2018年03月05日

持ち球で攻めてみる


 先日久しぶりに練習に行ったんだけど、右や左へとっちらかる、いやそもそもまともに芯に当たらないドライバーショットに嫌気がさし、もっとストレスなく気楽にドライバーを打てないかと考えてみた。

 まず最初に考えたのは「短くもってこつこつ当てていく」という方法。まあまあいいんだけど、たまに思い切り引っ掛ける球が出るのと、「こつこつ当てていく」ばっかりしてたらどんどん振れなくなる&スイングが小さくなる&フラストレーションが溜まる。だから常用はできない。



 多少当たりは悪くても気持ちよく振れ、しかもOBを減らすためにはどうすればいいか。そう、原点に戻って「持ち球のスライスボールを打つ」しか無いのではないかと。



 元々右へ曲がる球ばっかり打ってて、いつもティグラウンドの右端から左ラフを狙ってた私。それが最近ちょっといい気になって、小賢しくできるだけまっすぐ打とうとか、スライスをフェードに抑えようとか思うからどっちにも曲がるのだ。

 そう、ドライバーはこすり玉でいいじゃないか。スライスでいいじゃないか。こわごわ振ってミスヒットのストレートなら、振り切ってスライスのほうが気持ちいいし男らしい。

 というわけで、意識して体の開きを早め、アウトサイドインの軌跡で、左へ飛び出しめくれるような球を打つことに徹してみた。左へ飛ぶのを怖がるとプッシュスライスが出るけど、思い切って「体を開きつつ左へ振っていく」イメージで打つとなかなかいいスライスボールが打てる。

 何より、打ってて気持ちいい、っていうか振り切れる。うん、格好は悪いしキレイな球ではないけど、これで十分じゃね?


 そして昨日の薄暮で実践練習。

 1番左ラフを狙ってフェードでフェアウェイ左サイド。◯

 3番はプッシュスライスで右ラフ。△

 4番は打ちおろしパー5、左まっすぐでOBギリギリからフェアウェイへ。△

 5番は左ラフからスライスでフェアウェイセンター。◯

 7番はヒール球で少ししか曲がらず、でもフェアアウェイ左サイド。◯

 8番も打ちおろしのパー5、狙い通り飛ぶも右へ帰ってこず(プルストレート)わずかにOB。△

 9番打ち上げ、左バンカーからスライスのイメージで打つもトップめで曲がらずバンカーに。△



 まあやり始めにしてはまあまあだけど、ミスは曲がりきらないのが3個。打ちおろしのパー5では力が入るのか左まっすぐそのままというパターンが多い。思い切って曲げに行かなければ。

 3番のプッシュスライスは左ドッグレッグで左が嫌なので無意識に避けちゃってるんだと思う。コースの見た目に負けてるってやつですな。


 でも、気持ちよく振れるし振れる分ミスヒットでもそこそこ飛んでくれるので、もう当分ドライバーはこれでいいないと思った。ドローなんてもう一生打ちません(いやそもそも打てないじゃん)。
posted by hiro at 11:59| Comment(0) | 目から鱗(開眼)