2017年02月14日

コントロールショット

 コントロールショットに憧れる。

 番手通りの飛距離を打つフルショットではなく、クォーターショット、ハーフショット、そして体の回転だけで打つパンチショット。これができるようになるとゴルフの幅が広がるよね。

 例えば、強めの打ち上げ+砲台グリーンへのアイアンショット。高い球を打ちキャリーで持っていくのがもちろんベストなんだろうけど、距離感が難しいしショートしがちだし、そもそも左足上がりはきれいにコンタクトするのが難しい。

 そういう時、2番手あるいは3番手上げて低めの球でポーンと打てたら大きなミスも少なくなるし距離感も合わせやすい(ような気がする)。ミドルアイアン以上の場合、今の時期なら手前から転がって乗せるというイメージも出しやすくなる。

 左右へのミスをできるだけ減らしたいときも、番手を上げてショットを小さくすると言うのは有効だよね。いや、実際できるわけじゃなくてあくまで理論上だけど。

 特に、体も回らない、ボールも飛ばない、スイングスピードも落ちる冬は無理してフルショットするよりコンパクトなショットでマネジメントしたほうがミスが少ないんじゃないかと(注:しつこいようだがあくまで机上の空論です)。


 というわけで、(フルショットもままならないのに)ハーフショット、クォーターショットを練習している編者ではある。フルショットの練習にもなるしね。何度か練習して分かったことは、

スイングが小さくなっても絶対緩んだらあかん

肩はしっかり回す

腕もしっかり振らなあかん(特に長いクラブ)

下半身はあんまり使わない


 ということ。そして、キチンと打てたときは意外と飛距離も落ちない(半番手ぐらい)。


 まあ、へっぽこゴルファーの見栄ってことで。
posted by hiro at 10:07| Comment(0) | 雑文

2017年02月13日

キャロウェイのEPICドライバーを試打

 先日練習に行くと、平日にも関わらず試打会が行われていた。

 普段なら試打はしない(ヘタな球を打つと恥ずかしい)んだけど、今話題になってるキャロウェイのドライバーとなると話は別だ。

hero-bg.jpg

 テーラーメイドを追撃すべく、今回相当な気合を入れてプロモーションしているキャロウェイ・GBB・EPIC(エピック)ドライバー。ジェイルブレイクテクノロジーがナンボのものかちょっと興味があったし、平日で人があんまりいなかった事もあり、試打をお願いした。

 まず、今使ってるクラブとシャフトをチェックしてもらい、シャフトは先中調子の2本をセレクト、ヘッドもEPICスター(10.5度)とEPICサブゼロ(10.5度)の両方を打ってみた。

 で、感想だけど(あくまでヘタレトホホゴルファーの感想なので、話半分で聞いてね)。

・両方ともヘッド、シャフトは軽め。楽に振れる

・サブゼロのほうは私(ヘッドスピード43)にはハードスペックだった。叩いても球が上がらず、使いこなせそうにない。

・スターはそこそこ球が上がる。でも中弾道で、スピンは少なめに感じた

・キャリーはそこそこだけど、ランが結構出る印象。その分飛ぶのかな?

・ヘッドの上の方に当たるといわゆる棒球が出て、キャリーが稼げる

・しかし、すごく飛ぶ、という感触はなかった

・その代わり、球筋が安定していて、ミスに強いと思った

・先にあたってもプッシュスライスがプッシュで収まる感じ。

・ちょっと引っ掛けたかな?と思ってもフックせず、スライスして真ん中へ帰ってきてくれる

・左へのミスが出にくい+軽いので振り遅れない=真ん中へ集まる、というイメージ

・個人的感想だけど、「飛ぶ」ではなく「曲がらない」クラブという感触

・シャフトは「純正スピーダーS」「スピーダーエボリューションIIIS」を試したけど、圧倒的にエボリューションIII(高い方)が私にはよかった



 さて、というわけで見積もりを出してもらったんだけど、定価は税込みで9万円オーバー。それが、今使ってるツアーチャンプ+ランバックスSと同じぐらいの値段になるとのこと。

