2017年11月11日

私のゴルフ


 一昨日のラウンドでつくづく思った。

 私のゴルフは90%のミスと10%の結果オーライで成り立っている

 と。ナイスショットは誤差の範囲だ。謙遜ではない。

 練習場でさえ、狙ったところに正確に打てる確率はごくごく低い。いやそれどころか、きちんと芯に当たることすら稀だったりする。

 10球打って、「きちんと当たって狙ったところへ飛んでるような気がするな」と思うのが1球。「はっきり分かるミス」が7球。そして残りの2球は「箸にも棒にもかからない、とんでもなく酷いミスショット」である。

 そして恐ろしいことに、コースではその「残りの2球」がデフォルトで出るのである。謙遜ではない。誇張でもない。

 という事はつまりどういうことか。

 パー3でピンを狙ったり、アプローチで寄せワンを期待したり、バンカーからピンに寄せることを求めたり、ティショットで方向や飛距離を追求したり、パー4でパーオンを望んだりすることなど愚の骨頂、身のほど知らずの鼻持ちならない行為だ、という事だ。

 ましてや、「パーを狙う」「バーディを狙う」「バーディパットを入れる」なんて考えるのはプランクトンがクジラに喧嘩を売るぐらいバカげた行為であり、ハゲでデブでチビの中年男が広瀬すずちゃんとのデートを夢見るぐらいの思い上がりだと言える。



 ゴルフ歴が長くなり、たまーにバーディとかパーが取れたり、パーオンしたり、練習場で芯を食ったショットを打ったり、アイアンショットがピンに向かったりすると、あ、俺って上手いのでは?とつい思ってしまいがちだけど違うのだ。ぜんぜん違う。まったくの勘違い。

 それ、たまたまですから。すなわち結果オーライですから。

 狙って打ったのではなく、偶然ピンの方向へ飛んだだけ。無茶苦茶なショットで偶然ドライバーの芯に当たっただけ。100回打って1回入るパットが、たまたま1回目に来ただけ。だから、自慢や慢心はホントに恥ずかしいからやめなさい。

っていうかいい加減ピン狙うのホントやめろ>俺
posted by hiro at 09:37| Comment(0) | 目から鱗(開眼)