2017年11月06日

遠回りが近道


 最近基本の重要性にやっと気づいた編者である。っていうか、

 ゴルフは遠回りが一番の近道

 なんだなと。昔「イソガバ、マワルナ!」ってブログ書いてた某スーパースターがいたけど、その彼、低迷中だし。



 まずスイングについて。なかなか球に当たらなくても、違和感があっても、疑問があっても、基本に忠実にそして地道に練習することが遠回りだけど上達する一番早い方法なんだなあと思う。

 しかし、球にきちんと当てようと自分勝手な(つまり基本と外れた)動きや形を取り入れ、それでスイングを覚えてしまえば、遅かれ早かれ壁にぶつかるのはもう100%約束されたも同然。

 その壁が100の壁なのか、90の壁なのか、80の壁なのかは人によるだろうけど、壁にあたって初めて、ゴルファーの苦悩は始まる。そこから、大いなる迷宮に入るのである。



 次に別の遠回り。それはマネジメント。先日大阪GCでM岡くんに教えてもらったんだけど、HDCP+1の人とクラブ選手権の準決勝で戦った彼がその人に聞いた言葉がもう含蓄ありまくりで。

・ダボを叩かないマネジメント

 ボギーは仕方ない。でもダボを絶対叩かない攻め方を徹底する。つまりリカバリーに1打以上掛かるような「絶対打ってはいけないところ」を避けるってことだよね。

 例えばピンポジションによって乗せてはいけないグリーン面、深いバンカー、寄せようのないグリーン周り、入れてはいけないバンカー、林の中、池、OB。

 こういうところを、距離を落としたり遠回りして避ける。それが結局18ホールを通じて良いスコアの一番の近道になる。

・ピンを狙わない

 これこそ遠回りの真骨頂。手前のピンを狙ってショートさせ、アプローチをミスしたら必死に頑張ってボギー。奥のピンへ突っ込んで砲台グリーンからこぼれたらダボ確定。ニアサイドのバンカーからホームラン。プロじゃないんだから、狙うは花道かグリーンセンター!これ絶対。

・どちらかにしか曲がらない持ち球

 片方を消せるメリットは計りしれない。思い切り振れると球筋もどんどん良くなるし。どっちにも曲がってるうちはドライバー使うの100年早いってことだね>俺

 コースなりに球筋を打ち分ける?そんなことはプロやトップアマに任せてれば宜しい。「バーディマスト」でプレーしてるプロたちと、パーおじさん、ボギーおばさんを目標とするアマチュアは根本的に違うんだから。





 100を切れたら今度は平均スコアを90台にしたい。そうなったら80台を出したい。出せたら85を切りたい。85を切れたらハーフで30台を出したい。70台を出したい。そう思うのは当然。

 その飽くなき向上のためにはやっぱり、基本を大事にしたスイングを構築し、身の丈にあったコース攻略をすることなんだろうね。それと、練習。いつか上達するスピードに老化が追いつき、下り坂がやってくる。そのカウントダウンはもう始まっている。


 失われた15年をこれから取り返すことができるのか。いつまでもトホホなんて言っていられないぜ!

posted by hiro at 09:50| Comment(0) | 雑文