2018年02月20日

ウェザーニューズ VS ヤフー天気


 土曜日、アプリで日曜日の天気予報を見てた。

 これがウェザーニュース。

2018-02-17 221.05.44.png

 で、これがヤフー天気。

2018-02-17 221.07.09.png


 結果は。

2018-02-18 15.50.21.jpg

 結論:ウェザーニュースすげえ。っていうかYahoo天気が・・・
posted by hiro at 20:37| Comment(0) | 雑文

2018年02月16日

久しぶりにゴルフ仲間と、


ホームでラウンド。K嶋さん、K藤くん、ありがとう。

seiseki201702151.jpg

 ティショット(4Wで)のチョロ2発、ボギーオン3パット2つを含め、素ダボが3個、4パットが1つと相変わらず何やってんの俺?いやそれが実力やね、っていう感じ。

 まあアプローチがまあまあ良かったし(大きなミスとチャックリがなかった、寄せワン4個、ダボオン1パットのナイスボギー3個)、微妙な長さ(2〜4m)のパットも2つ決められたから良しとしよう。


 この時期はやっぱり「ショットは高望みしない」これが一番大事かも。なかなか練習に行けない、体も回らない、寒さで力が入る、着膨れする、待ってる間に体が冷える、手が冷えてパットのフィーリングが出ないなど、ミスショットが出る条件がミルフィーユのように重なってるからね。

 チョロしたらボギーでいい、アイアンも1番手上げて軽く打ってグリーン周りに飛べば合格、パットも36パット切れば上出来。で90切れたら良しと(でも本当は85は切りたい、などと思っている)。だってそうでも考えないとゴルフやめたくなるもん。



 ラウンド後、◯も合流して4人でO阪市内の「知る人ぞ知る、しゃぶしゃぶ屋さん」に。K嶋先生が連れて行ってくださったんだけど、しゃぶしゃぶと言っても野菜がたっぷりはいった鍋がメインで、それ以外にも洋食ベースの肉料理、締めの茶そばまでおなかいっぱい堪能。いやあ美味しかった!

 では明日からまた確定申告に戻ります。
posted by hiro at 17:54| Comment(4) | ラウンド

2018年02月14日

薄暮で悲喜こもごも


 日曜日は仕事の用事があったので、月曜日(振替休日)に薄暮へ。祝日はやはり日曜日に比べると人が少なく、おまけに雪がちらつく寒さとあってか薄暮は私一人。つまり1人で9ホールラウンドしてきた。お陰でよく練習できた(コースの人すいません)。

 この日の課題は、

ドライバー:トップから体先行、腕が一呼吸遅れて降りてくる(鈴木愛のイメージ)

アイアン:右肩が下がらない、前傾姿勢キープ

アプローチ:緩まない


 だった。

 ドライバーは良かったり悪かったり。悪い時はプッシュ気味からスライスしてOB。せめて左へ出てスライスしてくれたらいいんだけど、振り遅れてフェースの先に当たるのでプッシュスライスになるんだよね。フェースがきちんと帰ってきて先に当たった時は右へ出てもちょっと帰ってきてくれるんだけど。

 当たりが悪いとどんどん体に力が入ってきて、余計に振れなくなってくるのも悪い癖だ。冬の間は飛距離気にしたらあきませんな。


 アイアン。ダフリばっかりで、それもとてつもなくひどかった。普通のダフリを1としたらこの日のダフリは1那由他ぐらい。桁が違うどころか仏レベルというか地獄の刑罰期間レベル。

 この、人智を超えたダフリは「意識して前傾姿勢をキープしよう」という邪(よこしま)な考えから来てると思うんだけど、手が悪さしてるのか、体が止まってるのか、右肩が下がってるのか、実際のところはよくわからない。

 こうやってラウンド中におかしくなった時、なぜおかしくなってるのか、そしてどうしたら直せるのか、と言うことが分からないと上級者とはいえないよね。いや、だから上級者と思ってないって。ホントに。自分では「上級者もどき」とか「上級者の革をかぶった羊」だと思ってるし。

 でもたぶん、こうやっておかしくなった時こそ、シンプルなスイングをしないといけないんだろうね。あるいは基本に立ち返るとか。アドレスとグリップをチェックして、力を抜くべきところは抜いて、入れるべき所入れる、みたいな。



 唯一の救いはアプローチ。気楽な薄暮のせいか、だいぶ良かった。私のアプローチは「メンタルが病気でイップスで病み上がり」だから、気楽っていうのがポイントかもね。

 しかもコース練習でしかできない発見もあった。


 普通のアプローチ:緩まないよう、小さめのバックスイングから加速気味に

 日本一簡単なスピンアプローチ(2/7の日記参照):振りに比べて飛ばないので、体の捻転を使ってやや大きめにバックスイング


 これ重要。アプローチは、きちんと打てても距離感がスカタンだったら意味ないもんね。
posted by hiro at 10:45| Comment(0) | アプローチ