2018年06月30日

ワールドカップ日本代表と片山晋呉続報


 最近スポーツ界の話題がかしましい。

 日大アメフト部はスポーツを権力や金儲けの道具に使うという、一番恥ずべき行為がなされた結果。ただただ学生が可哀想。首謀者どもは永久追放されて死ぬまで反省してほしい。



 レスリングのパワハラ問題も同じ。「正しいか正しくないか」よりも「偉いか偉くないか」を優先するという本末転倒ぶりがもう典型例すぎて「ふーん、で?」という感想しか出ない。あと、協会よ、お前らも加害者だから。ちなみに一番のゲスは志學館大学の谷岡郁子な。



 で、ちょっと毛色は違うけどワールドカップ日本代表のポーランド戦の戦術について。あんまりサッカーは興味ないし知識もないので偉そうなことは言えないけど、一つだけはっきりしてることは、今回の「逃げの戦術」を批判してるヤツは、もし日本が引き分けや勝ちを狙って積極的に戦い、その結果逆転されたら、今と同じぐらい、いや今以上に批判するに決まってる。つまりどっちに転んでも批判するアホが騒いでるだけ。

 ルールを破ってるわけでもないし、よくある戦術じゃないの?あの時点でもし引き分けだったら批判しないだろ?リスクはあるが、決勝に残れる一番確率の高い方法を選択しただけだろ。ブーイングを甘んじて受けた監督と選手の勇気を称えるべき。



 で、片山晋呉である。詳細がやっと伝わってきた。

 全員がグリーンに乗り、ゲストがまだプレー中、つまりパットをしている最中に同じグリーンでパットの練習を始めた。これだけでもう同伴競技者を思いきりバカにしてる行為だよね。ゲストは虫けらと思ってるんだろう。練習するなとは言わないけど、せめて全員がホールアウトしてからだろ。

 そりゃあ怒って帰る気持ちはわかる。こんな無礼なやつとラウンドする気になんてなれないもん。こんな行為が許されるのならゴルフのマナーや危険防止という概念が根本から覆されることになる。

 で、もっと酷いのは「プロアマはこうあるべきだ、ということを20年間で教わらずにきてしまった」と開き直って責任転換していること。おいおいおい、お前は幼稚園児か?そんな事、常識以前の問題だろと。教わるようなことじゃないだろうと。

 お前は自分がプレー中に同伴競技者が横で練習しても何とも思わんのかと。逆にプロならそれが許されると思ってるのかと。そんなゴルフは地球上、いや銀河系にすら存在しない。もう開いた口が塞がらないとはこのことだ。

wakaranai.jpg

 こんな感じ。

 制裁金30万円と厳重注意処分ってのも軽すぎると思う。片山にとっての30万円なんて一般庶民の数万円、ヘタすると数千円だ。厳重注意処分なんて出世が関係ないスポーツ選手にとっては無いも同然。つまり処分した「体(てい)」だけってことだよね。

 青木さん、ここは500万円ぐらいの制裁金と1ヶ月でも良いから出場停止処分を出してほしかった。それぐらいの本気を見せてほしかった。


 本人は参戦を自粛するみたいだけど、あの記者会見を見てたら全然反省してないどころか自分がなぜここ(会見場)にいるのか、なぜ謝らないといけないのかが全然解っていないようだったので、復帰したらまた同じようなことをするに違いない。っていうか、もう片山をプロアマに出さないに違いない。



 そう、日大アメフト部の監督もコーチも、栄氏も谷岡も、片山晋呉も青木会長も、みーんな反省なんてこれっぽっちもしていないのだ。だって、自分たちがクソみたいなことをしてるって全然気がついてないし、事実悪いなんて思ってないんだもん。
posted by hiro at 19:58| Comment(0) | 毒舌

2018年06月29日

第51回GB月例@交野CC


 仲間内の競技も51回目。今回は交野CC。O谷先輩のホームコースである。

 今回はチョロしてもいいから、トップでボールが見えなくなるぐらい肩を回すを目標にラウンドすることにした。あと、ティショットを狙いにくいホールも多い交野CCだけど、1ホールを除き全てドライバーで。

