



 5番は左ドッグレッグ、やや距離のある(でも白からだったら360y弱)のパー4。HDCP1。ティショット右ラフ、2打目深いラフから140y、8アイアンはラフに負けて右手前のバンカー横。ライはベアグラウンドっていうか砂まみれの裸地。3年前までなら10回打って100回失敗するライだ。ユーティリティで転がすには距離がありすぎるし途中にラフもある。腹をくくってマジックムーブでアプローチ。フェースに乗っかる感触キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!でピンハイ1mに。

 ここから3パットしたらもうシャレにならないな、と思いつつ打つ。コロン。1パットパー。そしてここから奇跡が始まった。

 6番、距離の短い打ち下ろしのパー4。ティショットは左サイドに、バンカーを越え、きつい左足下がり&つま先下がりのライ。幸い残りは100yで、ラフに浮いてるで花道を狙ってウェッジのコンパクトショット。フェースの上っ面に当たるも、何とか花道方向へ。するとランが20y以上出て、ピンをかすめて奥2mに。気合を入れてパット、バーディ!

 7番は池超えのパー3、165yアゲンスト。6番と5番で迷い、グリーンセンター狙いで5番。突っ込まないことだけを意識して頭をしっかり残して・・・いい感触。ピン右奥6mにオン。下りの右へ曲がるライン、キャディさんのつっちゃっん(土田さん)の言う通り打つ。ラインに乗る。入った。連続バーディ。

 8番はやや左ドッグレッグのパー5。ティショットは力みすぎたのか、絵に描いたようなチーピン!何とかOBを免れる。2打目ユーティリティでフック。無理せず方向重視で。残り170y地点まで。3打目、5アイアン。肩の力を抜いて、頭を残して・・とこれがもう我ながら完璧な感触に弾道に方向。ピンに重なってオン。グリーンに近づくとピン奥80cmに。慎重に沈め、みんゴルでしかしたことのなかった3連続バーディ。

 バーディなんて普段絶対に狙わないし出たら純粋にラッキーと思ってる私が3連続なんて。なんだかね。でも、バーディってアイアンで取るものなんだね。そりゃあ私には縁がないはずだわ。


 さて、ここで気が抜けて最終ホールでトリプルボギー・・・てなことになったら元も子もない。4連続狙うぐらいの気持ちで行こう。9番376yパー4。ティショットまあまあ、2打目は120y、右サイドのピン。9アイアンでグリーンセンターを狙うも右へ。結果的にピン奥4mにオン。バーディパットは強すぎて上を通過。オーバーさせたから良しとしよう。返しの1.2mドキドキだったけど。

 というわけで。

seiseki20180802.jpg

 バーディ3つあって80切れてないっていうのもアレだけど、まあ上がりを除くとボギーペースぐらいの内容だったので十分ですな。


 まあこんな事、今後二度とないと思うのでちょっとはしゃがせていただきました。お許しあれ。
posted by hiro at 19:05| Comment(0) | ラウンド