2018年03月06日

パー5のOB率


 昨日の日記とちょっと関連してる話。


 パー5で大叩きすることが多い。初心者みたいだけど。

 私の場合、パー5でよくあるミスはごく限られていて、ティショットのOB、セカンド(フェアウェイウッド)の大ダフリ、ショートアイアンでグリーンを外す、アプローチが寄らない、そして4パットぐらいである。

 その中でも深刻なのがOBで、2オンするわけでもないのにドライバーでリキんでしまい、思い切り左からのフックでコース外へ、という球。打ち下ろしになると特に顕著だ。分かってるんだったら工夫すればいいのにいつも同じ過ちを繰り返してしまう。アホだ。


 で、どれだけパー5でOB を打ってるか勘定してみた。まずはOBについての基礎データ。

 去年65ラウンド中、OB数は60発(92%)。

 1ラウンドに2発以上が17回(26%)、4ラウンドに1回。(ただしコンペや月例になるとその確率が30%に上がる)

 一番ひどかったのはベニーCCの5発/ラウンド。

 OBが無かったのは21ラウンド(32%)。3回に1回。

 ホームコースでのOB率と他のコースのOB率に差はない。



 OB60発か・・・最大で5ダース、ボールを回収できることもあるので4ダースぐらいは無くしてるってことか。金額にすると・・・・考えないようにしよう。



 さて次にホール毎のOB数。全部調べるのは大変なので、ホームコース(36回、38ラウンド/去年1年)に限ってパー3、パー4、パー5のOB率を調べてみた。

 パー3 9個/152ホール 6%

 パー4 16個/380ホール 4.2%

 パー5 13個/152ホール 8.6%


 予想はしてたけど、やっぱり・・・・orz。パー5のOB率はパー4の2倍以上。ひどいねー。なにげにパー3も多いんだけど、うちのホームコースには200yを超えるパー3が2つあり、2つとも打ちおろしでしかも左がアウトなので出やすいんだよね。だからこれには目をつぶっていただくとして。


 しかしパー5の11回に1回はOB。しかもホームコースで。あかんね。3ラウンドに1回はパー5でOB打ってる計算になる。そう考えると一見少なそうだけど、上に書いたように競技やコンペになると数字さらにあがるし、他のホールでも打ってるんだからね。せめてパー4並みにしたいよね。


 ホームコースの場合、特に多いのが松の4番と竹の8番なんだけど、ここはフェアウェイウッドで打とうかな。いやいや、昨日書いたとおり、怖い左を向きその左から右へ曲がる球を打つのだ。

 とにかく今年はこれをしっかり意識して、パー5のストローク数を減らしていきたいと思った。
posted by hiro at 12:33| Comment(0) | スタッツ