2016年10月10日

クラブ選手権準々決勝(その1)


 前日、布団に入ったのは11時頃、寝たのは11時半頃だった。

 で、目が覚めたのは1時半。い、1時半?思わず目覚まし時計二度見しちゃったよ。最近早朝に目醒めることが多いけどいくらなんでも早すぎるぞ。っていうかまだ深夜。無理やり二度寝(二度寝かそれ?)して、次に起きたのが午前3時。布団で1時間ほどウダウダしたが結局寝れず、午前4時に起床。やっぱ緊張してるんだね。

 ま、ティオフが7時だし、3時間前に起きて体のコンディションを整えるっていうのは王道だし、いいか。(いいのか?)




 そして3時間後。きさいちカントリークラブ松コース1番に精鋭たち7人+トホホ野郎1人が集う。そのトホホ野郎は生まれて初めてのマッチプレーである。ちょっとワクワク。ちなみに私を除く7名は研修会のメンバーたち。ぼっちの私に顔見知りの何名かが声を掛けてくださる。

 嬉しいねこういうの。研修会には個性が強い人が多いけど、気を遣ってくれる紳士ばかりだ。



 というわけで、27ホールマッチプレーの開始。

 1番パー4。今日を占う重要な1打目は?はい左引っ掛けOB。打ち直しは何とかフェアウェイに、4打目5アイアン、練習場でも最近打ったことのない左45度に飛び出すゴロ。5打目ウェッジショットはへっぽこハーフトップでグリーンオーバーして奥ラフ、アプローチして6オン。マッチ相手は3オンだったのでその時点でOKを出す。1ダウン。

 2番240yパー3。ティショットを作戦通りレイアップして残り60y、ピンやや左奥に付くも2パット、相手もボギーで分け。

 よし、作戦通り。

 3番409y左ドッグレッグ打ち上げのタフなパー4。スライスしか打てない私は左のコーナーぎりぎりを狙うも、枝に当たり180y地点ラフへ。2打目は7アイアンでレイアップ、3打目90yのウェッジショットがへっぽこハーフトップで乗らず奥にこぼれ、4オン2パットダボ。相手はボギーで2ダウン。

 おいおい、これまで一発もまともに当たってないぞ。大丈夫か?(大丈夫じゃない)

 4番パー5、ティショットがやっと当たり、2打目FWでちょいダフリも残り100y地点へ。砲台グリーンへの3打目、PWがまたへっぽこハーフトップで奥へこぼれ、4オン2パットボギー。相手はパーで3ダウン。

 えっとね、なんというか、浮き足立ってるというかショットまったくまともに当たらないっていうか、力みすぎというか一番悪い癖がでてるっていうか、スイングの仕方を忘れたというか、体が使えてないっていうか、あれもわすれて、これがそれで、えーと、あの、でぃびっど・・・・アイム・・・・アフレイド・・・・ワタシハHAL9000・・・こんぴゅーたデス、みたいなな。もう打てども打てども全部ミスでね。初期化されてるっていうか初心者に戻ってるっていうかね。わかりにくいギャグだな。

 5番パー4、ティショットはへっぽこスライスでフェアウェイ右サイド。二打目ミドルアイアンでグリーンを狙うもわずかに足りず、アプローチは寄らず・入らずでボギー。相手もボギーで3ダウン変わらず。

 せっかく相手もいっぱいミスしてくれてるのに、そのミスを打ち消して余りある私のへっぽこぶりである。

 6番は距離の短いパー3、やっと(この日初めての)パーオン、(この日初めての)パー。しかし相手はバーディで4ダウン。

 ま、相手にバーディ取られて落とすのは仕方ない。

 7番でやっと落ち着いてきて寄せワンのパー。相手もパーで4ダウン変わらず。

 8番パー5、3打目をバンカーに入れるも1.5mにリカバリー、相手は5mのバーディパットを外しパー。引き分けか、と思ったら狙いと反対に切れてボギー、5ダウン。

 おいおいおい、8ホールで5ダウンかよ。こりゃ18ホールまでに決着付くんじゃね?12&10とかで。
 
 9番パー4、右ラフからの6アイアンがやっとまともに当たり、ピン下4mにオン。相手はパー、これを決めればやっと9ホールにして一矢報いることに・・・入った。バーディ。4ダウン。

 流れからいったら外すパターンだったけど、これが入ったのでちょっとだけ元気が戻った。よし、ここから反撃だ!

 さて、4ダウンから巻き返すのか。それともこのまま(実力通り)ズルズル行くのか。マッチの行方はバックナインに!

 いやもう格上相手に4ダウンって相当厳しいんちゃうん?

 1日だけ続く。
posted by hiro at 11:31| Comment(2) | 競技