2017年02月14日

コントロールショット

 コントロールショットに憧れる。

 番手通りの飛距離を打つフルショットではなく、クォーターショット、ハーフショット、そして体の回転だけで打つパンチショット。これができるようになるとゴルフの幅が広がるよね。

 例えば、強めの打ち上げ+砲台グリーンへのアイアンショット。高い球を打ちキャリーで持っていくのがもちろんベストなんだろうけど、距離感が難しいしショートしがちだし、そもそも左足上がりはきれいにコンタクトするのが難しい。

 そういう時、2番手あるいは3番手上げて低めの球でポーンと打てたら大きなミスも少なくなるし距離感も合わせやすい(ような気がする)。ミドルアイアン以上の場合、今の時期なら手前から転がって乗せるというイメージも出しやすくなる。

 左右へのミスをできるだけ減らしたいときも、番手を上げてショットを小さくすると言うのは有効だよね。いや、実際できるわけじゃなくてあくまで理論上だけど。

 特に、体も回らない、ボールも飛ばない、スイングスピードも落ちる冬は無理してフルショットするよりコンパクトなショットでマネジメントしたほうがミスが少ないんじゃないかと(注:しつこいようだがあくまで机上の空論です)。


 というわけで、(フルショットもままならないのに)ハーフショット、クォーターショットを練習している編者ではある。フルショットの練習にもなるしね。何度か練習して分かったことは、

スイングが小さくなっても絶対緩んだらあかん

肩はしっかり回す

腕もしっかり振らなあかん(特に長いクラブ)

下半身はあんまり使わない


 ということ。そして、キチンと打てたときは意外と飛距離も落ちない(半番手ぐらい)。


 まあ、へっぽこゴルファーの見栄ってことで。
posted by hiro at 10:07| Comment(0) | 雑文