2017年02月07日

松山4勝目


 松山がフェニックスでまた勝った。連覇、それも逆転勝ち、さらにプレーオフで競り勝って。本当に強い人の勝ち方だね。

158058.jpg
GDOより拝借)

 これでマルちゃんのアメリカツアー3勝を抜き、日本人最多勝利(4勝)。まあ青木さんは別格として、古今東西、日本人の中で一番ゴルフが上手いやつ、でいいんじゃないかなもう。

 ドライバーはドライビングディスタンス23位ながら本気で振ったら350yオーバー。アイアンはPGAトップクラス(GIR21位)、ショートゲームに穴がなく(スクランブリング16位)、唯一の不安材料だったパット(98位)も構え方をブラッシュアップして安定。

 あれだけ長いパットが寄ったり、入りそうになったり、そして短いパットが入ったりしたらボギーを打つ要素がほとんど無くなるわけで。実際、最終日はボギーなし、1イーグル3バーディの5アンダー。

 たぶん本人は6アンダーぐらいが目標だったのではないかな。最終ホールのパットが入ってるはずだったんだよね。でもグリーンの芝が伸びてて、さらに何十人ものプレイヤーに地面踏まれてて止まっちゃったんだろうなあ。


 プレーオフを戦ったシンプソンも1イーグル5バーディでボギーなし。逆にシンプソンの7アンダーは出来すぎじゃなかったかなと。特に最終ホールのバーディは予想外だったと想像する(なんて失礼な)。だって、プレーオフでは2回ともパーだったしね。

 シンプソンは31歳、現在の世界ランクは56位だけどメジャーチャンプ(5年前の全米オープン)だから超一流なわけで。去年、ファウラーと競い合って勝ったのと同じぐらい価値があるよね。




 さてそのシンプソン、長尺のアンカリングが規制されてからパットに苦しんでたらしいんだけど、現在は中尺パターのグリップ部分を左前腕部にくっつけ、右手は左手より上。調べてみると「アームロックグリップ」っていうらしい。

Arm-Lock-Allowed.png

 この写真の右側に近いかな。で、やってみるとほぼ左手一本の感覚だけで打てる。右手が悪さをする人にはいいかもしれない。

 ただ、このグリップを採用するとだいぶハンドファーストになるので、ロフトが7度ぐらいある特別なパターが必要になってくるらしいんだよね。でも、左手首の角度を工夫すれば普通のパターでもできそうだし、ショートパットだけでも試してみたら面白いかな、と思った。
posted by hiro at 11:36| Comment(0) | トーナメント

2017年02月06日

緩まないスイングとは?

 今年に入って「緩まない」というのをテーマに練習したりラウンドしたりしているのだが、なかなか難しい。


 「緩まない」というのは「フィニッシュまで振り切る」という事。それは体がフルターンするフィニッシュとは限らない。腰の位置がフィニッシュということもあるし、そこまで振り抜くという意識はフルショットと同じ。


 「緩まない」のは「力を入れて振る」ということだけど、「リキむ」のとは別。それはタイミングの違いなんだろうと思う。切り返しからいきなりリキむとスイングプレーンに乗らず大ミスが出る。切り返しは丁寧に、しかしその直後に「素早く確実に加速させる」事が必要じゃないかと。つまり絶妙なトップでの「間」は感じたい。


 さて、「緩まない」というのは「ヘッドを走らせる(加速させる)」って事だと私は思うんだけど、「ヘッドが走るように体を動かす」ためには、全身で三通りの力の入れ方をマスターしないといけないような気がする。

 即ち、止めるところ、動かすところ、力を抜くところ。


 止めるところは体幹(特にスタンス)。体ってのはほっておいても勝手に(無意識に)動くので、余分な動きをしないよう、つまり「暴れないように力を入れる」。

 動かすところは腕。体の動きあっての腕の振りだけど、腕が振れないとクラブを「緩まないように」振ることって無理なんじゃないかと思うんだよね。

 力を抜くところはグリップ。グリッププレッシャーが強すぎるとスイングプレーンからクラブが外れやすい気がする。するとあらゆるミスが出る。もちろんヘッドも走らない。

 すごく大雑把な分類だけど、大きくは間違ってないと思う。



 そんなつもりで練習してるんだけど、グリッププレッシャーを抜くのが一番できないんだよね。実は先日あるラウンドで大学のゴルフ部だった人とご一緒したんだけど、その人はクラブの捌き方がすごく上手くて、それは何故だろうと思って見ていたら、やっぱりグリップをすごく柔らかく使ってるんだよね。

 その人、軽く振ってるのに飛距離は抜群だし球は高く上がるしナチュラルにドローボールだしアプローチでも距離感抜群だし、やっぱり上級者とそうでない人間の違いはここかと。


 そういえば、だいぶ昔、ホームコースで知らんおっちゃん(上手い人)とラウンドした時、

 「グリップは引っ張ったら抜けるぐらいの弱さで握らなアカンで。これは絶対(大事)やで」

 って教えてもらったような気がする。



 緩まないように打つために、グリップを(適度に)緩める。難しいね。スポーツ経験(特に球技)がある人、センスがある人って、こういう事が自然にできるんだろうなあ。
posted by hiro at 09:59| Comment(0) | 目から鱗(開眼)

