2018年02月14日

薄暮で悲喜こもごも


 日曜日は仕事の用事があったので、月曜日(振替休日)に薄暮へ。祝日はやはり日曜日に比べると人が少なく、おまけに雪がちらつく寒さとあってか薄暮は私一人。つまり1人で9ホールラウンドしてきた。お陰でよく練習できた(コースの人すいません)。

 この日の課題は、

ドライバー:トップから体先行、腕が一呼吸遅れて降りてくる(鈴木愛のイメージ)

アイアン:右肩が下がらない、前傾姿勢キープ

アプローチ:緩まない


 だった。

 ドライバーは良かったり悪かったり。悪い時はプッシュ気味からスライスしてOB。せめて左へ出てスライスしてくれたらいいんだけど、振り遅れてフェースの先に当たるのでプッシュスライスになるんだよね。フェースがきちんと帰ってきて先に当たった時は右へ出てもちょっと帰ってきてくれるんだけど。

 当たりが悪いとどんどん体に力が入ってきて、余計に振れなくなってくるのも悪い癖だ。冬の間は飛距離気にしたらあきませんな。


 アイアン。ダフリばっかりで、それもとてつもなくひどかった。普通のダフリを1としたらこの日のダフリは1那由他ぐらい。桁が違うどころか仏レベルというか地獄の刑罰期間レベル。

 この、人智を超えたダフリは「意識して前傾姿勢をキープしよう」という邪(よこしま)な考えから来てると思うんだけど、手が悪さしてるのか、体が止まってるのか、右肩が下がってるのか、実際のところはよくわからない。

 こうやってラウンド中におかしくなった時、なぜおかしくなってるのか、そしてどうしたら直せるのか、と言うことが分からないと上級者とはいえないよね。いや、だから上級者と思ってないって。ホントに。自分では「上級者もどき」とか「上級者の革をかぶった羊」だと思ってるし。

 でもたぶん、こうやっておかしくなった時こそ、シンプルなスイングをしないといけないんだろうね。あるいは基本に立ち返るとか。アドレスとグリップをチェックして、力を抜くべきところは抜いて、入れるべき所入れる、みたいな。



 唯一の救いはアプローチ。気楽な薄暮のせいか、だいぶ良かった。私のアプローチは「メンタルが病気でイップスで病み上がり」だから、気楽っていうのがポイントかもね。

 しかもコース練習でしかできない発見もあった。


 普通のアプローチ:緩まないよう、小さめのバックスイングから加速気味に

 日本一簡単なスピンアプローチ(2/7の日記参照):振りに比べて飛ばないので、体の捻転を使ってやや大きめにバックスイング


 これ重要。アプローチは、きちんと打てても距離感がスカタンだったら意味ないもんね。
posted by hiro at 10:45| Comment(0) | アプローチ