2016年07月20日

鰯の頭も

 鰯の頭も信心から、という言葉がある。

 普段なら生ゴミでしかない「イワシの頭」も、有難がって飾り立てた時には信仰の対象となりうる、というふうな意味である。節分の日にイワシの頭を柊の小枝にさし、戸口に飾って魔除けとしたところからこの言葉が生まれたらしい。

 さて、ゴルファーは、この「鰯の頭」をありがたがる人が多いような気がする。古くはジャンボが装着して大ブームとなったこんなのとか。

jumbo_gold.jpg

 先発品はだいたいが数万円ぐらい。無茶苦茶高くはないけど気軽に買える値段でもなく、サラリーマンからするとやや贅沢で、自営業のオッサンにするとちょっとした虚栄心を満足させてくれる絶妙な価格設定。

 まあブームになると何十種もの類似品が3分の1〜10分の1の価格で出てきたりするんだけども。


 あと、ちょっと前だったらこんなのとか。

silicon.jpg

 シリコンブレスレット。猫も杓子もありがたがって付けてたよね。本当に効果があるのなら流行り廃りなく、何年たっても使われてると思うんだけど、まあ流行には勝てないか。シリコン汚れるしね。

 あと、この手のものならこれを忘れちゃいけない。

colantotte.jpg

 石川遼、有村智恵、デビッド・レッドベター、多くのプロ野球選手・・・立派な広告塔のお陰でさぞ売れたでしょうなあ。


 断っておくが、こういう製品を使って「体が楽になった」「飛距離が伸びた」「スコアが良くなった」というのは否定しない。科学的根拠がなくても、その人にとって効果があればそれは「良い製品」だからである。世の中にはそういう幸せを素直に享受できる人がいて、それは大変幸せなことだと思う(皮肉で言ってるのではありません)。

 なぜなら、「鰯の頭も信心から」ということわざは、英語では次のように言われるから。

Miracles happen to those who belive in them(奇跡はそれを信じる人にのみ起こる)

 そう、ゴルフには奇跡が満ちている(競技でアンダーが出ることは私にとって完全に奇跡である)。だからイワシの頭にも十分に価値がある(人によっては)。




 ちなみに、私にとっての「鰯の頭」は、

2016-07-06 10.48.35.jpg

 ひこにゃん・・・・ではなく、アリアハンのタルの中から見つけた「ちいさなメダル」である!これでマークしたら、どんなに長いパットもどんなに複雑なラインでもバッチリ!すべてのパットが入るようになるのである!








・・・・3回か4回パットしたら、だけどね。
posted by hiro at 11:59| Comment(0) | 雑文