2017年06月30日

6月プライベートラウンド@ホームコース


 「日記で偉そうに講釈たれるとすぐバチが当たるの法則」がまた発動。

 頑なにドライバーを持つ遼くんについて批判めいた事を書いたら、昨日のラウンドではOBが4つ。勝手知ったるホームコースで。トホホ。まあお前なんて人のこと偉そうに書くのは100万年早いってことなんだろう。

seiseki20170629.jpg

 OB4つだから当然ダボも4つ。おまけに素ダボが1つ。そして相変わらずのパーオン率(4ホール/ラウンド)。アイアンがもうね、全部トップかこすり球。ちっとも直ってない。

 ちなみにOB4つの内訳は打ち下ろしホールでドライバーの引掛けフック、打ち下ろしホールでドライバーの引掛けフック、パー3での超ダフリ(谷越えず)、パー5の2打目、4Wをプッシュスライス。最初2つは右手に力が入りすぎ、3つめは手打ち、最後のは‥‥よくわかんない。合わせ打ち、かな。

 いやね、遼くんのことを一昨日あれだけ腐してた私が言うのもなんだけど、今はスイング改造中で腰を切って上半身と下半身の捻転差を出し、手が遅れて(でも最終的には間に合って)ヘッドを走らせるようなイメージで打ってるのね。だからまともに当たらないのは仕方ないとはいえ、限度があるだろうと。

 でも、スイング改造と言いながら脳内だけでちっとも練習してないもんなあ。コースでしか球打ってないんだから。そりゃアカンやろ。



 よし、今週こそ練習に行こう(いや、ホントに行けよ)。
posted by hiro at 19:53| Comment(0) | ラウンド

2017年06月28日

石川遼よ、どこへ行く


 ゴルフのポータルサイト、ALBA.netに興味深いインタビュー記事が載っていた。

 「自分が強くなるために」苦境の今、石川遼が思うコト 独占インタビューと銘打たれたその記事は、現在シード確保の崖っぷちにいる彼に現在の心境を聞いたものである。

 今彼は何を思い、何と戦っているのか。かつては、いや、日本へ帰ってくれば今でもスーパースターである彼の本心に迫る、面白い記事だった・・・・ツッコミどころ満載という意味で。全然変わってないなと。



 まずは今の現状について。(青太字は上記のウェブからの引用です)

 結果が出ない時期は誰にでもあると思う。そういう時でも、自分の良さは追求できることだと思う。そこをなくしたくないなと思っていて。

 良く言えばすごくストイック。でも、普通に言えば、わがままというか甘いというか。アマチュアみたいな考え方だよね。結果が出なくても自分の信じることをし続けるというのは、とても贅沢な気がする。

 結果が出ない時期つまり調子が悪くても、帳尻を合わせたり成績を最優先させるのがプロじゃなのかな。でないと、ファンにもスポンサーにも愛想を尽かされるよねフツー。

 やっぱりショットは自分の思った通りの球で、PGAツアーで通用するような飛距離と球の高さと質。そういうものを今なら追っていけると思うんです。

 そりゃ理想はあるだろう。でも、同時に「己を知る」「身の程を知る」ということも大事じゃないのかな。彼はダスティン・ジョンソンのドライブと松山のアイアンを求め、それを自分のものにすることなど不可能に近い。出来たとしてもそんなの一瞬だけだろう。

 無い物ねだり。っていうか、中学生じゃないんだから。

 こういう時期に小さくまとまると将来のゴルフを考えた時にマイナス。

 現在のマイナスでその将来が無くなる、という考えには至らないのか。いつまでもあると思うなスポンサー。


 次に取り組んでいる内容を聞かれて。

 両サイドOBあっても“できそうだな”というところまで来てる。良くない時はイメージができなかった。

 ちなみに「できそうだな」というのは「きちんとイメージして自信を持って打てる」という事らしい。が・・・

 イメージはできて、それで打てない時があるというのが今。ミスになってボギーとかダボ打ったりしますけど、最初からできないと思ってあきらめてやらないでパーで行くよりも、できそうだなって思ってる感覚持ってる方が全然楽しい。

