2017年12月30日

今年の成績・2017年度版


 今年最後の更新はスコアのまとめ。今年は相関関係を軸に考察してみた。


 まずはラウンド数と平均スコアの相関から。
image79.gif

 ラウンド数が増えるとスコアが下がるかといえばそういうわけでもなく。年12回が24回になる、というレベルならもっとはっきり相関性が出るんだろうけど、これぐらいの回数になると同じなんだろうね。つまり今後仮に年100回ラウンドするようになっても150回ラウンドしても同じってことだろう。いや、そんなにできないけど。

 去年と今年はラウンド数が例年より10回ほど増え、平均スコアも下がってるから相関性ありそうだけど、それはたぶん別の理由(後述)。


 次はパット数とスコア。
image80.gif

 これはある程度相関関係があるね。特に後半の5年。でも、1ラウンドの総パット数だからパーオン率とかアプローチとかも絡んでくるし、あくまで参考値かな。ちなみに今年は過去最小パット数を更新(33.2ストローク/ラウンド)。でもパットが上手くなったわけではない。今年からエッジから打つパットをストロークとして数えた(そっちのほうが正しい)り、後述するアプローチが絡んでたりするし。

 去年と今年で、パット数が良くなってるのに平均スコアが微増なのはパーオン率が下がってるからかな。


 そのパーオン率・パーセーブ率とスコアの関係。
image81.gif

 これはきっちりすぎるぐらい相関関係がある。まあ当たり前だけど。2012年はパーオン率、パーセーブ率とも最低で平均スコアも最悪。逆に2008年はパーオン率、パーセーブ率とも最高で平均スコアも一番良かった。この頃はアプローチ恐怖症もなかったし怖いもの知らずだったし何といっても今より9歳も若かったらねぇ(遠い目)。

 次にパーオン率とパーセーブ率だけ抜き出してみる。
image82.gif

 10年間で全然成長してない、いやむしろどんどん下手になってるように見える。ただ、これにははっきりとした理由がある。

 2010年以前のラウンドはほとんど白(フロント)ティ、あとホームコースでは短い(2752y)梅コースを中心に回ってたので、2打目がほとんどウェッジショットみたいな感じだったんだよね。さらに加えてそのホームコースでは、なぜか2008年はB(サブ)グリーン(2587y)ばっかりだったし。

 それが、ここ3〜4年はほとんどレギュラー(青)ティ、しかも長めの松(3370y)や竹(3325y)コース、さらにA(メイン)グリーン。つまりラウンドしてた総ヤーデージ数が全然違ってきてるんだよね。

 一番短い梅松・白ティ・Bグリーンで5594y、コースレートが67.3、スロープレート117。
 一番長い松竹・青ティ・Aグリーンは6695y。コースレートが71.3、スロープレート130。

 これだけ違うともはや別コース。

 あと、去年から今年にかけて、パーオン率が3%ほど下がってるのにパーセーブ率が変わっていない。パーオン率が下がってるのはアイアンが下手になってるのもあるけど、「まあ乗らなくてもいいや」と思ってラウンドしてることも関係あるかもしれないような気がしないでもない。


 さて、このパーオン率とパーセーブ率の差というのは、「寄せワンパー」と「パーオン3パットボギー」の数になるが、3パットボギーのほうがだいぶ数が少ないので、まあほとんど寄せワンの数と考えていいと思う。その数字とスコアを比較したのが下の表。

image83.gif

 2008年の末からアプローチの病気に罹り、それが数字になってるのがはっきり分かる。特に2009年、2014年、そして2015年がひどいね。笑っちゃうぐらいひどい。2015年は精神状態もどん底だったからね。

 で、去年ぐらいからやっとその病気がましになり、寄せワン率が上がると同時に平均スコアも2〜3ストローク良くなった。アプローチが寄るようになり、短いパットが増えた。つまりパット数が減ってるのはアプローチが良くなったせいなんだよね。

