2018年06月13日

HDCPと平均スコアと出来事


 ふと思いついて、18年前(はじめてHDCPをもらった年。まだ30歳台だった・・・遠い目)からのHDCP推移と平均スコア、そしてその時々にあった出来事をまとめてみた。HDCPはY軸の左側の数字、平均スコアは同じく右側の数字で表す。

 そのグラフに、数字の大きな変化があった年の出来事(赤数字)を重ねてみた。

hdcp_score1.gif

2000年 会員権購入・月2ペースでラウンド・・・・1

2001年 週1でラウンドするようになる・・・・2

2002年 レッスンプロに習う・・・・3

2003年 腰を痛める

2004年 ほとんどのクラブを買い換える(パート1)・・・・4

2005年 GDO選手権、パブ戦などに挑戦。

2006年 ドライバーのチーピンに悩む

2008年 アプローチ恐怖症発症・・・5

2010年 ゴルフ肘

2011年 アプローチ恐怖症がひどくなる

2012年 チッパーでチャックリするようになる

2013年 Nプロのレッスンを受ける。ほとんどのクラブを買い換える(パート2)・・・・6

2015年 クラブ競技に出はじめる・・・・7

2017年 1yのアプローチ練習でやっとアプローチ恐怖症が治りだす・・・8



 HDCPと平均スコアにわかりやすい相関性が出てくると思ってたんだけど・・・・ぜんぜん違うよね。半年に1回の改正なので、半年分ずれるのはよく分かるんだけど。2008年から2010年と、2013年から2015年は平均スコアはどんどん悪くなってるのにHDCPはどんどん下がってるし。

 クラブハンデならHDCP委員がいろいろいじれるので(例えば月例に優勝しないとハンデが下がらないとか)平均スコアと乖離が出てもおかしくないけど、2014年1月まではJGAの認定書、同年7月からはJGA/USGAハンデキャップインデックスという名前で出てるのでクラブハンデではないことは明らかだ。

 おそらく、平均スコアの場合は大叩きのスコアがいくつかあれば平均は上がるけど、HDCPにその大叩きは反映されないから、乖離のある時期はスコアの幅が大きかったんだろうね。70台も出るけど100近くも叩いてた、みたいな。

 その証拠に、いい意味でも悪い意味でもスコアが変動しなくなった(90はめったに叩かないけど70台もなかなか出ない)近年、特にクラブ競技に出だした次の年(2016年)からは相関してるもんね。





 最初はHDCPの推移とその時々の出来事を関連付けて考えようと思ってたんだけど、上記の理由から平均スコアと出来事を紐付けるほうが多分わかりやすいと思うので、平均スコアの推移で考えてみる。

 2000年、最初にもらったハンデは17、平均スコアは95。その後1年間、毎週欠かさずラウンドするようになって(それまでは2週間に1度のペース)hdcpは1つしか下がらなかった(16)けど平均スコアは80台(89.4)まで下がった。

 自己流に限界を感じ、翌2002年からシニアプロにマンツーマンでレッスンを受ける。その結果、平均スコアは1.6下がって87.8へ。

 2003年は練習しすぎたせいか腰を痛めたりして足踏み。しかし2004年、平均スコアははじめて85を切り(84.6)、HDCPも13に。ドライバーからアイアン、ウェッジまでクラブを総とっかえしたのが良かったのか?よくわからない。

 2005年、2006年と足踏みが続くが、2006年になぜか分からないままいきなりHDCPが8になる。その翌年の2007年、平均スコアはついに83.6と第一次黄金期を迎えるのだが、そのスコアは砂上の楼閣であった。

 翌2008年あたりからアプローチに苦手意識が出はじめ、その後ほぼ10年にわたってイップスのような症状(アプローチの打ち方がわからない、構えたときにうまく打てる気がまったくしない、実際に99%以上ミスショット)に苦しむことになる。一番酷い時はチッパーを入れ、必死に中途半端な距離を残さないようにしたが最後にはもう開き直ってたな。

 そんな中、2013年に一時的に84を切る(83.7)。前年度は87.7だったから4ストロークも良くなってるんだけど、この年は近所の練習場で久しぶりにレッスンプロに教えてもらった事が良かったのかもしれない。

 それ以外では、この年もアイアンセット(9年ぶり)・ドライバー(ツアーチャンプ)を買い替えてるんだよね。この2つは今も使ってる。クラブが良かったのもあるけど、クラブを変えると練習する頻度が増えるっていうのも良かった理由かも。

 2015年、アプローチイップスのまま会員権を書い直し、クラブ競技に出だす。アプローチは相変わらずダメだったけど、誤魔化しながら。

 そして2017年、やっとアプローチに僅かな光が差し込みはじめ、苦手意識が少しづつ払拭されてきた。スコアも安定し、HDCPも安定しだした。



 しかし改めてグラフを見直してみると波乱万丈だよなあ。特にアプローチイップスによる失われた10年は大きいわ。あと、クラブを買い換えるタイミングで成績が急激に良くなってる。ということは、あと100回ぐらい買い替えたら日本アマぐらいは出れるかも(なわけはない)。
posted by hiro at 12:23| Comment(0) | スタッツ