2017年02月28日

hiroは淡々と回りたい


 一昨日の月例では同世代のAさんとBさん、ちょっと上のCさんとラウンドした。AさんとBさんは何度かご一緒していて、軽い顔見知り。Cさんも過去に一度か二度にラウンドしたことがあるかな?という感じ。

 皆さん真面目でマナーもよく、良いメンバーだったんだけど、最初の数ホールはお互い思い出しながらというかちょっと遠慮がちに、どちらかと言うと淡々とホールを重ねていく感じ。

 しかし、3ホールぐらい消化するとちょっとした雑談をしたり世間話をしたりして、少しづつ打ち解けてくる。そこで気が合うと、もう10年来の親友のように仲良くなり、冗談も出るようになってくる。

 日曜日に家族放ったらかしにして月例競技に出るような人は同好の士に決まっているわけで、気が合わないわけはないのだ(よっぽど鬱陶しいオッサンを除き)。

 まあ、これがゴルフの素晴らしいところの1つ・・・・なんだけど、困ったことが1つあるんだよね。



 それは、仲良くなって冗談を言い合ったりしだすと集中力が欠けてしまうこと。昼食時とかラウンド前とかなら良いんだけど、ラウンド中とかカートに乗ってる時にあまりにも話しが盛り上がると切り替えが難しくなっちゃうんだよね。その結果、スコアに対する執着が薄れてしまう。いや、それが自分の性格のせいってことは百も承知なんだけど。

 普段のラウンドやコンペなんかでは全然気にならないしむしろ楽しいゴルフは大好きだけど、月例とかの競技だったらあまり和気あいあいとラウンドするのはマイナス要因になってしまうんだよね(あくまで私の場合)。

 かといって、ギスギスするのが良いってわけではない。自分のスコアとゴルフに集中するため、世間話は最低限でいいし、「ナイスショット」や「ナイスパー」などの掛け声も無くても良い(あってもいいけど、大袈裟なのは・・・)。



 なんだか自分勝手で偉そうな書き方になってしまってるけど、そういう意図はなく、ただ淡々と自分だけに集中してゴルフをしたいんだよね。だから、初対面なのによく喋る人などが一緒になると、ちょっと距離を置いたり一人離れて素振りをしたりしてる。ええコミュ障ですが何か?

 だから、自慢したり、HDCPを聞いてきたり、大げさに褒めたり、私生活を根掘り葉掘り聞いてきたり、仕事に絡む質問をしたりしてくる人とはできれば競技では一緒になりたくないなと思ってるんだけど、これって我儘?
posted by hiro at 18:11| Comment(0) | 雑文