 最後にスコアとOB数。
image84.gif

 OB数はショット全体の調子を反映してる部分があるから、きれいな相関関係があるね。2011年をピークに少しづつましになってるけど、やっぱり1ラウンドに1発はある。まあでも、これぐらいは仕方ないのかもね。


 というわけで、今年の更新は終わり。来年もよろしくです。5日に再開予定です。
posted by hiro at 13:13| Comment(0) | 雑文

2017年12月27日

2017年の健忘録


 いよいよ今年もあと5日。ということで今日は年末シリーズ第二弾として今年の健忘録からの抜粋を。すーぐ忘れちゃうからね。赤太字が重要かなと。


スイング全般

・トップで右手(手首)に力が入りすぎてて、シャフトクロス気味になってた。

・テークバックで軽くコックを使い左手親指が指す方向へクラブを上げていき、トップでその親指が飛球線を向く

・スイングの緩みはダウン〜インパクトではなく決めたフィニッシュ位置まで振り抜かないのが原因

・小野東洋のH房くんからのアドバイス「後半疲れてくると右手で叩きに行ってます。だから引っ掛けとかチーピンが出るんです。右手は添えるだけ、左手の振りがメインで振ってみて下さい」

・ヘッドスピードをあげるのに、いくら右手に力を入れても無駄。何故なら右手一本より左手一本で素振りしたほうがヘッドスピードが上がるから。よって、「左手がメイン」で、「右手はあんまり出しゃばらない」という意識のほうが正しいんじゃないかと。

・アドレスで肩がクローズになりがち(左肩がかぶる)なのに気をつける

・バックスイングの途中から下半身はダウンスイングを始めるイメージ。その時、グリッププレッシャーは緩めで。

・ダフるのはグリップに力が入っちゃうのが原因

・スイングテンポは自分が思うより早めのほうがよさげ。でも、トップから打ち急がない(鈴木愛のスイングリズム)

・「ただ単に腕を胸の正面で振る」というイメージは、すごく重要な動きのような気がする

・腕を適度に脱力してヘッドだけを走らせる打ち方が一番飛ぶ。でも、脱力して打とうとするとスイング全体が緩むので難しい。

・スタンス幅を今までよりやや狭くする(アイアンは肩幅、ドライバーはそれより少し広いぐらい、アプローチはもっと狭く)とボールにきちんと当たるような気がする

・切り返しの下半身始動は「ごく小さな動き」で十分。「えいや!」とばかり腰を切ると腕が間に合わなくてシャンクやプッシュスライスやトップが頻発する。それを嫌うと、ヘッドが返ってチーピンが出る。

・スイングに力はいらない。例えると、人に打撃を与える「実戦の空手」ではなく「空手の演舞」をするつもりでスイングしよう。

・バックスイングで右へスエイしない

・ダウンスイングで上体突っ込まない(ビハインド・ザ・ボール)

・左グリップショートサム気味、右グリップフィンガー




ドライバー

・左腰を軸に回る(スエイ防止)

・トップでシャフトクロスにならないよう(左手親指がトップで飛球線方向を向く)

・トップからの切り返しが早い(間がない)とチーピンが出る。切り返しはゆっくり、ヘッドの重さを感じながら。

・重心を落としてフラット目のプレーンで腕を使って目一杯振る


アイアン

・下半身リードで打つ

・トップでシャフトクロスにならないよう

・トップ小さめ




ハーフショット、クォーターショットのコツ

・スイングが小さくなっても絶対緩んだらあかん

・肩はしっかり回す

・腕もしっかり振らなあかん(特に長いクラブ)

