2016年10月17日

5本ラウンド


 日本オープン。ほぼ最終組2人(英樹・勇太)の一騎打ちになったけど、英樹が貫禄勝ち。勇太は日頃の行いが悪いせいか(失礼)、入ってもおかしくないパットやアプローチが4つぐらいあったか。本人も怒りを通り越して笑わなしゃーない、って感じだったね。まあふてくされるより100倍偉いと思うけど。

 狭いフェアウェイ、長い総距離、読めないグリーン、そして長いラフ。ラフのベベルカットがどれぐらい機能してたか、放送を見る限りよくわかんなかったけど、トッププロがラウンドして4人しかアンダーが出てないんだからセッティングは成功だったんだろうね。でもやっぱり関東でばっかやるなよ、って思った。

 しかしトッププロのロングパットの精度っていうのはすごいね。スティンプ13フィート以上のグリーンで、10m以上あっても入れたり入りそうになったりカップのすぐ近くに止めたりするんだもんね。超能力か。



 さて、今度の木曜日、ある業界団体のコンペがある。そこには、5年前から私を含めた仲間数人が「ゲスト」として参加させてもらってるんだけど、ゲストの分際でその仲間(つまりその団体以外の人)が毎回上位に入ってしまう(ダブルペリアだから、まあたまたまなんだけど)。

 で、団体内部の人で「それはどうなんだ、あいつらコンペ荒らしじゃないか、もう出場させるな!」・・・などという議論があったか無かったかは知らないが、やはりその団体としては困っていると思う。私が逆の立場でもちょっと困る。

 で、去年から「オープンコンペ」という名前になり、内輪のコンペを別に開催されたりと工夫されているのだが、それでも上位をゲストがそこそこ独占してしまい、またもやKYな結果となってしまった。

 で、こちらとしては参加をご辞退させていただこうとも思ったのだが、主催されているO田さんという人がもうすごくいい人で、是非参加していただきたいと強く仰ってくださるんだよね。そのコンペが開催されるのは月ヶ瀬カントリー。なかなか行く機会がないので年に一度お呼ばれするのは私も楽しみで参加はしたい。



 ・・・という前提があって、今回、そのコンペではKY野郎ゲスト数名+主催者側の上級者数名に限り、クラブを5本に制限してラウンドして頂きたいのですが、とオファーがあった。

 いいやんそれむっちゃ楽しそう!というのが私の感想。もう今からワクワク、どんなクラブをチョイスしようか、どういう攻め方でいこうかと嬉しい悩みを満喫中なのである。

wakuwaku.jpg


 今まで7本でプレーしたこと(ウッドなしでアイアン+ウェッジ+パター)は何度かあるんだけど、5本は初めて。で、いくつかパターンを考えてみた。

 超攻撃型

 ドライバー(210-230y)
 5アイアン(170-180y)
 7アイアン(140-150y)
 9アイアン(120-125y)
 パター

 ドライバーでできるだけグリーンに近づけ、パーオンを狙う組み合わせ。でもグリーンに近づけば近づくほど苦労するのが目に見えてる。

 超防御型

 4アイアン(180-190y)
 6アイアン(155-165y)
 8アイアン(135-145y)
 50度(90-105y)
 パター

 中間距離を重視。ティショットはすべて4アイアンで。基本ボギーオン狙いだけど、短いパー4なんかだとパーオンも狙える。

 グリーン周り重視型

 4W(200-210y)
 7アイアン(140-150y)
 9アイアン(120-130y)
 56度(80y)
 パター

 上2つと違い、56度のウェッジを入れて寄せワンを狙う(どの口が言うとんねん!)セッティング。でも上がスカスカ。

 バランス型

 4W(200-210y)
 6アイアン(155-165y)
 8アイアン(135-145y)
 50度(90-105y)
 パター

 過去のスコアカードを見てみると、パー3の使用クラブが6アイアン〜8アイアンが最も多い。よって、そこを押さえつつ、長いのから短いのまでバランスの取れたセッティングを模索した結果がこれ。ニアサイドのバンカーに入れると苦労するかもしれないけど、まあ脱出するだけならたぶん問題ないだろう。


 さて、どのセッティングで行くか?とりあえずアイアンのコントロールショットを練習しようっと。
posted by hiro at 11:42| Comment(0) | 雑文