2017年02月21日

久しぶりにアプローチの話


 片手素振りでせっかくやる気がみなぎってるのに、日曜日の練習でマン振りしすぎて体の色々な所がガチガチに凝っていて辛い。今の心境を映画化すると、

 「映画ゴルえもん hiro太の筋肉カチコチ大冒険」

 という感じである(全然面白くない)。マッサージ受けに行こうかなあ。

 そんな中、アプローチの練習(1〜2mのキャリーで100球)だけは何とか週2回ほど続けている。だいぶミスが少なくなって(3割ぐらい)きた。つい半年ほど前までは10球中7球がミス、2球が大ミス、もう1球がスーパーウルトラ超ハイパーミスって感じだったので、とてつもない進歩である。

 そんな中、また新たな呪文を覚えた・・・じゃなくて(それはムロツヨシ)、新たな発見があった。

 私がアプローチトホホ病(アプローチイップスに近い状態)から抜け出したのは、体特に上半身の回転だけで打つ、という感覚を徹底させた事がきっかけだったんだけど、頭でわかっていてもつい腕や手がしゃしゃり出てしまう。それを防ぐためには両脇(私の場合は特に左脇)が開かないようにするのがいい。でも開いちゃう。

 だったら、最初から開かない形を作っちゃえ!ということで、

 左脇をしめ、左手の肘が左骨盤を指すよう反時計回りに回し、そして上腕を体の左全面にくっつける

 という事を試してみた。腕を体の左側面にくっつけるんじゃなく、体の前方(中心に近い所)にくっつけるってのがミソね。ちょっと古いけど「だっちゅーの」のイメージ。

 「左脇に何かを挟む」というドリルはよくあるけど、それだと腕は体の横になりがち。もっと極端に肘を内側に入れる。そしてそのまま体の回転で打つ。そしたら極端なダフリやトップがさらに減ってきた。いい感じ。



 で、ここからが本題なんだけど。

 脇の締りと肘の位置をイメージ&キープするため、練習だったらそれこそ何かを挟めばいいんだけど、本番でそんな事したら一発で競技失格である。

 で、左脇に服の袖を挟んだり、セーターの胸の部分を脇に挟んだりすると結構いい感じで脇と左腕を意識できていい感じ・・・なんだけど。そんな事をしてアプローチするのは果たして良いのだろうか?
 
 じつはこの方法、昔、K見師匠に教えてもらって「全然問題ない(違反じゃない)ですよ」と聞いたことがある。服をどうこうすることが違反なら、腕まくりも厚着も違反になるもんね。

 でも、アプローチするたび、毎回左脇に袖や服を引っ張って脇を意識するって、なんだか抵抗があるんだよね。「ルールには許されてるけどセコイやっちゃ」と思われそうだとか。「ルール違反じゃなければ何やってもいいのか」とか。限りなくグレーに近い白って感じ?



 まあ、李下に冠を正さずっていうことで、正式な競技なんかでは気をつけながら、普段のラウンドでは堂々とやってみようかなと。これを映画化すると、

「映画ゴルえもん hiro太のルールギリギリ大冒険」

 まったく、何の面白さも意味もないオチ。まるで

「映画ゴルえもん hiro太の日記大迷走」

 もうやめとけ。皆の眼が同情に変わってきてるから。
posted by hiro at 12:28| Comment(0) | アプローチ