・下半身はあんまり使わない

・アップライトなスイングを心がける



アプローチ

・トップからの切り返しをゆっくり行う

・上半身(肩・体)の回転だけで打つ。クラブは胸の正面にキープ


・左脇をしめ、左手の肘が左骨盤を指すよう反時計回りに動かし、上腕を体の左全面にくっつけて振る

・ボールの左サイドを見続ける

・スイング始動時に軽くフォワードプレス

・バックスイングで肩を回す(上半身をしっかり捻転させる)のも大事だけど、フォローで右肩が回転していく(胸が飛球線を向いていく)のも大事。




バンカーショット

・フィニッシュで上半身がピンの方を向くまで体を回転させる




パット

・体(上半身)の回転で打つ

・フォローをきちんと出す

・バックストロークなしでボールを強く打ち出す練習→転がりが良くなる




ラウンドの心構え

・ゴルフに、簡単なショットは存在しません

・打ち上げ砲台グリーン手前のバンカーは何があっても避けろ

・構えたらすぐ打つ

・グリーンはいついかなるときもセンターを狙う

・ゴルフは遠回りが一番の近道

・「飛ばさない・乗せない・寄せない・入れない」ゴルフ

・彼を知り己を知れば百戦殆うからず

・上がり3ホールのスコアが自分の実力

・思い切って振り抜く事が最重要。打つ前から結果(OB)を気にしてどうする。




その他

・ウェブ上で偉そうなことを書かない

・いちいち言い訳をしない

・全てのショットを低くティアップして打つ、という練習を続けてみよう

・四の五の言わずに練習しよう。



 我ながらいい事書いてると思うけど、明らかに容量オーバー。分かるだけではダメなんだよねえ。だから四の五の言わずに練習しよう。
posted by hiro at 10:59| Comment(0) | 健忘録

2017年12月26日

予行演習


 スイングの予行演習は結構有効かも、っていう話。予行演習って何?いや単なる素振りの事なんですけどね。



 きっかけは、某有料放送の「ゴルフ真剣勝負 the MATCH」という番組で、成田美寿々プロがパットのワンポイントレッスンとして

 バックストロークしないでボールを遠くへ転がす

 というドリルを紹介したことであった。昔からある有名なドリルの1つだけど、成田プロ直伝のこのドリルは

 体を目一杯使って、思いっきり遠くへボールを運ぶ

 というのがミソで、ミーハーな私は早速試してみた。これを練習グリーンで10回ほど試してみて、その後普通のパッティングに臨むとあら不思議、

 体幹をきっちり使ってパットをするイメージが勝手にできてフォローも大きくなる

 という、驚きの効果があった。

 具体的には勝手にボールの転がりが良くなり、なぜか距離感も合ってしまう。これはたぶん、きちんと体(腰や背中)の捻転でストロークできているということなんだろうなと。あと、手首も使いようがないのでパンチが入って大オーバーするなんてことも抑えられると思う。




 というわけで、1ヶ月前ぐらいからこのドリルをラウンド前に欠かさずするようにしているのだが、先日練習しててふと思った。あこれスイングにも応用できなくね?と。

 フルショットはともかく、ショートレンジつまり30yぐらいまでの、手首を使わず(フェースを返さず)上半身の捻転だけで打つアプローチ。

 バックスイングをしない、という部分はさておき、フォローからフィニッシュまできっちり体を回す動きを何度か繰り返し、体(筋肉)に学習・記憶させる。そして直後にスイング。

 いやだからそれ素振りやん、というツッコミが聞こえてきそうだけど、漫然と素振りするのではなく筋肉に言い聞かせるつもりで、何ならちょっと大げさなぐらいに筋肉を意識して振るのだ。そしたら、結構これがいい感じ。

 この予行演習素振り、皆様もお試し・・・え、素振りって本来そういうものだろって?常識以前の問題?知らなかったのはお前だけだって?

aho.png

 やっぱり・・・
posted by hiro at 09:25| Comment(0) | 目から鱗(開眼)

2017年12月25日

脱力するためには


 メリー・クリスマス!!浄土真宗だけど。



 さて、スイングのコツの1つに、「脱力」というキーがある。例えば

 上半身はリラックスしろ

 グリッププレッシャーはできるだけ弱く

 肩から先は脱力して重力を感じろ


 と言ったたぐいのものだ。でも、特殊な才能がある人を除き、この脱力っていうのはなかなか難しい。

 なぜなら、ゴルフのスイングは基本的には力を入れてなされるものだから。つまり力を目一杯入れるところには入れ、その上で別の部分は脱力するというのは本能に反する行為だからである。

