2017年08月16日

復活


 13日の日曜日、我慢できずにホームコースへ電話。何の事はない、3日で復活しましたとさ。I上さん、ご心配おかけしました。すいません。

 薄暮は5時から日没了承。この時期(お盆)は年に数回しかゴルフをしない人や同窓会コンペなどが多く、進行が極端に遅い事が多いんだよね。現に、11日の金曜日に薄暮へ行った(え、1日で復活してるやん)時は5時スタートの予定が「1時間ぐらい遅れそう」とのことで、諦めて帰ってきたし。

 どうしようか悩んでいると、「午後スルーの組に空きがありますけど」と言ってくれたので、そこへ入れてもらうことに。1時から。その組は私と同世代のカップル2バッグで、もう完全にホームなのにアウェイというかKYというかおじゃま虫というか。

 心から「お邪魔して申し訳ありません」と挨拶し、ラウンド中や待ち時間中もできるだけ2人から離れて過ごすようにした。いや、そんな露骨に嫌な顔されたわけじゃないんだけど。

 で、久しぶりにクラブを握った結果は。

seiseki20170813.jpg

 いつもと同じ。80半ばのコンフォートゾーン。

 ちなみにこの日もブリヂストンのディスタンス系ボール(スーパーストレート)を使ってみたんだけど、グリーン周りとバンカーで「もうちょっとスピン効いて欲しい」と思ったことが2〜3回あった。残り30yから砲台グリーン手前に切られたピンへのアプローチとか、距離の近いバンカーとか。まあ、私の腕前なら誤差の範囲なんだけどね。



 前半4番のパー5は打ち下ろし左ドッグレッグ。2回に1回引っ掛けてOBするんだけど、この日もいつも通りのOB。引っ掛けそうだなと思ったら必ず引っ掛ける。でも、その原因と対策がこの日のラウンドでわかったので収穫あり。

 後半の1番はカップ2往復の4パット。つまりオーバー、オーバー、オーバー。これに代表されるように、この日はバーディパットが7回あったのにかすりもせず。

 マラネロ(L字)は長いパットやブレイクするパットはイメージが出しやすいんだけど、短いのはシビアだからね。また#7に戻そうかなあ。

 ショットはそんなに悪くない(アイアンもだいぶまし)のに、スコアに繋がらないのはやっぱり基本的にヘタなんだろうね。
posted by hiro at 12:38| Comment(0) | ラウンド