2018年08月18日

一週間休みます


 一昨日のラウンドで一番良いショットは前進4打からの6アイアンのレイアップだった編者です。何のストレスもなく打てたなあ、あのショット。


 というわけで、あまりのヘタさ、進歩のなさにほとほと呆れ果てた私は、明日から1週間ばかりバカンス自分を見つめ直し、本当の自分のゴルフを探すための夏休み旅に出ます。

 自分のゴルフ探しの旅はゴルフを始めてから1000回ぐらい出ていますが、未だに見つけることができていません。そう簡単には見つからないでしょう。でも、それでも探さずには要られません。

 自分のゴルフはどこにあるのか。練習場にあるのか、コースにあるのか、アメリカ領グアムにあるのか。はたまた、結果にコミットしてくれるあそこにあるのか?ひょっとしたら現世ではなく、三途の川という名のクリークの向こう岸にあるのかもしれません。



 「自分のゴルフはどこかにあるものじゃない、自分で作り出すものだよ」という人もいます。だとすれば、単に努力が足りないだけでしょう。練習が足りないだけでしょう。

 現に、一昨日ご一緒させてもらった、ホームコースの代表選手も務められたO嶋さんは私ぐらいの年齢の時、「月曜日は完全休養、火曜日は1日練習場にいて、水曜日はアプローチだけ数百球、木曜日はラウンド、金曜日もアプローチだけ数百球、土曜日に仕事をして、日曜日は競技か試合か練習ラウンド」

という生活を何年も続けていたそうです。もちろん恵まれた環境にいたからこその日常ですが、やはりインターの選手代表やクラブチャンピオン複数回取るためには、週6回クラブを握るなど当たり前だったのでしょう。

 やはりそれぐらい努力をしてはじめて、「自分のゴルフ」ということが言えるようになるのでしょう。そう、こうやってアホな文章を書いてる隙があるなら1球でも球を打て。そういう事なのですね。

 O嶋さんと同じ1週間は過ごせないけれど、週6回クラブを握ることは可能です。「やっぱり大事なのはアプローチやで」とO嶋さんはおっしゃいました。そう、アプローチの練習ならば、私も毎日でもできる。


 というわけで、週3回のアプローチ練習を自分のノルマとすることをここに宣言し、夏休み旅立ちます。1週間後にお会いしましょう。
posted by hiro at 10:29| Comment(0) | 雑文

2018年08月17日

大乱調?いやヘタなだけです


 はい、偉そうに「ゴルフがわかった。あとは練習するだけ」みたいなことを書いた天罰です。




 ドライバーのチョロはなかった。しかしプッシュスライスかダックフックのどちらか。

 で、ティショットのOB3発(ユーティリティ含む)。

 アイアンのシャ◯クが2発。うち1発がOB。

 アプローチの大きなミスが3個。


 これでパットまで乱調だったら絶対に100叩いてた。絶対にだ。

seiseki201808161.jpg

 えー言い訳はしません。お盆休みのせいか初心者&ビジターが多く大渋滞でフロントラインもバックナインも3時間かかったとか、途中雷が鳴って焦って打ったとか、練習しすぎて体が重かったとか、そんな事は全然関係なく、単にどヘタなだけです。


 えー、どこかで私と会ったら、「ヘタなくせに能書きだけは一人前のhiro」と呼んでください。
posted by hiro at 19:43| Comment(0) | ラウンド

2018年08月15日

815


 8月15日は終戦記念日。お盆の最中ということもあり、少しだけ厳粛な気持ちになる日だ。

 しかし、昭和後期、平成生まれの若者にとっては第二次世界大戦というのは歴史の教科書に載っている「史実」以上の意味を持たないんだよね。でもそれは仕方ない部分があって、我々の世代なら親が終戦後の悲惨さを体験していて、それを直接聞いているのでまだ想像できるんだけど、若者たちはもう3代目であり、当事者とほとんど接することがないんだからね。

 でも、広島と長崎に原爆が落とされて地獄が出現したこと、それ以外にも日本中で市井の人たちが空襲で何十万人も焼き殺されたこと、そしてアメリカはこの戦争犯罪について開き直って(ジャップは虫けらと同じと思ってるのだ、今でも)反省すらしていないことなどは知っていてほしい。原爆だけでなく、戦争そのものの悲惨さは語り継がれていくべきことなのだ。

 まあ、だからと言って共◯党や立憲◯主党のように「何がなんでも戦争反対!」「九条保持!」「自衛隊は軍隊!」とは思わないけどね。核の悲劇を繰り返さないために核を持つという考え方もありうると思うし、自衛隊は無くてはならない存在だし、憲法は改正すべきだと思うし。




