2016年07月08日

城陽カントリー初ラウンド(その1)

 HDCP2のK見師匠が試合の下見ラウンドをするというので、昨日は普段なかなかラウンドできない城陽カントリーにお伴した。

2016-07-07 07.25.21.jpg

 城陽CCは京都南部、城陽市の丘陵地に位置する歴史あるコースで、昭和34年に開場。関西のアマチュア競技がよく開かれる本格トーナメントコースでもある。そういう試合などでないとなかなかラウンドできない、まあ高嶺の花っていうか、クローズドなというか、一見さんお断りどすえというか、平日ビジターフィー総額はいつものきさいちCCの3倍というか、まあそういうコースである。

2016-07-07 07.43.39.jpg

 コースは西コース18ホール、東ホール18ホールの36ホール。今回は距離も長くトーナメントが開催される東コースをラウンドした。コースレートはバックから74.0、ヤーデージは6808ヤード。「相当難しいですよ」というK見師匠の言葉を受け、目標スコアは89に設定。今回はインスタート。天候は晴れ時々くもり。

 10番575yパー5。右ドッグレッグ。
2016-07-07 08.25.04.jpg

 3打目が花道、寄せきれず、5mからいきなり3パットしてダボ。グリーンが数字(9.3Ft)より速い!

 11番打ち上げのパー4、385y。
2016-07-07 08.46.51.jpg

 ティショットはまあまあだったのに2打目が180y打ち上げ+砲台グリーンでU4を持つ。グリーンサイドのカラーへ。そこから1.5mに寄るも入らずボギー。

 12番は右ドッグレッグ、超打ち上げのパー4(写真はティグラウンドから少し行ったところ)。394yだけど430yぐらいの感覚。

2016-07-07 09.05.46.jpg

 ティショットは右サイドに。直接狙えず、ウェッジでレイアップして3オン。しかし下りのパットを大オーバーさせてまたしても3パットでダボ。グリーン難しすぎる。

 13番167yパー3。
2016-07-07 09.18.39.jpg

 6アイアンはこすり球で右手前エッジ。50度でそこそこ寄せるも、お先を2回外して4パット、何とトリプルボギー。そんなに難しいグリーンに見えないのに・・・

 14番586yパー5。右ドッグレッグ打ち下ろし。ドローヒッター泣かせのホールが続く。
2016-07-07 09.28.57.jpg

 ティショットは左の法面、2打目7アイアンでレイアップ、3打目6アイアンでピン奥5mにオン。この日初めてのパー。

 15番425yパー4。打ち下ろし。城陽市街を望む景色が美しい。
2016-07-07 09.47.42.jpg

 ティショット左ラフ、2打目7アイアンはフライヤーライだったけど掛からず手前バンカー。3オン2パットボギー。

 16番、池超えの大変美しいパー3。181yでやや打ち上げ。
2016-07-07 10.04.54.jpg

 ティショットは4アイアンで左奥にオン。2段グリーンの上から段を斜めに横切る難しいパットが80cmに付き、パー。

 17番396yパー4。ここも右ドッグレッグで間口が狭い。ドローヒッター泣かせ。私はフェードなので打ちにくくはない。
2016-07-07 10.23.45.jpg

 ティショット右ラフ、2打目PWでグリーン手前にオン。奥のカップに対し長いパットは1.2mに付くもこれを外してまたまた3パットボギー。情けない。

 18番351yパー4。距離は短いが右サイドの柳の木が行く手を阻む。
2016-07-07 10.37.51.jpg

 ティショットは軽いスライスでフェアウェイセンター。2打目9アイアン、トップで魔が差して(?)右手前ガードバンカー。砂が薄くてグリーン奥まで転がり、奥から2mに寄せるも入らずダボ。トホホ。


 というわけで前半は48、1パット無しの23パット。後半巻き返しなるか?続く。
posted by hiro at 18:18| Comment(0) | ラウンド