2016年10月15日

ナショナルオープン


 日本オープンが開催されている。今回はアダム・スコット、松山英樹、石川遼が揃って出場するということで前評判は例年よりは高かった。始まってみて、ギャラリーもそこそこ入っているようだ。


 しかし、これはあくまで2日めが終わった段階の個人的感想なんだけど、ナショナルオープンなのに何だか盛り上がらないのだ。ワクワクしないっていうか。先日見たライダーカップや、4大メジャーを見るときのような高揚感が全然湧いてこないんだよね。まあメジャーと比較すること自体間違ってるのかもしれないけど。

 日本人としてそしてゴルファーとして、日本オープンを大事にしたい、見届けたい(はーあんた何様ですか、と突っ込まれそうな上から発言だな)という気持ちがないわけではないんだけど、どうも「義務で見てる」って感が否めない。遼や松山も出てるのに。

 あんまりネガティブなことを書くのもあれなんだけど、なぜ盛り上がらないのか考えてみた。あくまで私個人の感想だけどね。

1,お祭り感が薄い

 運営の問題なんだろうけど、真面目っていうか地味っていうか、オフィシャルスポンサーNECもそうだし、JGA自体がお硬い感じがあるもんね。

2,日本人選手が優勝争いしてない

 これは今回の日本オープンに限った話じゃないけど、2日目を終わってリーダーボードの上位3人目までが日本人選手じゃない。彼らが悪いわけではもちろんないんだけど、やっぱりね。本音では日本人選手に活躍して欲しい。

3、放映がNHK

 民放の、派手でバカでウザい実況や解説や煽りもうざすぎるが、NHKはNHKで地味すぎるだろ。眠気を誘うトーン。解説も加瀬秀樹、田中秀道、田中泰次郎とこれでもかっていうぐらい地味。ハッキリ言って暗(ry

4,会場の狭山ゴルフクラブ

 関西の人間からしたらどこそれ?って感じ。もちろん日本オープンを引き受けるためにはそれなりの格式と規模が必要ってことは分かる。あんまり辺鄙なところで行うのも色々支障があるのも分かる。だからどうしても関東近郊になるのも分かる。

 でも、関東平野にある名門コースってどこも同じような林間コースで、個性がほとんど無いよね。18ホール同じような景色が続くっていうか。アップダウンもあんまりないし。見てて退屈っすけど(鼻ホジ)。

5,スター不在

 いや遼と英樹出てるじゃん。うんそうなんだけどね。遼と英樹がいて、そこにベテランが絡み、中堅が絡み、新進気鋭の活きのいいのが絡み・・・ってなってこないとやっぱり盛り上がらないじゃん。

 と思っていたら、トップ20ぐらいまでにベテラン(矢野・片山・谷口)、中堅(池田・優作・小田孔明)、ピチピチ(小平・藤本・未来夢・稲盛・大堀・小池)なんかが上がってきた。遼と英樹もいい位置に付けてるね。


 うん、結局こうやって三国志みたいに群雄割拠してないと、そして吉野家コピペじゃないけど刺すか刺されるか、もっと殺伐としてないと面白くないよね、勝負は。



 まあ、底辺ギャラリーの戯言でした。
posted by hiro at 12:37| Comment(0) | トーナメント