 さて、堅苦しい話は置いといて、ゴルフの話に戻ろう。

 お盆休みは11日から今日までずっと半日で仕事を終わらせていたので、ずっとゴルフ三昧だった。11日に薄暮、12日は練習、13日にまた薄暮、14日の昨日は練習。4日連続ミルフィーユ的にクラブを握っていた。今日はさすがに休む予定だけど。

 で、薄暮と練習を交互に行って色々なことにまた気づいたので、忘れないよう書き記しておく。と言ってもまた同じことの繰り返しなんだけどね。


・グリップがおかしくなってた

 5月下旬に右手を怪我して以来、ドライバーがずっとボロボロで、低いフックかチーピンしか出なかったんだけどその理由が分かった。右手をかばうあまり、右手がパームグリップつまり下から握る形になっていたのだ。

 最近になってやっと九割ぐらい治癒してきたので、もう一度見直して右手をフィンガーに握ってみたところ、そこそこキチンと当たってくれるようになった。


・スエイしたらやっぱりだめ

 私の昔からの悪癖で、スイング始動時に頭半個分ぐらい右へ移動してからクラブを上げるというのがある。今まで何度も指摘されて治そうとしたのだが、長年染み付いたものでなかなか治らないんだよね。

 で、もう一回それに気をつけて、始動をゆっくりにすると同時にスエイしないように振ってみると、やっぱりキチンと当たる確率が明らかに上がる。特にアイアン。本気で治そうクレアラシル。


・遠くへ上げていく

 バックスイング、特にハーフウェイバックで、ついクラブを「ひょい」と上げてしまうと上半身と下半身に捻転差もできないし締りがなくなるし左手も伸びないし肩も回らない。

 つまり逆に言えば、ハーフウェイバックでグリップを体から遠くへ上げるようにすると捻転差もできるし体幹にいい張りが生まれるし左腕もしっかり伸びるしもちろん肩もよく回るし、つまり正しいスイングができる準備がきっちりできることになる。これによりとくにアプローチなどのコントロールショットの精度が確実に良くなる。

 昔、アプローチを診てもらっていた時、ある人に「今のはバックスイングを上げた瞬間にミスするとわかりましたよ」と言われたことがあるんだけど、きっとこの事だったんだろう。やっと分かった。


・ゆっくり振るとは

 西武のホームランバッター、おかわりくんこと中村 剛也。彼が昔ボールを遠くへ飛ばす秘訣として「ゆっくりスイングする」という事を言っていた。最初にそれを聞いた時は「打ち急がないよう、ためを作ることなんだろうな」と思ったんだけど、その具体的な意味(ゴルフに応用する場合の)として、切り返しで体(下半身あるいは腰)が先行するそのわずかな時間、上半身(=腕)はその場で留まらなければならない。そのとどまる一瞬の間が「ゆっくり」なのではないかなと。

 人によってイメージが違うと思うけど、トップ位置からいきなり加速するのではなく、じわっと下ろすというか徐々に加速するというか最初は自然落下させるというか逆に脱力するというか、つまり腕は「加速させる」のではなく「加速される」あるいは「結果的に加速してしまう」というイメージなんだろう。


・ヘッドアップしないという言葉のほんとうの意味

 ボールを見続ける(正確にはボールにあった位置を見続ける)というのは、インパクトまでずっと球を見てないと芯にきちんと当たりませんよ、という意味ではなかった。ではどういう意味か。

 インパクトまでではなく、フォロースルーまで頭を残すことがヘッドアップしないの本当の意味だ。そしてその理由は、クラブが抜けるスペースを作るため。もっと言えば、クラブが加速する体の形をキープするため。別の言い方をすれば、上半身が突っ込まないようにするため。さらには前傾姿勢を保つため。

 これによってインパクト時にヘッドがアドレスの位置に戻ってくる精度が全然違ってくるし、スイングスピードも上がるしプレーンも安定するし、これこそが上級者と中級者を分ける最大の鍵のような気もする。

 でも難しいんだよねえこれ。あんまり意識しすぎたら腰を切るのを忘れてむち打ちになるぐらいダフったりするし。腰を切りながら頭を残すというのはすごくアクロバティックな動きだしね。体幹の筋肉もいるし。



 というわけで、この5つをキチンと守ればドライバーのチョロはなくなる(は?そんなレベル低い話やったの?いや、最近ほんとにチョロ多発してたんだよね)と思われる。でも、守るためには練習あるのみ。わかるだけで打てるようになったら苦労しないんだけどね。
posted by hiro at 12:45| Comment(0) | 目から鱗(開眼)