2018年02月07日

日本一簡単なスピンアプローチ


 ウェッジショットのバックスピン。

 低く出てスピンでピタッと止まるアプローチ。

 バンカーからスピンを効かせて止める。




 アマチュアが憧れる「三大スピン」である(っていうか、それ以外のスピンはマニアックすぎるんだけどね。ドライバーのスピン量コントロールとか)。

 で、今回は「日本一簡単な、練習も(あんまり)いらない、スピンの効いたアプローチ」を発見したので健忘録的に。ちなみにここでいうアプローチはグリーンすぐ側からの20y以内のアプローチで、ライは普通(ラフではない)とする。




 先日の薄暮、あと数ホールを残して前が詰まってしまった。二打目地点へ向かって走るカートが1台、そしてティグラウンドに1台。単純に計算して12分ぐらいは待つ必要がある。そして後ろの組はまだ来ていない。

 我々はグリーン周りに戻り、軽くアプローチを練習することにした(コースの人ごめんなさい)のだが、そこでふと何気なく、

 ハンドアップしてヒールを浮かせてショートチップをしてみた。

 よく、ハンドアップしてフェースを閉じ、パットのように打つ「パター打ちアプローチ」はやるけれど、このときはそれとは違って、軽くヒールアップはするけど打ち方はショートレンジアプローチと同じ。即ちボール位置は真ん中よりやや後方、フェースはスクエア〜ややオープン。

 すると、下り傾斜なのに全然飛ばない。っていうかランが出ない。変だ。何でだ?いや、ランが出ないんじゃない、これはスピンが思い切り効いてるんだ!と気づいた。

 なぜヒールを浮かせたらスピンが掛かるのか全然理屈は分からない。打点が少しトゥ寄りになるんだろうけど、それが関係してるのかな。


 しかし、ヒールを浮かせるのでミスに強いし、2バウンド目ぐらいでキュッとスピンが効いて1m以内に止まるので距離感も合わせやすい。注意点は緩まないことぐらいかな。とにかく拍子抜けするぐらい簡単に、憧れのスピンが掛かる。気持ちいい。これは手前にピンが切られている時のショートチップで使える!っていうかちょっとカッコイイ。



 もう少し練習して距離感とかボール位置とかフェースの向きを微調整する必要はあると思うけど、これは間違いなく1UP(ワンナップ)だぜ!

1up.jpg

 トゥアーはトバリショー(何となく書いてみたかっただけ)。
posted by hiro at 12:08| Comment(0) | 目から鱗(開眼)