2018年05月09日

トム・ワトソンから小田孔明へ


 思うところあって、小田孔明のスイングを目指すことにした。話せば長くなるのだが、

ネットサーフィン(死後)→マーク金井氏のウェブ→最近フレループ(1)っていう練習器具を推してる→ググる→17000円もする→そんなの買えねえ→先日のGB月例でN谷くんが持ってた→借りて振ってみた→マーク金井氏が言うように左手の回旋がポイントだな→それを意識したスイングをしてみよう→体が開くと間に合わない→腰は切るけど上半身はそのままで右サイドで左手回旋だ→ゆっくりしたスイングテンポだとイメージできない→じゃあもっと速いテンポで打ってみよう→いいじゃん→あれ、これ誰かのスイングに似てる→小田孔明だ(2)

という流れである。

注1
maxresdefault.jpg

注2
show_img1.jpg
(編者にちょっと似てるような気もする)


 ちなみにフレループはある人のツテで何割引きかで買えることになった。それでも高いけど、この左手回旋をマスターすればけっこう私のスイングに大変換というかコペルニクス的転回というか産業革命というかビッグバンというか、いわゆるパラダイムシフトが起こりそうな気がしないでもない

 ちなみに私は今まで大変換を3回、コペルニクス的転回を7回、産業革命とIT革命を2回づつ、ビッグバンを1回、そしてパラダイムシフトを811回起こしている。

 しかし、私のスイングや腕前が画期的に変わったという人は1人しかいない。
posted by hiro at 11:17| Comment(2) | 目から鱗(開眼)