 例えればピアノで左右の手で別のフレーズを弾くとか、曲芸で大玉に乗ってバランスを取りながらジャグリングするとか、後方伸身宙返り4回ひねりをしながらラーメンを食べるとか、そういう特殊な才能や鍛錬が必要なものであると思うのだ。



 運動の才能がある人なら教えられたり意識したりしなくてもその「脱力」ができたりするんだろうけど、そうでない平凡な人間(つまり私だ)の場合、教えられないとわからない、分かってもできない、できたと思ってもできていない、やっとできたと思ったらすぐできなくなるという経緯を経て、最終的には諦めるか、無かったこと(脱力なんて必要ないんだ)にしてしまうのだ。

 かくも脱力とは難しい。しかし、先日私は湯船に浸かっていて、ふとしたきっかけでその脱力のコツを掴んだのだ!ヘウレカ!



 湯船に浸かる時、多くの人はリラックスして全身を脱力すると思う。体中の筋肉を硬直させて風呂に入るのはお湯の温度が46度以上あるときか海水浴の後かダチョウ倶楽部ぐらいだろう。

 で、肩までお湯に浸かりうまく脱力すると、両腕がふわっと浮いてくる。でも、そのふわっと浮いていることを意識するととたんに腕に力が入る。その時閃いたのだ。

 そうやって腕の力を抜こうと思った時、文字通りそのまま「腕の力を抜こう」と考える(当たり前だけど)。でも、意識(心)が腕の事を考れば考えるほど、脱力できなくなるよね?と。

 これは心理学的にも実証されている。「早く寝よう」と意識すればするほど目が冴える、「心を無にしよう」と思えば思うほど雑念がわく、ウォーターハザードが効いていればいるほどそこに入れてしまう、あの動きや心理だ。

 つまり「脱力しよう」と考えたら絶対に脱力できないということだ。じゃあ八方塞がりじゃん。そこで、どうすればいいか考えた。っていうかもう答えはそこにあった。

 脱力しようとその部位を意識するから脱力できないのなら、別の部位に意識を集中すればいいのだ!

 と。そこで腕のことは忘れ、腹筋に思い切り力を入れてみた。すると何ということでしょう。うまく腕が脱力できているではないか。これか。これなのか。


 つまりこれをスイングに応用するためには、

・脱力すべき部分を意識しない(脱力しようと思わない)

・その代わり、力を入れていい他の部分(腹筋とか下半身とか)に意識を集中させる


 とうまくいくのではないかと。よくいう、アドレスで丹田に意識を集中するってやつですな。




 で、やってみた。前回のラウンドと土曜日の薄暮、そして昨日の練習で。どうだったか。これ、金の鉱脈かも!具体的には腹筋に軽く力を入れ、そこを意識しながらスイング始動するとクラブが走る(ような気がする)。つまりグリッププレッシャーが落ちてる(ような気がする)。しかも体幹がしっかりするのでスエーせず、ボールコンタクトも良くなる(ような気がする)。さらに飛距離も伸びてる!(ような気がする)。

 まあまだまだ実証が必要。だけど、これだけいい感じだと、今までいかに楽してたか、大事なことが分かっていなかったかと超落ち込みそうになる。いつもそうだよな俺。

 とりあえず当分、

 腹筋に軽く力を入れてスイングする

 ということで。
posted by hiro at 09:44| Comment(0) | 日記

2017年12月23日

パーとボギーの差


 誤解を恐れず書く。

 ボギーを取るのは、ある意味簡単である。

 なぜか。ボギーの基本はボギーオン2パット。もちろん私の得意技であるダボオン1パットやパーオン3パットもあるけど、それはミスが重なったり難しいところに乗ったりパットがうまくいかなかったり、という特殊なケースであるから今は考えない。

