2017年11月04日

O谷さんらと交野カントリーへ


 10月19日に行く予定だった交野カントリー。当日は結構な雨で、残念ながらキャンセルを余儀なくされた。今回はそのリベンジである。

 メンバーは今回お誘いいただいたO谷さん、いつものK嶋さん、そして初対面のY本さん。Y本さんは片手シングルの腕前で、O谷さんの仕事関係の知人で、私と同世代で、しかもK嶋さんとも面識があった。世の中狭いね。

 交野CCはグリーンが難しい。微妙なアンジュレーション、微妙に効いてる芝目、十分な速さ。この日も9.8ft(だったかな?)、下りは半分ぐらいの力加減でないとどこまでも転がるし、登りでもちょっと油断すれば1mぐらい簡単にオーバーする。

 ちなみに過去7回のラウンドの平均パット数は35.5。ホームコースと比べて2打多い。今回もそのグリーンに泣かされた。

 さらにO谷さんのお計らいで初めてバックティから。6763yと極端に長いわけではないけれど、400yを超えるパー4が4ホール。幾つかのタフなホールがさらにタフになる。

 というわけで今回は結果から。

seiseki20171102.jpg

 素ダボが2つ、OB絡みのダボが2つ。1つづつ減らさんとあかんね。


 インスタート。前半4ホールはラッキーもあって出来杉君。

 14番パー5は右プッシュしてOB。パー5になると飛ばしてやろうとリキんでしまう。もういい加減幼稚園から卒業しろよ。

 15番、177yパー3。

4-2017-11-02 12.06.02.jpg

 当たりが悪く、グリーン左手前のバンカーに入れてボギー。

 16番は上から8mぐらいのパットが2m以上オーバーして3パット。

 17番、打ち下ろして打ち上げのパー4。414y。

5-2017-11-02 12.34.30.jpg

 ティショットはちょっとスライスしてバンカーへ。2打目は出しただけ、3打目でピン下にオンするも上りのパットが1.5mオーバー、返しも外して素ダボ。パットヘタだ。

 最終18番パー5はひどかった。ティショットは振り遅れて右プッシュスライス(木の後ろ)、2打目はラフから木の上を狙うも高さが出ず10y先に。3打目も出すだけで100yしか打てず。次が4打目の時点でまだピンまでは210y打ち上げ。

 4Wで万振り、バンカーに入って万事休す、と思ったら駆け上がってバンカーとグリーンの間のラフ。そこからランニングアプローチが1mに寄ってくれてナイスボギー。いや、そもそも4打目までがアホすぎるだろ。

 後半アウトは6番まで3オーバー何とか踏ん張ってたんだけど、7番パー5で今度は左引っ掛けOB。左向いてたかもしれん。景色にやられちゃうんだよなあ。

 8番は唯一池のあるホールで、ティショットは池の手前のボールがちょうど隠れるぐらいの深いラフ。ウェッジでレイアップすべきだったけど手持ちが7番アイアン、カートは遠い。仕方なく叩き出して左ラフ。3打目ラフからウェッジショットはそこそこうまく打てたけど10yほどショート。登りのパットはパンチ入って4mオーバー、3パット素ダボ。




 ここ交野CCはバックからでもパー5は長くない。イン14番こそ542yだけど、18番540yは打ち下ろしだし、アウト2番は490y、7番も打ち下ろしで494y。なのに、そのパー5でダボ(OB)、ボギー(5オン)、ボギー(3打目のアプローチでトップ)、ダボ(OB)ってどうよ?パー5だけで6オーバーって何よ?ヘタ、いやアホすぎるだろ。

 ちなみに、パー3の平均スコアは3.25、パー4の平均スコアが4.7。一方パー5が6.5。スコアメイクを考えた時、私の場合、パー5の最低ラインは5.5(ボギー2個まで)、可能であればボギー1個ぐらいにしたい。



 パー5になると鼻息が荒くなるアホな癖、早急に何とかしなさい>俺。考え方変えるだけでいいんだから。
posted by hiro at 11:03| Comment(0) | ラウンド