2016年10月05日

ゴルフの練習

 練習強化月間&競技月間ということで、昨日も練習へ。150球。8割ぐらいアプローチ&ハーフショット、2割フルショット。

 えーこれはあくまで個人的意見(異論は認める)だけど、やっぱり練習場では練習場でしかできない練習を(早口言葉ではない)、コースではコースでしかできないコース練習(同上)をすべきだよね。つまり目的を持った練習(何を今さら)。


 具体的には、練習場では

・自分の弱点にあったドリルをする
・苦手なショットや苦手なクラブを重点的に練習する
・1打1打、素振りしたり考えたりしながら真剣に打つ
・苦手ホールを意識しながらのショットの練習
・曲げる球、高い球、低い球の練習
・コントロールショット、ハーフショットの練習
・動画を撮ってスイングチェック


なんかをしないと意味がないっつーか勿体ないっつーか、ただの自己満足で終わっちゃう(何を今さら)。やっぱりね、練習場もただじゃない(当たり前だ)し、若い頃のような体力も時間もないしね。

 でも、練習場でドリルしたり本格的にアプローチしてる人ってなかなか見ないよね。え、大きなお世話?失礼しました。



 そして、コースへ出たら(プライベートな練習ラウンドを想定)

・狙ったところにスクエアに立ち、その結果をフィードバック
・芝の上からのアプローチの感触
・アプローチのキャリーとランの計算
・ラフからの打ち方
・傾斜地からの打ち方
・トラブルショットへの対応
・バンカーショット
・コース攻略の訓練
・グリーンの芝目を読む訓練


なんかを考えながら回るべきかなと(何を今さら)。 


 コースへ出たらそれだけで気持ちいいけど、人生でラウンドできる回数は限られている(当たり前だ)わけで、1回1回を大事にしたいなと、改めて思う編者であった(この偽善野郎)。
posted by hiro at 18:51| Comment(0) | 練習