 うーんなんというか‥‥‥。言いたいことは分からなくもないけど、すごい余裕を感じるね。イメージできてるからミスしてボギーになってもいい。妥協してパーを取るより楽しい。楽しいボギーのほうが、楽しくないパーより価値があるというのはもう完全にアマチュアのお気楽ゴルフの世界ですな。

 今の、ドライバーを打つイメージしてワクワクしながら打ったものがミスになった。池に入りました、ダボですってなって予選落ちのほうが僕としては光はあるんです。

 つまり彼は「結果」よりも「過程」を大事にしてるわけだね。やっぱりアマチュア、しかもお大尽ゴルフだ。

 打つ前の“こうやって打ってやる”とか、“こういう風に打ったらこういう風にいく”というワクワク感が今あるから。その光ですかね。その光って楽しさだと思う。その光がないときはスコアがよくても絶対楽しくないですね。

 彼が「成績」より「楽しさ」を優先してラウンドしていることはよくわかった。



 まあ彼の本心かどこにあるのかはわかんないし、上手くなるために努力したり考えたりしてるのも分かるけど、「楽しさ」とか「光」とか言ってるうちは松山に追いつくどころか、PGAツアーでもやっていけないと思うんだけどなあ。
posted by hiro at 20:02| Comment(0) | 雑文

2017年06月27日

日々雑感


 日曜日のラウンド、もしパット数が36だったらストローク数は93だった。いかにショットがひどかったかがよく分かる。パーオン率27.8%(5ホール)だもんなあ。ヘタだ。



 練習しよう、と思えるうちが華。したくても怪我や事情で練習できなくなるかもしれない。それに、「練習してもしなくてもスコア同じだし」などと考えるようになったらもう未来はない。



 ミスして悔しいという事は、まだ自分の伸びしろを信じているいうこと。ミスして「ま、こんなもんだろ」と心の底から思うようになったらヤバい。だからコースでミスして悔しがるのは悪いことではない(そのあと切り替える必要はあるけど)。



 人のミスを嬉しいとまでは思わないけど、人のナイスショットは賞賛しつつも悔しいと思ってしまう。



 「ゴルフは欲との闘い」「あと10ヤード飛ばそうと考える事でスイングが台無しになる」「遠くへ飛ばそうと思ったら力を抜け」「スイングに力はいらない」「ナイスショットではなく、ナイススイングを目指しなさい」「正射正中」「構えたらすぐ打て」「素振り通りに打てたらスクラッチ」・・・頭でわかっているのに、何でできないんだろう。



 手で飛ばすんじゃない。腕力で飛ばすんじゃない。力で飛ばすんじゃない。分かってるはずなのに、本番では力に頼ったスイングをしてしまう。もっともっと、考え方を根本から変えないと「ナイスショットは偶然の産物」のまま。



 以下、ゴルフを離れて。



 「このハゲーーーーーッ!!」豊田真由子議員は世界中のハゲを敵に回した。



 森友学園と加計学園。全部政治家(特に安倍首相)のせいにしようと躍起だけど、森友は籠池が犯罪者(むしろ安倍昭恵夫人は被害者という見方もできる)だし、加計は総理・内閣の規制緩和にうまく乗った(上手いことやりやがって、という妬みや嫉妬はあるにせよ)だけで。

 そもそも、官僚は内閣の方針に従うのが当たり前だと思うんだけど。官僚って政治家をサポートする実務家でしょ?実務家が「内閣に命令された。腹立つ。俺達がやりたいようにしたいのに」って何思い上がってるの?って思う。現場の工場長が社長の命令に反旗を翻したら首だぜ。あ、もうとっくに首になってるか。



 将棋の藤井四段、14歳の中学二年生。平泳ぎで金メダルを取った岩崎恭子も14歳だった。ちなみに石川遼の初優勝は15歳、藍ちゃんの初優勝は18歳。才能は経験と努力を凌駕するという、どうしようもない現実。いやいや、才能を凌駕する努力も存在する。きっと。

 ところでデビュー以来29連勝(新記録)っていうのはゴルフで言うとどんな感じなんだろう。優勝29回連続はちょっと大袈裟だし、29試合連続予選通過では過小評価だし。

 年間グランドスラムぐらい?29試合連続トップ5入り(優勝含む)?あるいは29試合連続最終日最終組?




