2017年08月30日

違和感の正体


 先日の日記で私はこう書いた。

 引っ掛けそうだなと思ったら必ず引っ掛ける。でも、その原因と対策がこの日のラウンドでわかったので収穫あり。



 ティグラインドなどでアドレスした時、何故かしっくり来ない。なんとなく気持ち悪い。ミスしそうな嫌な予感がする。左へ行きそう。スライスしそう。きちんと当たる気がしない。つまり違和感を感じる時ってあるよね。

 私の場合は少なく見積もって10回に8回ぐらいなんだけど、その8回は必ずミスになる(ちなみに残りの2回はちょっとマシなミスショットが打てる)。

 で、その違和感は苦手なホールや狭いホールで不安があるとき、つまりメンタルな問題で起こることもあるけれど、多くの場合は

やはりアドレスに何らかの問題があると起こりやすい

ような気がするんだよね(え、当たり前?)。

 私は自他ともに認める、日本で1本の指に入る「鈍感ぼんやり野郎」なのだが、そんな私でも何千回、何万回とティグラウンドに立ってアドレスし続けていると、何となく「嫌な予感」がする事は感じられるようになってきた。

 本当は仕切り直しをしたいところなのであるが、10回に8回もアドレスを解いていると松山英樹以上のスロープレーヤーになるのでできない。そもそも、その違和感の原因が分からないんだから切り直しをしても意味ないような気もするし。




 で、ここからがその「原因と対策」なんだけど、どうやら私の場合、

その違和感の正体とはボールの位置にある

 んじゃないかと。それも、体との距離感ではなく、スタンスに対する相対的な位置。つまり、左足寄りになってるか右足寄りになってるということね。そして、

球が左足寄りすぎるとプルかプルフック、右足寄り(スタンス中央寄り)すぎるとプッシュやプッシュスライスが出る

 というところまで突き止めた。

 ただし、ヘッポコトホホ野郎である私のことだから、そんなに厳密なものではなく(毎回きちんとスクエアに構えてないだろうしね)、あくまで構えた段階で、「胸が向いている面に対し」とか「肩のラインに対し」とか「何となく」というレベルで球の位置がちょっと外かな?内かな?と感じる、というイメージで想像いただきたい。



 「いやそれ当たり前で何の驚きもないし別に発見じゃなくね?」とお思いの方も多いだろうが、話はもう少し続く。

 左足寄りになって(感じて)ると、バックスイングで右に捻転した時にボールが目の位置から遠くなる。多分ボール半個分ぐらい違っていてもそれは違和感として無意識に認知され、その結果どうなるか。そう、

肩の入りが浅くなるんですな。

 そうなるとクラブの軌道はアウトサイドインになり、フェースはかぶりやすくなり、良くてプル、悪くてプルフックが出るのはもう自然の摂理だ。

 逆に右足寄りになっている場合はどうか。これは想像だけど、肩の入りは普通(深くなったりはしない)。でも、ダウンスイングに入った時、ボールが右サイドにある分だけ詰まってヘッドが返ってこないような気がして、その結果、

腕を速く振ろうとしてグリップが先行し、フェースが開いてスライスになるか、体の開きを抑えたままインサイドアウトに振ってプッシュ

という風になってるんじゃないかと。



 で、これの対策。もちろん球の位置をきちんと合わせることは大前提なんだけど、上にも書いたようにそれが簡単にできれば苦労はしないわけで。だったら、最初からこの特性を利用してしまえばいいじゃないかと。つまり、

左がセーフのホールでは左足寄り、右がセーフのところは右足寄りに置く。

 いやそんな当たり前の、テクニック以前の事を赤の大きいフォントで書かんでも、とお思いの方がやっぱり多いだろうが、こういう姑息な小手先の・・いや違った、細かい注意を積み重ねることでOBが減るのなら安いものじゃないですか。

 え、じゃあ左右ともアウトの時はどうするんだって?もちろん、アイアンでティショット打ちます。




 でも、今回のことで再認識した。勇気を持って肩を回すってのがいかに大事かって。プレッシャーが掛かったりフェアウェイが狭かったりすればするほど、肩をしっかり回さないとダメだね。それができないといつまでたっても上にはあがれない。
posted by hiro at 19:29| Comment(0) | 雑文

2017年08月29日

ホームコース月例


 木曜日のベニーCCで己の傲慢さと怠慢とセンスの無さと成長の無さに打ちのめされた私は、その日のうちに練習に行こうと思ったのだが歳のことを考えて泣く泣く自粛し、次の日こそ1000球ほど練習しようと思ったのだが悪いイメージをリセットした方がいいと思い断腸の思いで自粛し、土曜日に満を持して練習へ行き、200球ほど気合を入れて打ってきたのであった。

 そこでわかったこと。

・私の場合、やっぱりドライバーは右へ曲がる球のほうが(比較的)安心かつ安定して打てる。持ち球ってやつですな。ドローを打とうとしたら極端なプルかプルフックが高い確率で出る。

