2017年08月18日

12年ぶりの小野ゴルフ倶楽部


 小野ゴルフ倶楽部。近畿圏では茨木、鳴尾に並び立ち、さらにあの「廣野」と姉妹コースだったりする。つまりは本物の名門コース。そんな、なかなか行けない小野にO谷さんがエントリーしてくださって、「小野ならぜひ行きたい!」と手を挙げられたI上さんと3人で。

 私がはじめて小野をラウンドしたのは12年前、2005年9月のことだった。その時もO谷さんとご一緒させてもらった(っていうか誘ってくださった)。やはり持つべきものは顔の広い先輩である。先輩、一生付いていきます!(12年前も書いたけど)。あざした!
 
 ちなみにその12年前は54・53・47とまあ見事に散々だった。27ホールでOB1回、3パット4回、池に入れる事5回、バンカーに入れる事11回、ラフに入れること数知れずという結果だった。

 フルバックから(6920y)ということもあったし、まだまだ怖いもの知らずの幼稚園児だったのでこんな感じだったけど、12年でどれだけ成長したか。まあこういう書き方をする時は得てして「全然成長してねえ!」と叫ぶという結果になりがちだけど。

2017-08-17 07.07.15.jpg

 小野の特徴は何といっても池。鴨池という大きな池が特色で、プレイヤーに難易度と絶望を用意している。特にアウトの上がり3ホールは池をぐるりと半周するようなレイアウトで、一度ラウンドしたら忘れられない光景(池に自分のボールが吸い込まれる光景も含む)を与えてくれる。

ono20171.jpg



 今回、進行に支障がなければ、という条件でレギュラーティ(6580y)からラウンドさせてもらえることになった。前半ハーフは2時間を切ったので、まあまあのスピードだったかなと。

 で、コースはさすが上田治。ティショットは打ち下ろしが多い(落下地点がよく見える)ものの、木があったり林がせり出してたりでっかいバンカーが目に入ったり曲がりくねったりしてて視覚的プレッシャーを与える。2打目は打ち上げか砲台、グリーン周りのバンカーは見るからにあごが高く、花道も絞られていて結果オーライを許さない。

 そしてラフ。今年の5月22日、全米オープンの予選会がここ小野GCで開催され(宮里優作のプレーオフからの通過が記憶に新しい)たが、その時からラフを結構伸ばした状態でキープしているらしく、ボールがすっぽりと埋まる感じ。打てないわけではないけれど思わずショートアイアンを持ちたくなる長さ。実際、フライヤーが出るよりも芝に負けて飛ばないことが圧倒的に多かった。

 しかし、フェアウェイはもうまさに絨毯のようにふかふか。練習場のマットより72倍ぐらい打ちやすい。アイアンもアプローチもミスしないように打つのが難しい(注:一般論です念のため)ぐらいのコンディション。ディボットホールもほとんど無く、もう理想を絵に描いたようなコース。堪能させてもらいました。 
 

 そんな状態で、結果はというと。

seiseki20170817.jpg

 OBが1つと3パットが3つあったけど、とんでもないミスショットは3つぐらいしかなかった。つまりだいぶ良かった。後半は44だけど、3パット2個とOB1個とアイアンの大きなミスが1つあったからで、それ以外はできすぎなぐらい。よくできました、とまではいかないけどまあ頑張ったかな。


 明日もし余裕があれば素晴らしい小野の景色とトホホなホールの解説を。
posted by hiro at 21:14| Comment(0) | ラウンド