 うーん、久しぶりに買い換えようかなあ。でも、試打クラブと実際のクラブは別物って聞いたこともあるしなあ・・・




 と思っていたら、今使ってるドライバーが急に絶好調になる。「私を捨てないで!」って言ってるみたいに。畳と女房は新しい方がいいけど、Tシャツとドライバーは体に馴染んだほうがいいよね。

tourchamp_quatro.jpg

 というわけで、買い替えはなし(たぶん)。◯ィクトリアゴルフの渡◯さん、ゴメンね。
posted by hiro at 12:29| Comment(0) | 道具

2017年02月11日

雪のくずはパブリック

 というわけで、昨日は急遽樟葉パブリックへ。

 樟葉パブリックは河川敷ながら6000y弱のパー70で、60年の歴史を誇る由緒あるコースである。

 昭和40年から平成2年まで、2日間競技ながら「くずは国際トーナメント」というプロの試合も開催され、出場者の中には、古くは杉原輝雄や戸田藤一郎、杉本英世に島田幸作、呂良煥やグラハム・マーシュに謝敏男、高橋勝成に金井清一、そして青木功、ジャンボ尾崎、中嶋常幸、極めつけはグレッグ・ノーマンまで参加しているのだ。

kuzuha.jpg

 なかでも昭和59年に入江勉が出した59ストロークは、長く「日本ツアー最小ストローク」の記録として残っていた。

 もちろんトーナメントだけでなく、第一次、第二次ゴルフブームの頃には北河内のアマチュアゴルファーに貴重なラウンドの機会を与え続けたという功績も大きい。

 つまりは河川敷のパブリックといえど、歴史あるリスペクトすべきコースなのである。

2017-02-09 09.12.30.jpg

 クラブハウスは京阪電鉄樟葉駅に直結。

2017-02-09 10.26.01.jpg

 もちろん練習場も完備。雨と雪と気温数度の中、練習するK藤くん。さすがやね。

2017-02-09 12.15.14.jpg

 駅前のタワーマンションを臨む。

2017-02-09 12.40.54.jpg

 ザ・、河川敷。

 で、結果は。

image39.jpg

 寒さと高麗グリーンに・・・とかいうレベルではなく、アイアンが1発も当たらず。ドライバーも1発も芯を喰わず。

 アイアンは考えるところあってほとんどのショットを1番手上げたクォーターショットで打ってみたんだけど、そんな小手先の誤魔化しがうまくいくはずもなく。あと10倍ぐらいは練習しないといけない。

 アプローチはそこそこ打てるようにはなってるんだけど、距離感が全然ダメ。トップが怖いせいか全部75%ぐらいまでしか打てない。15yから4yショートとか、30yだったら23yぐらいまでしか突っ込めないとか。


 でも、雪混じりの雨の中、K藤くんと楽しくラウンドできたから良かったかな。
posted by hiro at 12:10| Comment(0) | ラウンド

2017年02月10日

雪でクローズ


 その日、近畿地方の上空にはマイナス30度を超える寒気がやってきていた。そしてその寒気は、地上のゴルフ場とゴルファーにとって最も恐るべき「雪」という爆弾を投下したのであった・・・



 午前6時。長い1日が始まる。自宅の周囲は小雨だが、家から見える山々は中腹からすっぽりと雲に覆われている。今日ラウンド予定の奈良国際GCに電話。「ちょうど今降ってきて、積もり始めています。クローズかどうかはこれから判断します」とのこと。

 同伴競技者の面々にメッセージを入れ、電話で打ち合わせ。で、結局奈良国際はクローズ決定。そうなると近隣の山地にあるコースはおそらく軒並みアウトだろう。実際、きさいちCCも交野CCもクローズ。

 結局、回る予定だったKくんと2人で河川敷の樟葉パブリックへ行ったんだけど、そこまでして雨(+雪)の中をラウンドする私とKくんはほんとに(ゴルフ)バカだなと思った。

 そのラウンドの中身はまあ、とりあえず置いといて。



 当日、コースが雪や台風などでクローズになりそう。こういう場合、誰が仕切る(連絡係になる)べきか。

「今日一緒にラウンドしませんか?」と最初に誘った言い出しっぺ?それともラウンド予定コースのメンバー?言い出しっぺから連絡を受け、回るコースのメンバーを誘い、もうひとりのメンバーの手配を任せたつまり今回のラウンドを取りまとめた私?

