2016年07月11日

日々雑感・2016年夏

 雑感1。何か、北の方で日本何とか的な試合をやってたらしいんだけど、全然盛り上がらないのは何でだろう。俺だけなのかなあ。日本人が上位にいるみたいだけど、全然見ててもワクワクしないんだよなあ。広いフェアウェイに二桁アンダーだからかなあ。久しぶりの遼くんやオリンピック組の池田勇太・片山晋呉が予選落ちしたからかなあ。違うなあ。何でかなあ。

 まあそれでも最終日は日本人のバーディ合戦になったんでちょっと見応えあったんだけど、雷雨中止の影響で放送は途中で終了。まあサブチャンネルか衛星放送で続きするだろう、と思ったら放送なし。は?何それ?何のためのデジタル化?誰のための放送?ふざけてるの?どこの局?日テレ?ふーん、覚えとくわ。




 雑感2。そのオリンピック、日本を代表する選手として池田勇太と片山晋呉って何だかなあ。チンピラと変わり者が日本のプロゴルファーの代表として出場することに不安ありまくりなんだけど。ただでさえ「ゴルフ後進国」って思われてるのに、この2人が行ったら「やっぱり後進国だな」って思われるだろうなあ。そんな事考えてるのって俺だけかなあ。



 雑感3。松山がリオ回避するのは虫アレルギーがあり、全英オープンと全米プロを優先したいという世界トッププロてしての気持ちからまあ、分からないではない。すごく残念だけど。

 でも、谷原秀人って全英には出るけど全米プロは出ないよね。妊娠もしないよね(いや男だし)。大山志保や宮里美香なんてオリンピックに行けなくて悔し涙流してるというのに・・・いくら危険回避するためとはいえ・・・何だかなあ。




 雑感4。全米女子オープン、プレーオフは相手のペナルティで決着。バンカーからショットするとき、ソールが下の砂に触ったため。本人もほとんど自覚はなかったレベル。放送機器の解像度が上がり、ほとんど誰も(本人ですら)知らない、分からないレベルの違反が浮き彫りになるケースが相次いでいる。

 ルールはルールで仕方ないし、ソールさせてしまった本人の不注意もあるけれど・・・・・残酷な終わり方だ。勝ったのがアメリカ人(ラング)で負けたのがスエーデン人(ノードクイスト)というのもね。今回のペナルティがLPGAによるものなのか、視聴者による指摘なのかわからないけれど、これ、もし逆にラングがソールしててもきちんと指摘しただろうか、と考えてしまうのは私の根性が曲がっているせいだろうか。



 雑感5。自分のこと。先日城陽CCをラウンドしたのはHDCP2のK見師匠とHDCP5のN谷君、そしていつものK嶋さん。でHDCP2とHDCP5のゴルフを見てて感じた。「ああ、この人たちと同じ意識でゴルフをしていてはダメだな」と。

 それは努力を放棄するとか、自分の限界を感じるとかじゃなくて、ゴルフのスタイルがぜんぜん違うんだと。改めて、自分のスタイルつまり「ダボを叩かない」「バーディを狙わない」「無理をしない」という事を徹底していくのが結局は彼らと戦える武器になるんだと。

 だから、ドローが打てなくても、不細工なアプローチしかできなくてもいいもんねって思った。
posted by hiro at 17:33| Comment(2) | 雑文