2017年02月06日

緩まないスイングとは?

 今年に入って「緩まない」というのをテーマに練習したりラウンドしたりしているのだが、なかなか難しい。


 「緩まない」というのは「フィニッシュまで振り切る」という事。それは体がフルターンするフィニッシュとは限らない。腰の位置がフィニッシュということもあるし、そこまで振り抜くという意識はフルショットと同じ。


 「緩まない」のは「力を入れて振る」ということだけど、「リキむ」のとは別。それはタイミングの違いなんだろうと思う。切り返しからいきなりリキむとスイングプレーンに乗らず大ミスが出る。切り返しは丁寧に、しかしその直後に「素早く確実に加速させる」事が必要じゃないかと。つまり絶妙なトップでの「間」は感じたい。


 さて、「緩まない」というのは「ヘッドを走らせる(加速させる)」って事だと私は思うんだけど、「ヘッドが走るように体を動かす」ためには、全身で三通りの力の入れ方をマスターしないといけないような気がする。

 即ち、止めるところ、動かすところ、力を抜くところ。


 止めるところは体幹(特にスタンス)。体ってのはほっておいても勝手に(無意識に)動くので、余分な動きをしないよう、つまり「暴れないように力を入れる」。

 動かすところは腕。体の動きあっての腕の振りだけど、腕が振れないとクラブを「緩まないように」振ることって無理なんじゃないかと思うんだよね。

 力を抜くところはグリップ。グリッププレッシャーが強すぎるとスイングプレーンからクラブが外れやすい気がする。するとあらゆるミスが出る。もちろんヘッドも走らない。

 すごく大雑把な分類だけど、大きくは間違ってないと思う。



 そんなつもりで練習してるんだけど、グリッププレッシャーを抜くのが一番できないんだよね。実は先日あるラウンドで大学のゴルフ部だった人とご一緒したんだけど、その人はクラブの捌き方がすごく上手くて、それは何故だろうと思って見ていたら、やっぱりグリップをすごく柔らかく使ってるんだよね。

 その人、軽く振ってるのに飛距離は抜群だし球は高く上がるしナチュラルにドローボールだしアプローチでも距離感抜群だし、やっぱり上級者とそうでない人間の違いはここかと。


 そういえば、だいぶ昔、ホームコースで知らんおっちゃん(上手い人)とラウンドした時、

 「グリップは引っ張ったら抜けるぐらいの弱さで握らなアカンで。これは絶対(大事)やで」

 って教えてもらったような気がする。



 緩まないように打つために、グリップを(適度に)緩める。難しいね。スポーツ経験(特に球技)がある人、センスがある人って、こういう事が自然にできるんだろうなあ。
posted by hiro at 09:59| Comment(0) | 目から鱗(開眼)