 まあ流れ的に考えて私なんだろうけど、ふと素朴な疑問が浮かんだんだよ。

 これって「1,でしゃばりの仕切りたがり」なんだろうか?それとも、「2,責任感の強いリーダーシップ」なんだろうか?あるいは、「3,面倒なことは勝手に引き受ける奇特な便利屋扱い」されているんだろうか?


 まあ底まで真面目に考えることじゃないし、こういう事は気がついたものがやるのが正解なんだろうけど、こういう面倒なことをする「事務係」って苦労の割には報われない仕事なんだよね。もちろん感謝されたくてしてるわけではないんだけど、3番の便利屋ってヒエラルキーで言ったら下の方(いやそこまでひがまんでも・・・)だし、それを自ら率先してする俺って・・・って考えるとちょっとやるせない気持ちになったりすることもある。

 それに、良かれと思ってやってることが1番で「あいつ仕切っててウザい」とか思われてたらちょっと嫌だな、って思った。


 でもね、決して好きでやってるわけじゃない。俺だって全部お膳立てしてもらってラウンドしたいよ。色々言いたいことはあるよ。でも、性分なんだよ。

 気遣いのできる人はそういうところもきちんと見てくれてて、事あるたびに言葉をかけてくれたり、ちょっとしたプレゼントをくれたりする。でも、ね。


 もし、皆さんの回りに「面倒な事を率先してしてくれる人」がいたら、労(いたわ)ってあげましょう。彼はきっと、「いつもお疲れさん」と言ってあげるときっと喜ぶと思います。あと、コーヒーを御馳走したり、昼食をご馳走したり、ドライバーを買ってあげたり、ハワイ旅行をおごってあげたり、ランボルギーニ・アヴェンタドールをプレゼントしてあげたらもっと喜ぶと思います。
posted by hiro at 19:56| Comment(0) | 雑文

2017年02月08日

良い言葉


 この歳になって別に「いい子ぶる」つもりはないんだけど。

 最近、できるだけ悪い言葉、ネガティブな言葉を口に出さず、良い言葉、前向きな言葉を意識して口にするよう心がけている。って日記で散々毒舌書いてるお前が何を言うか、って話だけど。



 例えばテレビのニュースで凶悪犯や飲酒運転による事故などを見て、つい過激な言葉が口に出てしまう。大金持ちやセレブの生活を見て、つい毒づいてしまう。ゴルフ侍の言い訳や自慢を聞いて、上から目線で批判してしまう。

 こういうのって、よく考えれば「不満のはけ口」だったり「八つ当たり」だったり「差別意識」だったりするんだよね。

 いや、もっとハッキリ書くと、「劣等感の裏返し」なんだよね。



 もちろんメディアがわざとそういう意図で作ってるという部分もあるだろうけど、それに乗せられ、TVの前でグチグチと悪口や批判や毒舌を吐くのはいかがなものかと。何年か前にも書いたけど、そういう言葉って結局自分に返ってくるんじゃないかと。

 その証拠に、誰からも尊敬される人ってグチグチ不満や文句行ったりしないよね。もちろん言うべきことはハッキリ言う(白洲次郎氏みたいに)のは大事だけど、どうでもいいこと(TVに写ってることなんてほとんどどうでもいいことだしね)にいちいち腹を立てたり文句を言う行為って、わずかなストレス解消にはなっても、それ以上に「害」があるんじゃないかと思うようになってきた。

 で、最近は「凶悪犯」に文句をいうのではなく、被害者に心から哀悼の意を感じたり、大金持ちの生活には素直に羨ましがったり、ゴルフ侍の言い訳には共感したり、とにかくポジティブな思考、言葉を使うよう心がけるようにしている。

 そしたら、

 自分がミスショットしても無理なく許せる

 ようになってきたので、この作戦はなかなかゴルフにプラスになっていいと思った。無理矢理な結論だけど、これもポジティブ思考ということで。
posted by hiro at 10:11| Comment(0) | 雑文