2018年02月02日

また雪でクローズ


 昨日はホームコースで「一八会」というコンペが開催される予定だったんだけど、起きたら雨。で、うちの家よから直線距離でパー5よっつぶんの距離にあり、200yほど標高の高いホームコースでは、雪がガンガン振り積もりかけているということでほぼクローズ確定。

2018-02-01.png

 朝からメンバー10人ほどに連絡を入れ、順延の予約を入れとあたふたとした朝になってしまった。うう、またお預けかよ。週1回しか休みないのに。くくく(笑っているのではなく泣いているのである)。



 というわけで急遽暇になったので、午後から気になっていたグリップ交換へ。いつもの工房まで30分車を走らせる。私よりやや年下の、ゴルフとクラブが大好きなGさんのところである(イニシャルではありません念のため)。

 Gさんには先代の名人がご存命のころからお世話になっていて、全幅の信頼をおいてお任せしている。グリップを替えてもう2年ぐらいになると思うので、全とっかえかなと思っていたのだが、ウェッジを除くアイアンはまだ使えるということでリフレッシュ(紙やすりで軽く削ったあと液体で拭く)してもらったらほぼ新品に。すげえ。

 で、交換したのはドライバー、7W、ユーティリティ、それからウェッジ2本で計5本。

 7Wのグリップを外した時、スチールシャフトの手元が割れているのを発見。うわあシャフト交換か、と思ったんだけど5mmほど亀裂が入っているだけだったのできれいに修復してもらった。こういう所が嬉しいよね。

 で、他にお客さんがいなかったので1時間以上掛けてゆっくり話をしながら作業してもらった。最近の軽くて硬いシャフトの話、最近のドライバーの話、冬のラウンドの話、工房に来るプロ(S原T一)や大阪学院大学のジュニアゴルファーの話、樹脂系グリップの寿命の話など。なかなかディープで面白い裏話で盛り上がる。


 そうこうしているうちに出来上がり、グリップ(ツアーベルベットラバー)は新品+新品同様に。これでまた気持ちよくラウンドできるはずだけど、その肝心のラウンドがいつできるねん!早くラウンドしたいぜ!と思いながら家へ帰ったのであった。
posted by hiro at 19:40| Comment(0) | 雑文