2017年02月04日

GENEMのスパイク(鋲)交換

半年履いた、ミズノGENEM006のスパイクを交換した。

genemboa006.jpg

 まずはスパイクレンチの突起が刺さる穴を丁寧に掃除。カッターナイフの先や精密マイナスドライバーで詰まった小石や砂をほじくり出す。これをしておかないと回るものも回らないからね。

 次に古いスパイクを外す。シューズに木製のシューキーパー(Footjoyのやつ)を入れ、左手でがっちり持てるようにし、右手でしっかり押さえながら反時計回りに回す。

 GENEM006はFTS(ファスト・ツイスト・システム)なので左へ30度づつ3回、つまり90度回せば外れる。今回も多少苦労したけどすべて外すことができた。

 その後、穴の部分を歯ブラシで掃除。細かい芝の切れ端と土がいっぱい挟まってるんだよね。本当だったら洗ったほうがいいんだろうけど。

 そして装着。GENEM用のスパイクはパーツが2つに分かれていて(PINSというらしい)、ちょっとややこしい。スライサーとフッカーで装着方法が変わるんだけど、まあ「鰯の頭」程度のものと考えておくべきだろう。



 さて、半年でどれくらい擦り切れているのか。ちょっと汚いけど。

2017-02-02_01.jpg

 もう爪が取れてるし。

2017-02-02_02.jpg

 外したところ。これはまだましな方だけど、薄く擦り切れている。

2017-02-02_03.jpg

 新品。ぜんぜん違うよね。

2017-02-02_04.jpg

 比べてみると一目瞭然。


 14個入りで2500円といい値段だけど、これで1ストロークでも節約できる(?)のなら安いもの、かな。 
posted by hiro at 12:23| Comment(0) | 道具

2017年02月03日

「真冬の・・・」以前の問題


 本当に上手い人っていうのはどんなコースでもどんな季節でもどんな気候でも、そしてどんなに調子が悪くてもそれに適応したり対応したりして、そこそこの数字にまとめてくるわけであって。

 つまり、コースが難しい、寒い、暑い、雨が降ってる、調子が悪い、苦手なコースなどで目標スコアを大幅に越えるような大叩きをしている俺ってヤツはまだまだ偽物でありヒヨッコってことだ。

seiseki20170202.jpg

 ティショットのOBが1つ(超左引っ掛け)。

 セカンドOBが1つ(4Wのプッシュスライス)。

 パーオン27.8%(5ホール)。

 3パット3個。

 まあこのへんは単にヘタなだけだから仕方ないんだけど。



 素ダボ4個。

 ドライバーは全然気持ちよく振れず。

 フェアウェイウッドはダフりまくり。

 アイアン(今回NS950の刺さったタイトリストを持っていったんだけど)もダフりまくり。

 ちょっとまともに当たったと思ったら全部1番手ショート。

 花道からのアプローチもことごとくショート。

 パットは距離感も方向も出ず。

 せめて80台死守と思ったら。

 最後も80cmのフックが緩んでアマサイドに外し。




 先週に引き続き90オーバー。

 まあこんな日もあるさ、で済まされなくなってきた。

 こうなったら、腰が砕けるまで練習してやる。

 あ、その前にパターのグリップ交換しようっと。
posted by hiro at 19:23| Comment(0) | ラウンド

2017年02月01日

1月の健忘録

 あっという間に2月。早い。でも、正月からまだ1ヶ月しか経ってない(もう2ヶ月ぐらい経ってるように感じられる)。どうも時間の感覚がグダグダ。記憶力が悪くなってるのかなあ。

 それとも、大人になってから毎日同じことしてるからか。中長期的計画の必要性を感じる。



 今日は、そんな記憶力低下著しい自分自身のために1月の健忘録を。全然目新しくなくてスイマセン。そのうち日記の2回に1回は健忘録になりそうだな。

 トップで右手(手首)に力が入りすぎてて、シャフトクロス気味になってた。


 テークバックで軽くコックを使い左手親指が指す方向へクラブを上げていき、トップでその親指が飛球線を向く


 スイングの緩みはダウン〜インパクトではなくフィニッシュの問題だった!


 ひょっとしてボールと体の位置が2cm遠いからトゥヒットするんじゃね?


 1.5〜2メートルのパットは、1.5〜2メートルオーバーするタッチで打つと一番入る



 アプローチの注意点(抜粋)

 ・ややウイークグリップ 

 ・上半身(肩)の回転だけで打つ。クラブは胸の正面にキープ

 ・まず体の回転があって、腕とクラブはそれによって「振られる」イメージ

 ・手首は固定、コックはあくまでナチュラル

 ・フォローの大きさを決め、そこまで緩まず振る


 以上。


 ってこれだけではあまりにもアレなので。




 今、某ゴルフ通販サイトの買い物かごに入ってるものを紹介。え、そっちはもっと興味ない?


 ミズノGENEM006用スパイク

0000490973_p01_01.jpg

 履きだしてちょうど半年。さすがにほとんど擦り切れて限界が来てる。しかし半年ごとに2500円か。でも1ラウンドあたり100円以下と考えれば安いのか?

 クイックマスター カップインゲート

7884-052.jpg

 松山英樹が練習に使ってるやつ。ミーハーですな。すぐ飽きそうな気もするけど、2000円ちょっとっていう価格設定が絶妙なんだよね。



 まあ、「買うゴルフ」ってのもゴルフの楽しみの一つということで。
posted by hiro at 11:16| Comment(0) | 健忘録