 とまあ、相変わらずくだらん事ばっかり考えてる編者ではある。
posted by hiro at 20:18| Comment(0) | 雑文

2017年06月26日

6月月例


 曇りのち雨のち曇という天気の中、月例競技へ。最近全然練習に行けてないし、家でのアプローチ練習もサボってるので全然自信なし。雨の予報だから、ネットパープレーを目指して、だったんだけど・・・・。


 まあ仕方ない、と思われるミスはOBが1つと(ほとんど全部の)アイアンのへっぽこトゥショット。

 トホホなミスは、アプローチの2連続チャックリが1つ、のぼり真っすぐのパットを2回外したこと、4回入れたグリーンサイドバンカーから1回しかまともに脱出できなかったこと(そう、「バンカーの呪い」はまだ解けていなかったのだ!)。

 いやそのバンカーなんだけど、雨で締まってるだけなら簡単、いや違った、まだ何とか打てるんだけど、砂がほとんど無くてしかも雨で締まってる状態からグリーンに止めるのは私の腕前では不可能。バウンスの広い56度じゃなくて50度とかで打ったほうが良いのかな。


 とまあそういう訳で。

 seiseki201706251.jpg
 
 スタートホールの素トリは、ラフから60yのアプローチをいきなり2度打ち!し、次もチャックリして乗らず、5オン2パット。練習してないと、こういうコントロールショットで不安が現実になるよね。まあ元々ヘタなんだけど。

 後半、松5番はプルOB。力入れたつもりはないんだけど入ってたんだろう。

 松最終は2打目をグリーン手前のバンカーに入れ、3打目30yのバンカーショットはダフって飛ばず、寄せが下3mに付くもこれを入れられずという典型的な素ダボ。


 パット数が異様に少ないのはパーオンが少ないからで、別にアプローチがうまくなったわけでもパットがうまいわけでもありません。(パー4でも)4オン1パットボギーが私の得意技になりつつある。トホホ。

 あかん。練習しよう。
posted by hiro at 19:07| Comment(0) | 競技

2017年06月23日

第40回GB月例@交野CC


 一昨日の日記のネタ「一番簡単な一打」であるが、なかなかの反響である。


 「アホか」「嘘だ」「全く理解できない」「奇をてらった愚者の理論」「デマカセすぎる」「サルの浅知恵だ」「はいはいワロスワロス」などという激励的意見が多いが、「まあ百万歩譲ってわからないこともない」という人もいないわけではない。




 いや、本当は反響なんてゼロだったんだけど。





 まあ反響があると逆に困る。なぜなら、昨日の日記はとりあえず題を決め、結論など何も考えず成り行きで書き進め、結局消去法で結論をでっち上げた、何の根拠も理論もない、いわば「ネタ文章」に近いものであるからだ(まじかよ)。

 そんないい加減なことをしたバチなのか、「簡単」などと書いた思い上がりのせいか、はたまた「日記に書いた事がラウンドに反映される(しかも悪い形で)の法則」が発動したのか、昨日のラウンドではバンカー絡みでトホホすぎる出来事があった。

seiseki201706221.jpg

 後半アウトの2番、距離は短いがグリーンまでずっと打ち上げのパー5。ティショット左ラフ、2打目アイアンでレイアップして3打目がグリーンセンターまで95y+相当な打ち上げの砲台グリーン+ピンは手前+ただしグリーン手前に

 絶対に入れてはいけない、あごの高さが2mを超えるバンカー

 が待つホール。計算するとピンまでは100y(キャディさんも100yと言ってくれた)なんだけど、まあ下手くそなんだから軽くミスショットするのは当然。PWでグリーンセンターを狙えばよかったのに、見栄を張って50度でピンを狙って(またそんな事してる・・・)絵に描いたようにバンカーイン。そして目玉。

 もちろん出るはずもなく、返ってきた球はアドレスした足跡の中に。2発目、これも出ず。今度は平らなライに。しかし3発目、やっぱり出ず。4発目でやっと出た。トリプルボギー。



 というわけで、一昨日の日記の結論を訂正させていただきます。

 ゴルフに、簡単なショットは存在しません


 そして教訓。

 打ち上げ砲台グリーン手前のバンカーは何があっても避けろ。

posted by hiro at 20:01| Comment(0) | ラウンド