 ではボギーオンでいい、ということはどういう事か。

 まず、ティショットを飛ばす必要が全然ないという事だ。

 パーオンを狙うなら「ティショットはできるだけ飛ばして2打目はできるだけ短く」あるいは「2打目でグリーンを狙いやすいところにティショットを打つ」、というのが一般的なセオリー。でもボギーオンなら、ティショットの選択肢も2打目の選択肢も大幅に広がる。つまり一番確率の高いクラブをチョイスし続ける事ができるのでミスが減る。また狙い所も広い。ハザードも避けやすい。

 さらに、ボギーオンでグリーンを狙うショット、つまりパー3の2打目、パー4の3打目、パー5の4打目を打つ時、ボギー狙いなら2パットでいいわけだから、「とりあえずグリーンに乗れば合格、でもできればピンの近く」という大雑把な狙い方でOKである。多少奥へ付こうが横へ付こうが、2パットでいいんだからね。

 つまりボギーを取るゴルフというのは、飛ばす必要もないし、自由度も高いし、得意なクラブを選択できるし、プレッシャーもほとんど掛からないので、本来は簡単なはずなのである(あくまで机上の理論だけどね)。



 しかし、パーを取るゴルフになるとその難易度は何倍、いや何十倍にも跳ね上がる。ミスの許容範囲が極端に狭くなるのだ。

 ティショットはそこそこ飛ばしたいし、打てるところへ打たないといけないし、ハザードや林は駄目だ。もちろんOBなんてもってのほか。

 2打目もあわよくば乗せたい、乗らないにしてもグリーンのすぐ側へ持っていきたい、もちろんいってはいけない(寄らない)場所は避け、バンカーなんかも極力避けなければいけない。

 さらにアプローチ。ピンにできるだけ寄せるのはもちろん、できれば下や真っすぐのラインに付けたい。

 パットも長いのは正確な距離感、短いのは確実に入れるというスキルが要求される。

 で、これらすべての段階で大きなミスが1つ出ればパーは難しくなる。かくもパーは難しい。



 さて、ここからが本題。パーを狙うゴルファー(HDCP5以下?)ではもちろん無く、しかしボギーゴルファー(HDCP18以上?)でもないという中途半端な立場の場合、どういう気持でラウンドすべきか?っていうか、ボギーゴルファーとパーゴルファーの最も大きな差は何か?

 しょーもないミスをしないこと?アプローチの腕前?パットのスキルアップ?コースマネジメント?

 それらも大事だと思うけど、たぶん一番大事なことは、

 自分ができることだけでラウンドする

 という事じゃないかなあと思うんだよねやっぱり。



 ティショットのキャリー飛距離がマックス220yで、210yで越えるあごの高いバンカーがある。そしたらそのバンカーはやっぱり避けなければいけない。

 バンカー越えのアプローチ、ピンはグリーンに入ってすぐ。プロならロブショットかスピンの効いたアプローチで狙うんだろうけど、とりあえずピンをだいぶオーバーしてもグリーンに乗せること。

 朝イチのティショットはいつもミスする。だったらどんなコースでも朝イチはユーティリティ(得意クラブ)で。

 このホール、いつもOB打っちゃうんだよね。だったらアイアンで打てばいい。

 距離と方向をキチンと合わせないと入らないライン。いくら短くても3パットしないことを考えて打つべき。


 思うに、そういうふうな事を、パーを狙うゴルファーは徹底してる。ボギーゴルファーは自分のできることとできないことがまだ分かっていない。そして中途半端なゴルファーはできないことをしようとしてしまう。いちばんタチが悪い(笑)。

 自分の手の中にある武器は限られている。プロや上級者のように種類もなければ高級なものもない。でも、持てる武器を最大限使うことができれば、そして「願望」というハリボテの武器を使うことをやめれば、自分のベストを更新することだって夢ではないんだよ、と自分に言い聞かせる編者であった。
posted by hiro at 09:59| Comment(0) | 雑文