 そのドライバーは引っ掛け気味だったけど、2ホールを除き全部フックだった。良いのか悪いのかわかんないけど。チョロはしなかった。

 アイアンはまあまあだけど一緒に回ったK嶋さんから「球を上げようとしてる」とまた指摘が。この悪癖もう一生治んないんだろうなあ。でもこれが治らない限りは一生下手っぴだしなあ。

 アプローチは1発酷いのがあったけど、可もなく不可もなく。

 パットは・・・グリーンがエアレーション後の砂がたっぷり入ってて、その砂の落ち着き具合がホールに寄って微妙に違うので最後まで距離感がつかめなかった。でも大阪GCメンバーのT橋さんはきちんと距離合わせてたしなあ。

 というわけで。

seiseki201806281.jpg

 11番は短いけどティショットが難しいホール。いつもは刻むけど今日はドライバー。アホほど飛んで2打目が75yとちょうどウェッジフルショットの距離。うまく打てて50cmに。ドライバーの勇気で取れたバーディ。珍しい。

 18番は打ち下ろしのパー5、ティショットはフェアウェイ右サイド、残り230y地点まで。2打目、4Wでグリーン手前バンカー、バンカーから2mに付いてバーディ。こっちも思いきって振って飛距離が出たのがバーディにつながった。

 ハーフ2バーディは半年に1回の珍事。

 後半は距離の短いパー4が続く。7番まではミスしながらもすごくいい感じでラウンドできたんだけど・・・





 8番、フェアウェイ右サイドに池のある打ち下ろしのパー4。

2016-11-17 10.16.43.jpg

 レギュラーティからだと220yで池は超える。っていうか、今日の調子であれば普通に当たれば超える(打ち下ろしだしね)し、池からフックすれば普通にフェアウェイをキープできる、なんてこと無いホールのはずだった。だから、普通に打つべきだった。フックが強かったり引っ掛けたりして左ラフでも良いや、と思って。

 なのに、池の一番向こうにみんなが驚くようなビッグドライブをぶっ放してやるぜ!!と考えてしかも短く持つのも忘れて思い切り力んでアホみたいに振ってプッシュスライス2連発OB。








 お前は何と戦っているんだ。

 お前は「ドライバー力まないと死ぬ」病か。

 お前は同伴競技者に「すごいなー」キャディさんに「あそこ超える人なかなかいませんよ」と言われたい病か。

 っていうか、なぜそこまで池を意識する必要がある。

 50もとっくに過ぎたのにそのいちびった性格、どうにかならんのか。

 どこが超ディフェンス形ゴルフなの?

 ちょっと前半ドライバーが何発か当たっただけで、そこまでいい気になれるのは逆にすごいですな。



 こういうバカをするから、意識して自分を律しないといけないんだよなあ。
posted by hiro at 18:32| Comment(0) | GB月例

2018年06月27日

緩まないように振り抜くために大事なこと


 シャ●クのイメージを払拭するため、昨日も練習に。

 幸い、100球打ってシャ●クは1発だけだった。ホッとする。つまり日替わりでたまたまシャ●クするような動きになってる時があるってことだ。スイングの根本的な欠陥でなくてよかった。


一昨日は「緩まないように振り抜くために思いっきり振る!」と考えて振ってシャ●ク連発したので、昨日は「◯◯したら結果的に緩まないように振り抜けた」とアプローチを180度替えてみることにした。



 で、本当に大事なことは4つ。あとは割とどうでもいい。

1,重心を落としてどっしり構える。つまり下半身が暴れないように。

2,クラブを短く持つ。身長低いし、ミート率が全然変わってくる。今平周吾のイメージ。


imahira.jpg

3,あれこれ考えず、構えたらすぐ打つ。K嶋さんより早打ちを目指すのだ。

 そして一番大事なこと。いままで1024回書いてるけど。

4,トップでボールが見えなくなるぐらい肩を回す

 これさえしていたらシャンクも出ないし思い切り振り抜ける。ただ、高い確率でダフったりチョロしたりするけど、そんなことはシャンクやスイングが緩むことと比べたら何てことないのである。


 まあ、頭でっかちは程々に、シンプルにスイングしなさいってこった。
posted by hiro at 17:43| Comment(0) | 目から鱗(開眼)