・でもアイアンは比較的ドローが打ちやすいっていうか、きちんと打てたらナチュラルにドローになるはずなのでドローのイメージを持ってもいいのかなと。

・バックスイングで肩を回す(上半身をしっかり捻転させる)のも大事だけど、フォローで右肩が回転していく(胸が飛球線を向いていく)のも大事だなと思った。特にアプローチ。

・緩まずにスイングするって思ってても実際には難しい。でもゆるんでたら一生上達できない。

 みたいな気づきがあって。相変わらずレベルの低い気づきだけど、やっぱり暑くても忙しくても最低限週一回は練習しないとあかんなと思った。




 というわけで、たった1回の、付け刃の練習(と気づき)を持って臨んだホームコースの月例競技。で、またスカタンな結果になるのはもうまったく自明の理である、と思ってたんだけど。

seiseki20170827.jpg

 何故か70台キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! いや、自分でもわけわからんのですが。

 たぶん、無欲で臨んだのが良かったんだろうね。調子が良くて、欲が出れば自滅する。調子が悪くて、自分に期待しないで回ればそこそこの結果が出る。だからゴルフは面白い。みたいな。




 反省点は2〜4mのパットの確率が悪かったこと(4回ぐらい外した)と、後半7番の素ダボ。

 その7番。何度も紹介してるけど、竹コースで一番ティショットが難しいパー4。

3802_7.png
(ショットナビのデータを一部改変)

 コースはほぼ左に90度ドッグレッグしていて、バックティから240yで突き抜けてラフ。右はすべてOB、左は木の生えた小山(マウンド)があり、その間口は35y。つまり200y先の35yの間をきちんと通し、210yから240yの間にボールを止めないとフェアウェイに残らないし最悪2打目でグリーンを狙えなくなる。

 ドローヒッターやティショットで高い球が打てるパワーヒッターならマウンドの上を狙えるので逆に狭くないんだけど、私のような中途半端なスライサーはお手上げなんだよね。

 で、過去のラウンドではドライバーを持った場合、右OBが50%、左のマウンドに当たるのが49.9%という統計結果が出ているので、最近では4Wで220y地点を狙う攻め方に切り替えた。まあそれでもフェアウェイへ行くのは3回に1回ぐらいなんだけど。

 で、今回は4Wで右プッシュ、あーOBだ・・・と思ったら、何とかギリギリ残ってくれていた。2打目は7アイアンのハーフショットでピンまで残り60y地点へ。ここまでは良かった。

 3打目、一番手前に切られたピンに対し、65yか70y打ってグリーンセンターに乗せればいいものを、

パーが取りたい欲が出てピンを狙ってしまい、ゆるんで50yしか飛ばずにボギーオンならず。

 後悔先に立たず。12yから3mに4オン、入らずダボ。

 ティショット失敗してるのに何でパー狙いにいくかなあ。必死でボギー取りに行かなあかんのとちゃうの?そんな状況でパーが取れると考えるのは、思い上がりっていうやつとちゃいますか?



 つい最近までアプローチは日本で一番ヘタだったくせに、ちょっといい気になりすぎ>俺。よく反省するように>俺。
posted by hiro at 19:37| Comment(0) | 競技

2017年08月28日

第42回GB月例@ベニーCC


 ご無沙汰しておりました。今日から復活です。


 先週木曜日は恒例のBG月例。ゴルフ仲間による研鑽&親睦ラウンド@ベニーカントリークラブ。なんだけどここのところ、夏休みで自堕落な生活が続き、暑さで練習にもほとんど行かず。で、こうなるのはもうまったく自明の理である。

seiseki201708241.jpg

 今年ワーストスコア。

 今年ワーストタイのパット数。

 OBが5個(2連続含む)。

 4パットを含む、3パット(以上)が4つ。

 アプローチチャックリ1個。

 アイアンのシャ◯クが1個。


 まあ、よく100叩かなかったなあという内容。でも、14番(OB)、16番(OB2発+3パット)、17番(OB)、9番(OB+3パット)はまあ理由がはっきりしてるから仕方ない(←いやダメだろ)として、

 18番の素ダボが個人的には一番ひどかった。ティショットはそこまで3連続OB(ぜんぶ左)を出してた4Wで、何とかフェアウェイへ。2打目の8アイアン、何の変哲もないショートアイアンでハーフシャ◯ク。3打目、ラフから40yのアプローチは昔の悪い打ち方が出て乗らず、4打目も寄らず、パットも入らず。

 一緒にラウンドした師匠いわく、

・(ティグラウンドからの)景色にやられてる(振れてない)

・体が止まって手打ち

・まだ球を上げようとしてる


とのこと。


 ちっとも成長していない事がわかった、貴重なラウンドであった(精一杯の強がり)。
posted by hiro at 18:20| Comment(0) | GB月例