2017年07月31日

ごめんなさい

 本日の日記は、

dragonquest11.jpg

 上記の理由からお休みさせていただきます。いや、2日でクリアできんやろ。
posted by hiro at 10:09| Comment(0) | 日記

2017年07月29日

怪我の功名(あるいは世紀の大発見)


 昨日の日記で私はこう書いた。

 アイアンはだいぶ調子が良かった(パーオン率66.7%)。ここ数年で一番良かったかも。

 また、月曜日の日記でも私はこう書いていた。

 実際、ショットに関してはこんなふざけた打ち方でも予選のときより良かったぐらい(←はぁ?なにそれ?)だった。ショットの良いヒントになったかも。



 そう、実はアイアンが良かった理由はこれだったのだ。上に書いた「ふざけた打ち方」が実は、私のスイングの根本的かつ致命的欠陥を正し、スーパー気持ちよく打てるための「世紀の大発見」だったのである。その打ち方とは。今一度書こう。

完全手打ちで、クラブを体の前で「ひょい」と回す、気の抜けた打ち方

 桑田泉で言う「手打ちしろ!」というヤツである。業界用語で言うとS3(エススリー)。つまり俺は今まで、

手(腕)を振ってるつもりで全然振れてなかったのだ!
 
 何てこったそういえばH田ゴルフセンターのNプロに教わったときもそう指摘されてたじゃないか。でも、実際には分かってなかった。っていうか、体を動かした上で手を振ってたので、それでは不完全だったのだ。足りなかったのだ、手の振りが。本当は、

 トップから体を全然動かさないぐらいのつもりで手(腕)だけビュン!と振ってやる必要があったのだ!

 TV番組で水巻プロが言ってることもそうだし、昔泉ヶ丘CCで清田太一郎プロに会った時、彼が同伴競技者のアマチュアに指摘していた(のをたまたま横で聞いた)のもそれだったし、あるところで知り合った某プロゴルファーの方も同じようなこと言ってたし、もっと言えば2012年の冬にその事に気づいてもいたのだ。

 なのに、いつの間にか忘れてたっていうか。いや、というより、

 ぎっくり腰になって「極端な」手打ちをしてみたらそれが正しいスイングだったという事を再発見した。

 と書くほうが正しい。ポイントは「極端な」という点。自分の意識では

トップから「全く腰を切らず、体重移動もせず、右足ベタ足のまま、ただ単に腕を胸の正面で振る」

というイメージなのだが、実際のスイングを見ると多分「十分に」体重移動も腰も切れてるんだと思う。つまり今までアイアンが超へっぽこ野郎だったのは、

単に振り遅れてただけ

 だったということだ。

 まさに怪我の功名。塞翁が馬。ぎっくり腰よありがとう。いよいよアイアンヘッポコ野郎からの脱却とhiroの逆襲が始まる、といいな。
posted by hiro at 10:17| Comment(0) | 目から鱗(開眼)

2017年07月28日

第41回GB月例@愛宕原GC


 毎月第4木曜日はGB月例の日。今月は愛宕原GBへ。

 愛宕原GCは大阪市内から30分弱と大変アクセスが良いコース。山岳・狭い・短いとトリッキーだが、だからこそ面白く、練習になるコースである。ちなみに編者はこういうコースが大好き(Mか?)。

 フェアウェイは狭いけれど、できるだけ(というか1ホールを除き)ドライバーを使ってティショットしてみた。その結果、ティショットでのOBは1つ。グリーンサイドバンカーからホームランしてOBってのもあったけど、まあ頑張ったほうだと思う。

 アイアンはだいぶ調子が良かった(パーオン率66.7%)。ここ数年で一番良かったかも。パー3ではすべてパーオン。これはアイアントホホ野郎の私としてはアカデミー賞クラスの快挙である。しかも全部2パットパー。そこそこ良いところに乗った(遠くに乗らなかった)ってことだよね。奇跡じゃ。

 あと、アプローチもパットもまあまあで、そんなわけで。

seiseki20170727.jpg

 短いコース(6228y)のパー71だけど、やっと、今年はじめての70台が出た。長かったなあ‥‥。
posted by hiro at 12:13| Comment(0) | GB月例